お腹の脂肪がつまめるのに腹筋で凹ませられない理由

お腹の脂肪をつかめる

「ショック。。。」

30代後半になったら、急にお腹の脂肪がつまめるようになってしまいました。

いままで、どれだけ食べても太らなかったのに、ここにきて急に体重が増え始めました。

そこで手っ取り早く、腹筋で凹ませようと開始しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

腹筋は硬いのに脂肪が燃焼しない

指を差す女性のイラスト

かなり頑張ったので、腹筋に少し力を入れるだけでカチカチになりました。

さぞお腹周りも凹んだかと思ったら、あまり変化なし。これには心が凹みました。

なぜこんなにも努力したのに痩せないのでしょう?

脂肪が燃える順序

衝撃の事実。

なんとお腹の脂肪が燃えるのは、一番最後というのです。

そんな・・・

脂肪が蓄えられる順序

  1. 食事をして食べ過ぎると、お腹に脂肪として優先的に蓄積されます。
  2. その後、二の腕や太もも、顔などにも脂肪が蓄えられます。

まあでも、顔に脂肪が優先して蓄えられるよりはマシですね。


腹だけ痩せるのは難しい

困った女性

食事制限をしても、運動をしてもお腹だけ痩せさせるのは難しい。お腹は一番、最後の方に脂肪が燃焼されるように、遺伝的な仕組みが備わっているようです。

脂肪が減る順序

  1. 食事制限をすると、顔や足、二の腕の脂肪から使われていく。
  2. 最後の方でお腹の脂肪が消費される。

「最近、痩せた?」と言わたことが何度かありますが、本人はその自覚が全くありません。ウエストは余り変化していないから。

顔が痩せると病的に見られるけど、あまり嬉しくはないです。

だから一旦、お腹に脂肪をつけてしまうと、体全体が痩せないと腹痩せできないという最悪の状態なのです。

食事が食べられなくても、お腹に脂肪を蓄えておいて、いざというときに使うために貯められているので、災害時には助かるかも。

これはかなりやっかいです。トホホ・・・

最初の勘違い「筋肉をつけたら燃えるはず」

腹筋が割れれば、お腹周りも減るはず。

そんな単純な発想だったのですが、その考え方がそもそも間違っていました。

元から腹筋は割れている!

腹を割るというのは、筋肉をつけるのではなく腹筋周りの脂肪を減らせば、誰でも割れて見えるそうです。

つまり腹筋の上にのっかっている脂肪を落とすと、自然と割れて見えるのです。腹筋を鍛えるのではなく、脂肪を減らすだけでも割れる。

でも、それができないから困っています。

お腹周りを減らすには全体を減らす

がっかりしたのは、全身をダイエットしないとお腹も凹まない。

う~ん。やっぱりそこか~。

お腹だけ部分やせダイエットは難しい。

意識的にある部分だけを、極端に減らすのは難しい。マッサージで一部だけを燃焼しやすくはできるようですが、劇的な効果とまではいえない。

それじゃ、ダイエット、やっちゃいますか!

ダイエットの3つの外せないポイント

様々なダイエット法がありますが、まとめると3つのポイントになります。

  1. バランスのよいダイエット食
  2. 有酸素運動
  3. 摂取カロリーよりも消費カロリーを増やす。

分かっているのですが、どうしても短期的に痩せたくて一気にやるのですが、長続きできないのでリバウンドして終わり。この繰り返しでした。

楽して痩せるダイエットのやり方しか成功しない

楽っていうと、サプリメントを飲んで痩せるみたいなイメージですが、そうではありません。

楽してという意味は、頑張ってダイエットしないという意味です。

  • あれは食べたらダメ。これもダメ。
  • もっと運動しなききゃダメ。

何でもダメダメ星人してるから、ストレスが溜まって一気に爆発して反動が起こります。

ダイエットは長期戦なので、負担だと思ったら成功しません。成功させるためには、負担にならないやり方でないと痩せられません。

置き換えダイエットは成功しやすい

最近は、炭水化物カットや糖質オフダイエットが人気ですが、それも工夫しないと失敗します。

お腹の脂肪がつまめるのに腹筋で凹ませられないのは、苦しいやり方をしているから。

食べないやり方はダメってこと。食べる量を減らすのは、我慢しているのを自覚してしまいます。

大事なのは食べる量は減らさず美味しく食事することなんです。


洋菓子より和菓子

例えば脂肪分の多い洋菓子を毎週1個食べているとします。ちょっと食べ過ぎですが。

この場合、2週間に1回に減らします。その変わり、食物繊維の多いあんこなどを使った和菓子を食べます。あくまで置き換え。おはぎ・ぼたもち

こうすれば、甘いものを食べつつ我慢度を減らして痩せられます。カロリーは摂りすぎると無意味です。

バランスよく食べてカロリーを減らす

バランスよく食べないと、運動しても脂肪を効果的に減らせないので、より多くの苦労をします。

脂肪を体内で燃やすためには、ビタミンやミネラルが必要です。それをバランスよく摂取せずに運動をしていると、どこかで体を壊してしまいます。

バランスの良い食事をしないで、スナック菓子を食べて食事をその分抜いていると、私みたいにリバウンドの繰り返しになります。

成功させるためには、無理しないでバランス栄養食を摂って、摂取カロリーを消費カロリーよりも減らせば、誰でも痩せます

そこでダイエットで人気な食材があります。

これ、思ったよりも効果があり、体が温かくなり冷え性も改善されました。基礎代謝がアップしたのかも。2週間くらい試しに食べてみてください。

まとめ

バランスの良い食事を作れないけれど痩せたいなら、宅配の食事サービスを利用しましょう。

何かを得るためには、何かを差し出す。とか言いますが、手間を惜しんで取り組むか、その手間をお金で解決するのが早い。

その上で腹筋もすれば、お腹周りの脂肪も減らせます。

でも腹筋を作るよりも、下半身の筋肉をつける方が楽に効果的に痩せられます。

その理由は、筋肉の多くは下半身についていて、脂肪を多く燃焼してくれるから。つらくなったら、下半身を使う運動をしましょう。ウォーキングや水泳も効果的です。

まずは身近なところからチャレンジです!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする