セリアのLEDミニパワーランタンを分解!危険だから改造したよ【使用レビュー付】

セリアでled ミニパワーランタンを買ってきました。

セリア LEDパワーミニランタン

LEDは1つと、4つの2種類に分かれていて、1個のタイプは懐中電灯のように、前方を明るく照らしてくれます。

セリア ミニランタン

セリアのledパワーランタンも売値は100円+税。つまり原価は数十円。それにしては、かなり頑張っていると思います。

だけど千円程度の商品比べると、いろいろと手抜きというか省略した部分が必ずあるハズ。完全に疑ってる(汗)

まずチェックするのは、寿命に直結する抵抗器。(単に抵抗とも呼ばれるのでここからは、抵抗器を抵抗と記載します。)

LEDライトには抵抗がついています。抵抗は、乾電池から電流が流れすぎないように制限するために使われます。

ところが手抜きの設計がされたledライトは、適切な抵抗がついていなかったり、全く取り付けていない商品もあります。そこをチェックすれば、手抜き具合が分かります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

すぐ壊れるか寿命が分かる!電子回路をチェック

100均のLEDライトに関しては、全く信用していない私は、早速、分解してみることにしました。

開いてみてびっくり。

完全に手抜きされている!

1LEDに方には抵抗がついていますが、4LEDには抵抗はついていません!

LEDが電源(乾電池)と直結。これは危険な臭いがする。

ミニランタンの抵抗の値

抵抗がついていれば良いというものでもありません。分解して調べてみると、抵抗の値は5.1Ω(±5%)。緑・茶・金・金。

す、少なすぎる!

5.1オーム(抵抗)

乾電池の単三3本で動く。
新品の乾電池が約1.6V。3本だから4.8Vで動く。

セリアのランタンの電源部分

計算過程は省きますが、流れる電流は250~280mAくらいは流れると予想。

普通のLEDは20mAくらいですが、このLEDミニランタンについているのは、パワーLEDと呼ばれる、電流を多く流せて明るく光るタイプ。

ミニランタンのパワーLED(セリア)

放熱対策がされていない

だけどこのタイプは電流がこれくらい流れると、かなり発熱するので放熱は必須。

※放熱とは、熱を逃がすこと。

人間なら熱いと薄着にしたり、扇風機に風を送って涼しくしますが、パワーLEDも同じように発熱したら冷やしてあげないと早く壊れてしまう。

ところが分解しても、その対策がとられていません。写真では分かりにくいと思いますが。

セリアのパワーLEDの裏側

これはかなり危険な感じを受けました。放熱なしに250mAも流すなんて考えられない。

ある程度、安全に寿命を延ばして使うなら、80~90mA以下に抑えます。それでもちょっと高いかな。

5.1Ωじゃとても足りないので、ここに配置されている抵抗を外しして電線でつなぎなおし。

外した5.1Ωの抵抗と、手持ちの15Ω(茶・緑・黒・金)を直列でつなぎ、20.1Ωにして接続しました。(30Ωくらいにして、電池の保ちを良くするのもありだと思います)。

不器用な私が抵抗を設置するのは、ここしかなかったので線を延ばしています。

早速、点灯させて明るさを比較。

LEDミニランタンの明るさ

真っ暗な部屋で1LEDの方を点灯させた様子。見た目に近い感じです。(無改造の状態)

セリアのミニランタンの点灯

下記は改造後の様子。少し明るさが落ちていますが、目視でみた感じはそれほど気づかないかも。写真で見ると、色が少し黄色く感じるかな。

セリアのミニLEDランタンを点灯

主に前方が明るく懐中電灯のような使い方もできそうです。周りもそれなりに明るいので、非常時に足元を照らせます。


次に4LEDの方を点灯。改造前

下記は改造後

セリアのミニランタンの4LEDを点灯

撮影位置が違うので、ちょっと見た目が違います。明るさは少し落ちていますが、これでも十分に明るい。

広い範囲が明るいので実用上、問題なし

というか実際に点灯してみたら、もう少し抵抗を増やして電流を制限して、暗くしても良い感じ。やっぱり30Ωかな。

災害時は明るさよりも、寿命の方が重視されるので、抵抗を増やしてもう少し照度を落としても大丈夫でしょう。

まとめ

改造するメリットは、LEDと乾電池の寿命を伸ばせること。

今回のセリアのLEDミニランタン、買ったまま改造せずに使っても最初だけ明るく照らしてくれますが、LEDはどんどん発熱して劣化します。

もし無改造で使うなら、マンガン乾電池か、使い古した(へたった)乾電池を使うのが良いでしょう。

いずれにしても、私は100均のLEDは一度、分解してLEDを追加、または交換して寿命を伸ばすようにしています。

なお、分解すると保証や交換は受けられなくなります。また改造による損害等は負えませんので自己責任でお願いします。

もっと本格的に改造するならこちら>>参考 すぐ使える!パワーLED用の定電流回路を自作するならこのモデル!【実用編】

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする