水耕栽培に使うスポンジ|100均で代用もできます!【画像付き】

水耕栽培キットなどには専用のスポンジが用意されています。

意外とお手頃な価格だったので、取り寄せて使ってみることにしました。

水耕栽培用のスポンジ

それと100均で入手できる、スポンジと使い比べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

水耕栽培用のスポンジ

最初に使っていたのが、葉菜用培地300株分(水耕栽培キット ホームハイポニカ303・501・Karen用)のものです。

スポンジの切り込み

あらかじめ切り込みが入っているので、手やハサミで簡単にちぎって分割できます。いまでも使用しています。300個あれば当分は足りると思います。

切り込みは貫通していて、根がスポンジの下に伸びやすいのだと思います。

さすが専用のスポンジ、硬さや柔らかさ、根が伸びやすいような切り込みも入っていました。

100均の代用スポンジ

その後、別の用途でも使いたくて、家庭用のスポンジも使う様になりました。

ダイソーのスポンジ

上の写真の左のスポンジは、硬い部分を切り離してスポンジ部分だけを使います。

右のネットクリーナーは、スポンジ部分だけを取り出します。6~8個入りがあります。お値打ちなものでOK。

100kin-suponji-bunkai

ネットは使わないので、スポンジだけ必要なサイズにカットします。

100均のスポンジ以外にも、業務用スーパーで売っていた78円くらいのスポンジも使っていますが、硬さなどに問題ありません。

こちらは現物合わせてカットしているところ。’(専用のものはサイズは23~24mmくらいでした。)

スポンジのカット

専用のスポンジと並べてみました。
(専用がちょっと変形していますが、気にしないでください。)

専用と100均の比較

水耕栽培用のは貫通穴があるのですが、手作りの代用は穴を開けずに使ってみることにしました。

※栽培しても専用と100均に差は見られませんでした。

その理由の1つとして考えられるのは、100均のスポンジの方がすき間が広いので、その空気穴を根が通過できるからだと推測しています。

suponji-kakusyu

サイズを変えたり、手作りのスポンジの上に専用を乗せたり、いろいろ種まきやも試しましたが、自宅レベルなら、難しく考えなくても十分に生育します。

お掃除用のスポンジで十分です。(※注 キメが非常に細かいメラミンスポンジは避けてください。)

参考 水耕栽培の種まき|コピー用紙やテッシュペーパーを使った方法!

こちらも読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする