ノートパソコンでSSDに換装したら爆速【 寿命・速度・デフラグ】まとめ

ssd

手持ちの2台あるノートパソコン。

ハードディスク搭載のノートパソコンは、起動後も動作がもたついて2分以上。
SSD搭載のノートパソコンは起動時間は約30秒。まさに爆速を体感中。

さすがにこの差は大きい。そこでもう1台もSSDに交換するため、情報を集めました。検討している方は参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

SSDの知りたい内容

SSDを検討している方は、この点が気になると思います。

  • 換装すれば起動時間は速くなるか?
  • SSDの寿命は実用的か?
  • デフラグすると寿命はどうなるか?
  • 価格・相場の推移

1つずつ見ていくことにしましょう。

換装すれば起動時間は速くなるか?

疑問を感じた女性

パソコンが起動する場合、ファイルの読み込み速度が影響します。

SSDで高速化する場合、いくつかの条件があります。それがハードディスクを接続する規格。

現在の主流は2つ。

  • SATA2 最大転送速度は300MB/s
  • SATA3 最大転送速度は600MB/s

見て分かる様に、単純に理論上で2倍の開きがあります。(ただ実際には規格通りにはなりませんが・・・)

旧機種でも使える

ありがたいことに、SATA3の規格品のSSDは、下位互換でSATA2ポートに接続できます。

ただし性能はSATA2の最大転送速度になります。でもこれは仕方ありませんね。使えるだけありがたいです。

この2つの価格のSSDですが、価格差はほとんどありませんので、SATA3を選んでおけばOK。

ネット上で様々な人が性能をチェックして公開されていて、実際の速度の目安がこちら。

SATA2 読込270MB/s 書き込み230MB/s OSを入れた直後なら30~40秒程度
SATA3 読込480MB/s 書き込み300MB/s OSを入れた直後なら20秒程度かも。

読込   SATA2:SATA3=1:1.78倍
書き込み SATA2:SATA3=1:1.6倍

このことから一世代前のSATA2に、最新のSATA3規格のSSDを搭載すると、1.6~1.8倍程度遅くなると予想できます。

これはあくまでもSSDでの規格の比較。実際にはハードディスクとSSDの比較が気になるところ。

※注 起動時間は、パソコンに取り付けたメモリやハードウエア(チェック時間)、ソフトなどの環境によって異なります。あくまでも目安。

豆知識

本題ではあえて触れませんでしたが、IDE規格もまだあるので間違えないように。

IDE規格のSSDはすでに旧型で、SATAと比べると倍の価格します。最新機種の発表もないので、徐々に市場からは姿を消すでしょう。)

参考 SUPER TALENT FE8256MD2D 256GB 22000円

ハードディスクとSSDの速度の目安

私の所有しているノートパソコンは古い規格のSATA2。SSDの規格同士を比較しても意味がありません。知りたいのは、いまのハードディスクと交換すると、どれくらい高速になるのかです。

今回は少し古めのノートパソコンへのハードディスク(HD)を想定してるので、SATA2での同様にして比較してみました。

ハードディスク 読込 90MB/s  書き込み 85MB/s
SSD(SATA2)   読込270MB/s 書き込み300MB/s

読込   HD:SSD=1:3倍
書き込み HD:SSD=1:3.5倍

旧マシンでも十分に高速化が期待できそう。

この数値は比較的大きな容量の場合の比較で、例えば小さな4Kバイト程度の(テキスト)ファイルを多数、読み込んだり書き込みをする場合は、数倍~数十倍、SSDが早くなるので体感的には、さらに大きな差に。

起動時間もおおよそ120秒から30~40秒に高速化が期待できます。

もし起動時間がこれよりもさらに遅いハードディスクは、高速化アップが期待できます。

例えば4分くらいかかる機種でメモリーが少ないと、スピードが遅いハードディスクに一旦、書き込みしてからメモリに読み出します。

SSDに交換するだけでかなりの高速化が見込めます。つまり遅い機種ほど有利に働きます。

結論 遅いノートパソコンほど、SSDの効果は期待できる!

SSDの寿命は実用的か?

hd

心配なのは寿命ですね。お値段がそこそこしますから長く使いたい。

現在はハードディスクよりもSSDの方が寿命が長いという情報もあります。

毎日、長時間使用すると、以前はこの程度が1つの目安だと言われていました。

  • ハードディスク 3年
  •    SSD   5年

ところが、こんな記事を見つけました。

最も早く書き換え寿命を迎えたIntel 335でさえ700TBという書き換えが可能であり、これは毎日10GBのデータ書き換えを行っても7万日つまり約190年もつという計算になるため、SSDの書き換え寿命を心配する必要はほとんどないと言えそうです。

2014年06月18日:Intel・SamsungなどのSSDがどれぐらいの寿命なのか長期間の耐久テストで判明 – GIGAZINE

これを見ると、寿命はほとんど気になりませんね。よほど過激な使い方でもしない限りSSDの寿命よりも、他のトラブルでパソコンがダメになる方が先。

おそらくハードディスクの方が先に故障しそうです。

私の手持ちのハードディスクは、ありが悪かったのか、これまで2~3年以内で2台が使用不可になりました。(内蔵1台、外付け1台)

寿命は考えないことにしました。おそらく寿命よりも、数年先に480GB~1TBで1万円?くらいの低価格になって、買い換えが発生しているんじゃないかな~と予想しています。

結論 寿命は気にならない。

デフラグすると寿命はどうなるか?

構造上、ハードディスクと違い、デフラグしなくても速度はそれほど低下しないので、通常はデフラグしない設定にしておいてOK。

使用開始から2年後にデフラグ

ネット情報では2年程度、使い込むとアクセス速度が低下するので、その時点でデフラグ。当分、大丈夫ですね!

目安として、現在の速度を測定して起動時間などが遅く感じたら、その時点で速度チェックすれば十分。

私が速度チェックに使用しているのはこちらのツール。

crystalmark

参考 CrystalDiskMark について

注意して欲しいのは、バージョン3と、(4、5)では数値に互換性がないので、他のサイトで比較される場合は、バージョンがいくつかチェックしてください。

価格・相場の推移

2013年までは価格の下落が続いていたのですが、2014年頃から円安が加速したので、昨年とあまり変わらない状況が続いています。

SSDの価格の推移

(2016年、さらに価格が下落しています。)

このまま円安傾向が続けば、価格はなかなか下がらないので、買い時は昨年から続いています。

コストパフォーマンスが良いことから、128GB~256GBが中心。

480GBも最安値で12000円。手頃な価格で手に入るようになっています。

売れ筋メーカーはこのようなメーカーをよく目にします。

  • CFD
  • SANDISK
  • Intel
  • crucial
  • キングストン
  • Plextor
  • SAMSUNG

容量やメーカーによって価格に開きがあります。現時点ではインテル製は高寿命と言われています。(個体差もあるので一概にネット上の寿命になるとは限りません。)

容量と価格の目安

128~480GBはお手頃で、容量と価格が比例関係にありそうです。

  • 128GB 5000円~
  • 256GB 8000円~
  • 480GB 12000円~
  • 960GB 23400円~

128GBをわざわざ選ぶ必要はなさそう。使い勝手や、コストパフォーマンスから256GB前後が良いでしょう。

価格の目安 参考 もっと詳しく

SSDはこれで決まり!

ランキング1位

人気が高く満足度も高い。

CFD CSSD-S6T240NMG1Q

この価格帯でこの性能は十分。

  • 読込速度 551.4 MB/s
  • 書込速度 516.3 MB/s

買いました!

失敗したくないので、人気度と満足度が高いこちらの東芝製の商品を購入しました。

通販 CFD CSSD-S6T240NMG1Qを楽天市場で詳細を見る。


rank2

SSD PLUS SDSSDA-240G-J26C

読込、書き込み速度が良好で、レビューや口コミの評価もまずまず。

  • 読込速度 530 MB/s
  • 書込速度 440 MB/s

1位の機種と迷ったのがこちら。書き込みが少し遅いのが気になりますが、価格が少し安いので迷いました。購入時期によっては高いかも。

通販 SanDisk SSD PLUS 240GBを楽天市場で詳細を見る。

Windows7クラスの古いノートパソコンであればこちらでも十分早いです。

win7では、1位の機種では性能は活かせない可能性があるので、こちらでも問題ありません。

容量の希望は320GBだったのですが、インテル DC S3500 Series SSDSC2BB300G401(300GB)しかなく、4万近くする上、入手も困難。

そこでSSDはSANDISKのSSD PLUS SDSSDA-240G-J26Cに。頻繁に使わないデータは、割り切って外付けのハードディスクに退避させます。

外に出かけて移動中のとき、容量不足はUSBやSDHCカードなども併用することにしました。これで解決しました。

バッテリーの持ちも良くなり、熱の発生も抑えられるので1万円ちょっと追加すれば、さらにノートパソコンを延命できそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする