しなびた大根を復活させる方法!+水耕栽培

大根をスーパーで買ってきたけど、食べきれなくて冷蔵庫でしなびてしまった。そんなことは良くある話。

でも捨てるのも、なんだかもったいない。

それに切り干し大根なんて、しなびた大根の王様。そこでなんとか復活できないか試し

てみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

大根を水に浸してみた

しなびた大根

たぶんダメだろうと思いながら、ボウルに水を入れてそこに大根を入れて数時間ほど放置していら、ふにゃふにゃだった大根が固くなってきました。

しかし丸のままの大根のためか、もういっぽシャキッとしません。水分が外周からしか浸透しないので、時間がかかるのでしょう。

それなら水分を吸収する面を広くすれば、浸透が早くなるはず。どうせ食べるときは切るから、包丁で輪切りにして、再度入れてみて様子を見ることに。

復活した大根

上の画像ではわかりにくいですが、水に漬けておいたら、しわしわだった大根が完全に復活!

輪切りの方が数倍早く復活します。大根下ろしとしてすり下ろせるくらいになっていました!

これなら捨てないで、しなびた大根も、おろしとして十分に調理で使えそうです。

ちなみに気になって、1~2時間くらいの間隔で見ていたので、その都度、綺麗なお水と入れ替えました。夏場は冷蔵庫の中に入れておくと良いかもしれません。

煮物に最適

おでん

水で復活させなくても、そのままおでんに入れたら、ダシを吸って美味しくなるかもしれませんね。

水を吸うということは、ダシを吸うと美味しくできますね!

今度、しなびたら試して見たいと思います。

大根をしなびさせない為に

できることなら、大根はしなびさせない方が良いですね。

最近は、葉っぱのついた大根が売られていますが、そのまま葉を漬けていると、大根の水分を葉っぱが吸い上げて早くしなびてしまうので、家に帰ったら、すぐに葉っぱを切り離してください。

葉っぱはゆでるか、細かく刻んで油炒めにすると美味しいです♪

葉を切った大根は、湿らせた新聞紙に包んで野菜室に保管してください。その際、立てて保存するとストレスがかからず良いそうです。ラップで全体をくるんでもOKです。

ラップ

少しでも大根が、直接空気に触れる部分があると、そこからどんどん乾燥するので、すき間ができないように注意しましょう。

冬ならプランターに植える

秋から桜が咲く頃までなら、プランターに葉っぱを切った大根を、土に2/3ほど斜めに寝かせて植えておくと、しばらく保存がききます。ニンジンなど根菜類は、土に埋めると水分を吸って鮮度を保ってくれるので、プランターを設置できるなら試してみてください。

夏場は腐りやすいので、冷蔵庫の保管が良いでしょう。

水耕栽培を楽しむ

大根の葉っぱを少しだけ残して、水に漬けておくと葉っぱが伸びて食べられます。観賞用に飾るのもありですね。
水耕栽培の大根

生育したのですが、どこまで大きくなるか様子を見ることに。かなり大きくなってきました。容器はコップです。
生育した大根

予想以上に伸びすぎました。

葉っぱは室内で育てているためか、比較的やわらかいので、葉だけをつまんだら食べられそうですが、今回は観賞用にしました。

左の野菜はキャベツの芯を植えたら芽が出て、育ってきたもの。
伸びすぎた大根

綺麗な大根の花が咲きました。可愛いお花ですね。アブラナ科なので、菜花にそっくりな形の色違いという感じですね。
大根の花 

しなびた大根の復活から、水耕栽培まで楽しんでみました。

ひなびた温泉宿【気になった語句】

『ひなびた』と『しなびた』の意味の違いとは?

しなびた大根やしなびた温泉宿等、使い方が複数あります。言い方が似てはいますが、意味はかなり異なります。

大根などの野菜に、しなびたをつけて呼ぶ場合は、水分を失ってハリがなく小さく縮んだ状態。みずみずしさがない状態。しなびる(萎びる)と書く。

ちなみに、しなびた温泉宿は、ひなびた温泉宿と表現するようです。

どちらも現時点ではダメなイメージですが、まだまだ工夫すれば復活しますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする