葉が赤くなったら危険!シャコバサボテンの植え替え時期なんて待てない!

シャコバサボテンの葉が赤い

我が家のシャコバサボテンの葉が赤くなりました。

気が動転している母親

普通、葉が赤くなるのは、花を咲かせる準備に入る秋頃。季節外れの現状は、シャコバサボテンの危険信号。

根腐れか、弱っています。植え替え時期なんて待ってたら生育が遅くなり、病気になりやすく手遅れになります。

そこで私が鉢植えの植え替えた方法と、使った用土をまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

植え替え時期と方法

これで決まり!

普通は花が終わり、温かくなる春頃(桜の咲く4月)に植え替えるのがベストシーズン。

最初にお見せした葉は5月の中旬頃の様子です。でも葉が赤くなったら、そんなことは言ってられません。

鉢のサイズと用土

まず鉢と土を用意します。

これは私のやり方なので、専門家がやる方法ではありませんので。私が使っている用品は、園芸店とダイソー、セリアで買っています。

鉢はセリアで購入しました。今使っているサイズの、1~2周り大きなサイズを選んでください。

鉢の下には大きめの石を並べましょう。園芸店などで入手できます。ダイソーにもあったかも。

小石

私はこの上に鹿沼土を1~2cm入れます。

鹿沼土

花用の用土であればOK。こちらはダイソー。

培養土

私はこの園芸土にバーキュライトを1/3、パーライト1/3くらいを混ぜます。こちらもダイソー。

バーキュライト

室内で作業をするときは新聞紙を広げて、大きめのナイロン袋の中に土やバーキュライトを混ぜて混合させます。

なぜ、バーキュライトとパーライトを混ぜるのか?

疑問を感じた女性

私の場合、実験でシャコバサボテンを水耕栽培で育てた経験があるので、あまり土だけに頼っていません。

  • バーキュライトやパーライトは、吸収性が良い。
  • かといって空気も土の間に確保できるので、根腐れもしにくい。

これらのメリットがあるので、シャコバサボテンで積極的に使っています。

それに土よりも軽いので、鉢を移動させやすいメリットも若干あります。まあ、水分を吸収すると、そこそこ重くなりますが(笑)。

虫が嫌いなので肥料は液肥を中心に

だから肥料も、トマト栽培で使っている水耕栽培用の液肥を主に使っています。これだと虫も寄らないので、室内栽培では最適だと思っています。

それにプラスして、ダイソーの肥料も補助として活用しています。

ダイソーの肥料

シャコバサボテンの用土の上に置いておくと、水やりのときに徐々に溶けて肥料として効いてきます。

シャコバサボテンの鉢

ちなみにこのやり方で、挿し芽もできます。

挿し芽

まとめ

笑顔

早めに植え替えてあげればダメージも少なく、元気に復活してくます。

元気なシャコバサボテン

もし、万一、枯れそうなときは、まだ元気な葉をとって挿し芽にしましょう。シャコバサボテンは、葉っぱ1枚あれば、また元気に増えてくれます。

園芸の教科書ではどう書かれているか分かりませんが、実際にやってみた結果、室内で挿し芽をする場合は、よほど寒冷地や高温の家でもないかぎり、1年中できますよ。

【関連記事】

シャコバサボテンの葉がしわしわ!復活する応急処置のやり方を紹介します♪

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする