【睡眠中】夜中に足がつるこむら返りの治し方

つい先日、真夜中の午前3時頃に右足のふくらはぎに、締め付けるような痛みを感じで目覚めました。

足がつる、こむら返りの典型的な症状です。
妊娠中にも足をつる症状に悩む方も。

強烈な痛みは数分だったと思いますが、その後、朝まで寝られませんでした。結局、その日は、ふくらはぎに違和感があり、少しかばいながら歩いていました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

痛みの正体

fukurahagi-itami

ふくらはぎの筋肉が数秒~数十秒間に渡り収縮し、一時的に変形して元に戻らなくなる状態です。

これが足がつるこむら返りの正体です。それを深夜の熟睡しているときに、不意に起きるから痛みと驚きから目覚めてしまいます。

人によっては、かなりの激痛を伴う症状になります。あの痛みを味わうと、なんとか防ぎたくなります。こんなことがまた起きるかと思うと、なんとか予防したいと思い治し方を調べてみました。

こむらがえり直後の対処

痛みと寝起きで判断力が鈍る中、すぐにふくらはぎを揉んで、痛みを和らげようとする人もいますが、これは避けた方が良さそうです。

睡眠中に筋肉が収縮した状態ですので、ここで揉んでしまうと筋肉組織を痛めてしまう恐れがあります。場合によっては、揉んだことで筋肉に傷を付けたり破断させてしまい、その後も数日、痛みが長引く場合があります。

matsa-ji

こんな場合は揉んだりせずに、縮んだ筋肉をゆっくり、ゆっくりと伸ばすやり方がベスト。

そうすれば痛みが引けば、数時間ぐらいでほぼ痛みが残らずに、いつもの生活ができるようになります。(先日、体験済み。)

といわれても、あの痛みですからしばらく足を押さえて、動けないかもしれません^^

痛みはありますが、なんとか肩や足の力をできるだけ抜いてリラックスします。
マッサージは筋肉を痛めるのでNG。

でも、このまま寝ると、またふくらはぎが緊張状態で収縮していると、また足がつる、こむら返りになるかも。

そこでおすすめなのが、少し寝づらいですが、膝を立ててねると抑えられます。抱き枕や座布団などを利用して、足をもたれるようにすると楽です。

睡眠中に足がつる原因

加齢が進むとなりやすいと言われていますが、私は子供の頃からなっていたので、年齢だけの問題ではないようです。

睡眠中は徐々に体温が低下して、血流も抑え気味になります。当然、筋肉も冷えていくのですが、その時に筋肉が収縮しやすくなるといいます。

つまり冷えが関係しているので、夏場や暑い日に起こりやすい。エアコンや窓を開けっ放しにしていると、室内の温度が低下して体が冷えることで、足がつりやすくなります。

予防

エアコンや扇風機の風を直接、体に当たらないように。設定温度も28度を目安に。ただし室内の場所によっては、温度が低くなっているかもしれないので、温度計で確かめてみるのが良いでしょう。

足だけでも、保温するようにすればこむら返りを予防しやすくなります。

栄養不足が原因の場合

食事制限ダイエットも原因の1つ。メタボ体型を気にして、食事を抜いたりすると必須栄養素が不足しがち。(参考:高野豆腐ダイエット!

ミネラル(カルシウム、マグネシウム、カリウムなど)の不足

水分不足を気にされて、寝る前にお水を飲まれる方もいらっやいますが、水道水は避けた方が良いでしょう。

寝ている間に汗をかくので、ミネラル分が不足しやすくなりますが、水道水をたくさん飲んで寝ると、血液が薄まってしまいます。

つまり水不足を補うために補給し過ぎると、逆効果。ミネラルウォーターやマグネシウム、カルシウムなどを含んだ飲料を飲むのがおすすめ。カロリーが多いものは、さすがに寝る前なので控えましょう。

風呂上がりにアルコールではなく、スポーツドリンクを一杯飲まれるのが良いかも。

カルシウム不足

karusiumu

魚や牛乳などに多く含まれているカルシウムが不足すると、足をつりやすくなります。そこで食生活の見直しが必要です。

ミネラルやカルシウムなどは、バランスの良い食事をすれば、ある程度は摂取することができます。

「ちょっと不足しているかな。」という方は、不足分をサプリメントで補えば良いでしょう。

筋力の低下・筋肉の疲労

そもそも体の筋力が低下していると、筋肉が疲労しやすくなって、足をつるきっかけになります。とくに足がつる場合、睡眠中に普段は動かさないような動きをした場合に、それがきっかけになります。

そこでおすすめなのが、散歩や軽めの運動の他、階段を上り下りするなど、ダイエットにもなるので取り入れてはいかがでしょうか。

ただし、日頃から運動をされていない方は、急な運動は心臓へ負担をかけて危険です。またジョギングも足の筋肉を疲労させてしまうので、早歩きで十分に効果が期待できます。ダイエットされる場合でも、走らず歩くのがおすすめです。

一度、足をつると短期間に繰り返す

くせになるのか、一度、足をつってしまうと、それから頻繁に起こる場合があります。上記の対策を取り入れても、何度も繰り返す場合には、薬の副作用かもしれません。

いま服用されているお薬があれば、一度、病院にいって先生に、こむら返りの件を相談してみてください。(他の病気の心配もあるので。)

睡眠中の足がつるこむら返りを、起こさない為に一つでも取り組んでくださいね。

こちらも読まれています。

風邪で喉の痛みが治らない時に有効な風邪薬

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする