魚の活性を確認するなら水温計!釣り日記を始めると楽しい

uemuki-kawahagi

「今日は活性が低いな~」

原因が分からない中、頑張り続ける。その隣で温度を測っている人が。

「あ、12度。低いわ」とつぶやく声。

あ、そうか、魚って人間と違って、水温が低いと体温が下がる生き物だから、影響されて動きが鈍くなるので、活発にエサを追いかけなくなるんですよ。

シーバス、バスなどは活性が低くなるので、冬場は食い渋って釣果が下がります。だから人気のポイントは、火力発電所の温水が流れ込む流域に多くの人が集まります。

琵琶湖も温水が流れ込むところがあるので人が多い。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

釣り日記でデーターを記録すると楽しい

記録するデータ

  • 日付
  • 釣れた時間
  • 天気(二日前からの降水量なども記録すると最高)。
  • 気温(二日前からの気温が分かると、傾向が見えてくるかも)。
    jyouon
  • 水温(当日しか分からないですよね)。
  • 釣り方
  • 釣れたエサ(使ったエサ)
  • 釣れた釣果、釣れなくても0匹と記録。
  • その日のタックル(竿、リール、糸、仕掛けなど)

最低限、当日の釣り開始時の水温だけでも記録しておくと役立ちます。

これをルアーのかわりに投げて温度を計る方法もありますが、足元の温度を測るだけでも貴重な記録のデータになります。

データーを集め続けると、釣れる条件が分かる

初めていく釣り場や、年に数回しか行かないところだと、イマイチ、状況が良いのか悪いのか、分からずに悩みます。

最近はブログや動画などで情報を発信する方が増えてきましたが、詳細なデータを公開される方はほどんといません。

もったいぶったり、内緒にしているというよりも、詳細なデーターを載せるのがめんどくさいというのが本音だったりします。

やっぱり自分で集めるしかないですね~。

【関連記事】

釣具屋さんに聞く

エサ釣りする方は、釣具屋さんで情報を収集しましょう。

  • 昨日からこの辺りにイワシの群れが入っているので、セイゴサイズが集まっている。
  • アジを狙ってアオリイカが入ってきた。
  • ベイトを追ってサゴシの群れがいる。

釣り具店のホームページで、随時、情報を公開されているところもあるので、チェックしてから出かけると釣果アップにつながります!

地元の人と情報交換

たまにしか行けない釣り場は、自分で情報収集するのにも限界があります。釣り具店に聞くと共に、釣り場の常連さんと仲良くなると、状況を教えてくれることも。

疑問を感じた女性

私:「お早うございます。先週、アジが釣れたのですが、今日はどうですか?」

常連さん:「今日はまだアジの回遊はないけど、サヨリが入ってきてるよ」という話しが終わらないうちに、サヨリを釣り上げる常連さん。

情報を頂くだけではなく、こちらからも提供できれば喜ばれます。

「さっき先端の人に聞いたのですが、真鯛の25mクラスを2匹釣ってましたよ」とか、集めた情報を教えてあげると、

「そうそう。この時期になるとタイが釣れることがある」という貴重な情報が集まります。

つまり、この時期を来年のカレンダーに印をつけておいて、また来れば釣れる確率がアップするということ。

こういうのを蓄積していくこと自体が楽しい♪釣り日記を初めてみては?

せっかくの情報なので、次に活かして釣果ゼロだけは避けたい。

【関連記事】

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする