シャコバサボテンの葉が赤いのは夏バテ!夏越しのポイントまとめ!

葉が赤いシャコバサボテン

「可哀想・・・」

冬でもないのに、なんだかシャコバサボテンの葉っぱが赤い。しかも良く見ると、葉にツヤやハリがない。なんか、私のお肌みたい(汗)

6月、7月、8月頃は気温が高くなり、シャコバサボテンにとっても過酷な環境です。

見た目は熱帯地方のサボテンのように感じるかもしれませんが、強い日差しや高温は苦手。

そこで夏を越すポイントについてまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

危険な真夏の管理

通常、シャコバサボテンは鉢植えをしているので、葉が赤くなるのは根が弱っているから。

これで決まり!

実は水やりを多くしても、すぐに根腐れしにくいと感じています。その理由の1つは、水耕栽培でもシャコバサボテンは育つからです。

「まさか!そんなこと出来るわけないでしょう。根腐れしますよ」という方もいると思いますが。

こちらの記事を読んでいただければ、水耕栽培で立派に花を付けている様子を写真に収めました。

つまり水やりし過ぎたから、根腐れするというのは、ちょっと違います。大事なのは呼吸。

根も酸素を吸う

「今年、植え替えしましたか?」

疑問を感じた女性

そもそも根腐れというのは、根が腐ってしまうからですが、その原因は水やりではなく酸素不足。

根に適度に酸素が行き渡れば、根が水に浸っていても根は腐りません。

狭い鉢に、何年もシャコバサボテンを植えっぱなしにしていると、根が鉢の土にたくさん伸びて、空気が通る場所もなくなります。

さらに高温になると水に溶けていられる酸素も、ぐっと少なくなります。

すると根が呼吸困難になり、水分も栄養も葉に送ることができにくくなり、葉が夏バテを起こして赤くなります。

それを防ぐには、根が伸びる空間を増やすことです。

シャコバサボテンを緊急に植え替え

葉がどんどん赤くなっていくのは、かなり危険な状況です。そのままでは、葉がシワシワになったり、斑点がでてきて枯れ始めます。

シャコバサボテンの葉が赤い

まず緊急の場合なので、こちらの方法で鉢を水につけて、取りあえず水分補給をします。

まだ根や株に元気が残っていたら1週間ほどで葉が元気になりはじめます。でもさらに悪化するようなら、あれをやります。

シャコバサボテンを緊急に植え替え

本来は、真夏にやるべきではないのですが、このまま放置していると枯れてしまう恐れがあります。

すぐにこちらの方法で植え替えを行ってください。

注意点としては、いま使っている鉢よりも一回り大きいサイズに変更してください。

植え替えるとき、根の状態をみて腐っているところは取り除いてください。根の形が崩れても大丈夫です。

混み合っているところがほぐれるので、酸素が行き渡りやすくなりますから。

土は、バーキュライトや鹿沼土を多めに。用土の半分くらいは混ぜても平気。園芸書とは違うかもしれませんが、これで立派に花を咲かせています。

シャコバサボテンの2度の開花

花の土が半分くらい入っていれば十分。水耕栽培でも育つくらいなので、土に栄養がたっぷり入ってるより、通気性や保水性が適度にある方が良い。

水やりをするとき1~2週間に1回くらい、液肥を通常の2倍くらい薄めてたっぷり与えてください。

これで元気にシャコバサボテンが夏を越し、葉が元気になります。写真では分かりづらいかもしれませんが、葉の色が濃くなりツヤが出てきたのが分かると思います。

元気になったシャコバサボテン

葉が赤くなったり、シワがひどい所は、少し取り除いてもOK。根が元気になれば、また新芽がでてきて花を咲かせてくれるようになります。

もし、万が一、秋の花に間に合わなかったとしても、3月頃にも咲かせることができます。シャコバサボテンは、花を咲かせるチャンスが年2回あります!詳しくは下記の記事まで。

まとめ

シャコバサボテンは、夏場は直射日光を避けて半日影で十分に育ちます。

笑顔

夏越し頃の6~7月頃は太陽の位置が高く、窓からの光が半日くらいしか当たらないのですが、それがちょうど良い感じ。

早めに植え替えを検討してみてください。

9月以降に植え替えると、花に影響が出てくるかもしれませんので早めに対処を。

あ、そうそう。水やりの時期が分かりにくいときは、用土の一番上に鹿沼土を敷いて置いて、完全に乾いたらたっぷり水やりすればOK。

良かったら下記の記事も参考にしてください。

【関連記事】

シャコバサボテンの葉がしわしわ!復活する応急処置のやり方を紹介します♪

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする