北側の部屋で育った!水耕栽培でLEDライトである時間当てたら急成長!

真冬に水耕栽培したチマサンチュ

室内で水耕栽培をするとき問題になったのが光。ひょろひょろで生育が悪い。

部屋が北側だったので、外からの直射日光はぜんぜん入らない。

そんな悪い環境でも、チマサンチュや春菊などの葉物野菜は、蛍光灯やLEDライトをある時間あたら立派に育ちました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

北側で育った野菜

北側の部屋で、西日がわずかにあたる程度で、日光としてはあてにできない状況でした。

下記の写真は灯りを消した状態。

暗い北側の様子

さすがに北側。これじゃダメ。

ちなみに写真に写っているのはサツマイモの葉っぱ。天ぷら用に栽培(3月)しています。

でも照明を当てたら、ぐんぐん育ちました。蛍光灯(後にダイソーのLEDに交換)で灯りを確保して育てています。

春に茎を畑に植えれば、りっぱなサツマイモも作れます。

【結論】蛍光灯でもLEDライトでも育った!

まずはこの画像を見て下さい。

2017年3月6日のシソの様子

先ほどと同じ場所ですが、光りを当てると葉に光が辺り明るいのが分かると思います。

『青じそ』もダイソーのLEDライト(昼光色)で立派に育っています。

(関連記事:ダイソーLEDで電気を節約したらランチが食べられる!

私が使っているライトはこちらの60W型相当。100W型相当の蛍光灯と比較しても、いい勝負しています。

ダイソーLEDライト(昼光色)

電気代が安いので、暗いと感じたら追加すればOK。

1個7Wちょいなので3つ点灯させても、蛍光灯型1個分程度。これだったら十分に育てられます。実際、育っています。私は2つ使っています。

春菊も立派に育って何度も収穫しています。

水耕栽培で必要な光をあてる時間

問題は、どれくらいの時間、光りを当てれば育つのか?

そこで実験開始。

まずは10時間で育てて見たら、問題なく収穫できました。

朝の8時から夕方4時

朝の8時から夕方4時までライトを点灯

そこで電気代を考えて8時間に短縮しましたが、こちらも問題ありません。ただし光が不足しているのか、葉と葉の間隔が広がり間延びしました。

私の実験では窓際とはいえ北側なので、8時間は最低ラインでした。

完全に密室のような場所なら、ライトを点灯させる時間を伸ばすより、ライトの数を増やして光量を増やす方が、助長しなくて良いと思います。

トマトなどは育てられませんが、葉っぱを収穫するなら8時間で問題はありませんでした。

アルミシートで反射させた

ライトの光りも窓の光りも有効活用しています。

ダイソーのLEDライトは60W相当ですが、蛍光灯よりも明るく感じるのですが、それでも太陽光と比べると、圧倒的に光が足りません。

アルミシート

そこで少しでも効率よく光を活用するため、アルミシートでライトの光を反射させて、葉っぱに当てるようにしました。

アルミシートで光りを反射させた

野菜が小さい頃は、反射の光が当たるので効果はあります。葉がまっすぐ上に育っているのでよさそう。

たとえわずかな光りでも活用しましょう。

葉が茂ってくると反射はしなくなりますが、その変わり光合成をする葉が増えるので問題ありません。

簡単にできるので試してみてください。

【関連記事】

参考 水耕栽培についてはこちら

参考 家庭菜園・園芸について

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする