塩イソメ(塩石ゴカイ)の作り方(保存期間)と釣果について

塩イソメ(塩石ゴカイ)の作り方(保存期間)をまとめました。実際の写真入りで紹介していますが、一部、イソメの画像は自主規制のため、モザイクやぼかしを入れています。

港で釣り

塩イソメ(石ゴカイ)が余ってしまって、海に捨てて帰ることもあると思います。

「なんか、もったいないな~」と思いつつ、魚のエサになるからいいや~と言いきかせながら帰路についていました。

ところが捨てるハズのゴカイを、再利用するための方法が塩イソメ

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

塩イソメの作り方レシピ

レシピといっても魚が食べるご飯ですからね^^;

完成までに3時間半~6時間半くらいかかります。(つきっきりではありません。)

用意するもの。

  • イソメまたは石ゴカイ 1パイ。(余ったエサ)
  • 数リットルの容器に入った水(ゴカイを洗うためのもの)百均製でOK。
  • 塩 500g~1kg(これくらいあれば、何度か使える。)イオン系列で100円。
  • 冷凍庫に入れられるポリプロピレン製(ゴカイを保存するための容器)
  • 片栗粉 適当(100gもあれば余る)。百均で売っています。
    katakuriko-youki
  • 新聞紙は複数枚(水分を吸着するために使う)
  • 下に敷くビニール。

作業手順

注意事項

  • 室内で作業される場合は、下にビニールなどを敷いてください。
  • 手で触るのがダメな方は、割り箸や手袋で作業してください。
  • 家族の同意が必要です。← 黙って冷蔵庫に入れておくと激怒されます!
  • 片栗粉を使わないと保存性が落ちて硬くなって失敗します。
  1. イソメをさっと、洗面器やバケツなどで洗います。(砂・土のようなバーキュライトを落とすため)
    青イソメ
  2. 洗ったゴカイを新聞紙の上に並べます。(水分を取るため)
    少量であればキッチンペーパーでOK。
  3. 乾いた新聞紙に5mmくらい(適当)塩を敷きます。
  4. ゴカイに塩をまんべんなくまぶします。(ここ大事)
    上から追加して塩をかけます。軽くゴカイが切れないように、丁寧にもみましょう。
    塩ゴカイと塩と新聞紙
  5. 乾いた新聞紙でゴカイを包みます。
    浸透圧でかなり水がでるので、新聞紙は何重にもします。
    くるんだら、ほどけないようにゴム紐や、輪ゴムで止めておきます。
    立てておくと、水分が下に抜けやすい。
  6. 3時間ほど放置します。夏場は涼しいところで行いましょう。

    大量にイソメがあるときは、さらに3~7を繰り返し、もう1回行います。
    2016-1009-isome-sio


  7. 乾いた新聞紙と取り替えます。
  8. 水分で塩がぬれているので、再度、塩を追加してまぶします。
    先ほどと同様につつみます。
  9. 塩をある程度、ふるって落とします。
  10. ポリプロピレンなどの容器にゴカイをいれます。
  11. 片栗粉をゴカイにまぶします。
    最後に上からゴカイが隠れるくらい片栗粉を足します。
    片栗粉とイソメ

    たっぷり片栗粉を容器いっぱいに足しました。
    2016-1009-katakuriko

  12. 祝 完成】冷蔵庫または冷凍庫で保存します。

    かなり厳重に密封するため、チャックは冷凍保存用の袋を利用しました。この袋の中に、作った日付と塩イソメ(食べるの禁止)と記載しておくと良いかも。

    家族の了解
    を得ています。
    塩ゴカイを密封

少量のゴカイであれば、1ぴきずつ並べて塩をまぶすと、1回目の3時間の放置でOKです。あまり長く水分を抜くと、かたくて使いにくくなります。

閲覧注意

下記の動画は、生きたゴカイのショッキングな映像が流れます。ご注意ください。


マルキューの「塩えび粉」を使うと食いが良くなるとの情報があります。

こちらは、釣りの当日に使うのに向いています。長期保存される場合は塩イソメ方式がおすすめ。

夏場など痛みやすいときに威力を発揮しそう。試す価値あり!

下記も生のイソメが動く映像があるので、閲覧には注意してください。

塩アサリもできる

これで決まり!

作り方は、塩イソメ(ゴカイ)と同じ。

イソメの代わりに、用意したあさりを、むきます。アサリを塩でしめます。

新聞紙または、キッチンペーパーで水分をよく拭き取ります。塩をむき身にふりかけてまぶします。

塩でしめるメリット

笑顔

  • 長期保存ができる。
  • 冷蔵庫で2週間くらい。
  • -20度くらいの冷凍庫なら、1年くらいは保存できるようです。使ってしまうのでそこまでは試したことがありません。
  • (青)イソメより生きた石ゴカイは切れやすくなりますが、塩イシゴカイにすると、切れにくくなりエサ持ちがよくなります。

釣果

ハゼは、気にせず食いついてくれます。グレ、セイゴ、メバルに・・・フグ ← すぐ食いつきます。

動かないので、その点では生きエサには負けます。その欠点はワームみたいに、誘ってあげると興味を引いて食いつきがよくなります。疑似餌と違って臭いがあるので、十分に釣れます。

さらに違和感を無くす工夫として、ライン(糸)をPEラインにして、オモリをできるだけ軽くしています。

塩イソメは水分がでて硬くなっていますが、海中に入ると元に戻っていくので、魚も違和感なく飲み込むようです。ここはワームと違うところですね。

私の場合はエサが足りない。暑くてエサが傷みやすいときに、塩イソメ(塩イシゴカイ)を使います。

塩と新聞さえあれば、現地で即席の塩イソメを作れるので助かります。

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする