シャコバサボテンを水耕栽培で育ててみた結果【1年後】

「シャコバサボテンは、水耕栽培なんて、できるだけがない!」

そんな声が聞こえてきそうですね。

そもそもサボテンの仲間なので、湿気が苦手なはず。そんな思い込みがありますが、実際は分かりません。

疑問を感じた女性

でも挿し芽を、水耕栽培してから『シャコバサボテンの挿し木(挿し芽)は12月でも出来た!』植え替えていたので、できるハズだと考えました。

でも考えても答えはでない。それなら、いつものように、「ちょっとやってみよう!」と。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

水耕栽培でも根腐れしないシャコバサボテン

シャコバサボテンを、水を入れた容器に入れていると根がでてきます。

「あれ?根腐れするなら、根なんて出ないで腐るはずじゃないのか?」そう考えられます。

でも成長の途中で、やっぱり腐るのかな?

そう考えて根が出てもそのまま、水耕栽培で育て続けること1年

ついに花が咲く

まずはこの写真をご覧ください。写真はまだ蕾(つぼみ)ですが。

水耕栽培のシャコバサボテン12月8日撮影

正真正銘、水耕栽培のみで育てられたシャコバサボテン。

この容器、確か焼きそばなどの容器です(汗)。植え替えるつもりが、ズルズル、そのまま。

見て分かると思いますが、根もしっかりとでています。

これで蕾(つぼみ)をつけて花が咲くくらいだから、普通のシャコバサボテンを育てるのは、それほど難しいことはありません。

しかもこの植えている場所は、北側の窓辺。夕方、多少は太陽の日が当たりますが、あとは蛍光灯の光りで育っています。

それでも花を咲かせるのですから、シャコバサボテンが偉い!

なぜ、根腐れしないのか考えてみた

トマトも根腐れしやすい野菜ですが、最初から水耕栽培で育てると、こんなに室内でも大きくなる(室内でミニトマトが鈴なり|トマトのグリーンカーテンを水耕栽培)。

水耕栽培で植えて育てても、十分な大きさに育つことが分かります。

ちなみにミニトマトはエアーポンプで空気を送っていますが、シャコバサボテンは空気は送っていません。

たまに水がカラカラになって、慌てて水を足していますが、それでも枯れないのはさすが乾燥に強い種類ですね。

ということで、結論。

シャコバサボテンは水耕栽培で花を咲かせられる。

ちなみに、これを鉢に植えても根腐れしないで、もっと大きくなって花を咲かせます。丈夫です。

笑顔
根腐れしない理由を考えてみたのですが、おそらく根がスポンジで固定されていて、空気が適度に入っているから。

今年も株の成長が良いので、来年の春にもう1回、花を咲かせられそうです♪

オススメ シャコバサボテンの花を1年で2回咲かせる方法!

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする