不思議!勉強のストレスは体を温めると解消した

ドアの開閉にイライラ

「イライラする!」ドアを開け閉めされるだけで、気になってしまいます。

そんな状態では、成績も足踏みしてしまう。それを分かっているから、余計にストレスになってしまいます。

受験生は勉強のストレスが解消できないと、ライバルに勝つ前に自分に負けてしまいます。またストレスがあると勉強に集中できず、暗記も理解も不調になります。

そんな時、体を温めるとストレスが和らいで集中できました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

冷えの解消こそ、ストレスを和らげるポイントだった

緊張すると体が震えることがありますが、このとき体が冷えています。

寒い女性

原因の1つはストレスや緊張で自律神経の機能低下することで、血流が低下するのが原因と言われています。

「テストなのに手が冷たくて、思う様に書けない」

おそらく一度や二度は、誰でも経験しているのではないでしょうか?

しかも日本では試験は寒い冬。体が冷えているだけでマイナスになります。血流が低下して体が冷えると、栄養が脳にも行き渡りにくくなり学習能力も低下すると指摘されています。

これでは試験を始める前から損しています。

そこで体を温め冷えを解消し、ストレスも和らげられれば、結果的に勉強にも集中できるようになるので学習効果も高まります。

体の中から温めるのがポイント

冷えを解消するため、冬ならエアコンやストーブ等で体の外から温めると思いますが、効果はそのときだけ。

エアコンの設定温度

とくにエアコンだけでは足や手の指先が冷えたままなんですよね。そこで湯船にゆっくり浸かって体を芯から温めるのですが、体は次第に冷めてしまいます。

受験生の場合、湯冷めして風邪を引いてしまう原因にもなります。

また夏場でも冷えてしまいますが、外から温めてしまうと湿度が高く、逆にイライラして不快感の方が大きくなる場合も。

温活

そこで体の外からではなく、普段から体を中から温める温活を始めると良いですよ。

ご飯を抜いちゃダメ

体を中から温める有効な方法として食事があります。ご飯を食べると炭水化物は、即効の栄養源となり体のエネルギーとなって燃焼してくれるので、体を温めやすくなります。

無理なダイエットでご飯抜きの人が冷え性になりやすいのは、この炭水化物を抜いているのも理由の1つ。

また食事をするだけで体が温かくなるのは、食事誘発性熱産生(しょくじゆうはつせいねつさんせい)といって食物を胃や腸で分解するときに熱が発生するからです。

だから朝食などを抜いてしまうと、体が冷えたままでストレスも解消されにくくなります。

⇒ 【温活宣言】体を温めたら体調が良くなりました!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする