スマホ老眼を防ぐ超かんたんな目の体操の方法を実践中!

スマホ老眼

これって、老眼!?

近くの物が見えにくくなってきました。以前、自分の指をかなり近づけても焦点が合っていたのですが、最近は、それをすると気分が悪くなることも。

どうやら、スマホ老眼になったみたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

スマホ老眼を防ぐ方法

ここで紹介しているのは、私がスマホ老眼を防ぐために取り組んでいるもの。

これで決まり!

医学的に正しいとか、効果がみんなにあるというものではありません。

そのところ、ご理解ください。

目の筋肉を適度に動かす体操

早速、紹介します。

私はスマホで動画を30~1時間くらい見たら、次のようなことをします。

  1. 手を近づけて指を見る。
  2. 徐々に腕を伸ばして指を遠ざける。
  3. 最後は家の壁や天井など、家の中で一番、遠くを見る。

これを2~3セット繰り返します。

これをすると、目の焦点を調整する筋肉を動かせるので、スマホ老眼を防ぐと考えました。

たまには身体を動かさないと、筋肉が徐々に衰えていくのと同じですね。

遠景の緑と噴水

もしできれば、窓の外から屋外の緑の山を見ると、さらに気分も安らぐので良いですよ。出来るだけ、遠景を見るのが効果があると考えています。

注意点としては、あまりやりすぎると、目が疲れてしまい逆効果になると思います。何でもやり過ぎはダメですよ。

なぜ、こんな目の体操みたいなことをするようになったのか、それはスマホ老眼の原因を私なりに考えたからです。

スマホ老眼の原因って?

疑問を感じた女性

そもそもスマホは、超近距離で見るテレビのようなもの。

子供の頃、「そんなに近くでテレビを見たら目が悪くなるわよ!」と母に叱られた経験は、多いでしょう。

近くでテレビを見るから目が悪くなるわけではなく、ずっと同じ位置にある物だけを見ているから、目の筋肉を動かさないので焦点を合わす機能が退化してしまうから。

これ、近眼も同じ気がしますが・・・

食べて身体を動かさないと、メタボになるのに似てますね。筋肉を使わないと、ちょっと走るだけで息切れしますからね。

目も近くの画面だけを見ているから、目の筋肉を動かさなくても見られるので、ついつい怠けてしまう。

そんな時間が長くなると、どんどんスマホで老眼に。だから、定期的に目の筋肉を意識的に使うために、指を動かして目の焦点を変えさせるようにしました。

まとめ

ここで紹介した方法は、アイテムを使わない目の体操なので簡単にできると思います。スマホのアプリだと、焦点が変わらないので、効果がイマイチだと思うので。

YouTubeが面白いから、スマホ老眼!?

最近は、テレビがつまらなくなり、スマホで動画や情報を検索することが多くなりました。

  • 季節の変わり目に、ひな壇ばかりの特番が増えて面白くない。
  • ニュースも偏向報道ばかりで、事実だけを客観的に知れなくなった。

というのもあって、YouTubeを見始めたら、これが面白い!

自分にあった話題の動画が見られるので、時間を忘れて見てしまう。その結果、目を甘やかしてしまい、焦点が合わなくなるスマホ老眼に。

それで、自分の目を鍛えるようにしました。筋トレのような激しいことをするわけではないので、誰でも簡単に実践できますから。

もし効果がなければ、いつでも簡単にやめられます。

YouTubeだったら、次の動画を見る前に先ほどの目の体操をしてから、目を閉じて休憩をして目を休めるのもおすすめ。

注意

日常生活に支障がでるような場合には、眼科医の診察を受けて適切に治療しましょう。

こちらも良かったら、どうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする