ダマされた!貴乃花親方がおかしいと責めるのは筋違いだった!

「暴行した事実は決して許されることでは無いが・・」という前置きから入る報道にダマされていました。

すでにこの一言で暴力はOKみたいになってる。殴るだけの理由があるとか、それ、イジメられた人を追い詰める文句と同じことだと気づかないのか?

「3人も事件現場にいる横綱は、誰も、なぜ、報告をしなかったのか?」

言われてみれば納得しました。

横綱の報告義務

貴乃花親方に、良い流れか?

そろそろ気づき始めたと思います。

横綱 日馬富士 関の引退報道から、一気に当日からの不可解な行動が明らかになりました。

当日、傷害事件(当初は暴行事件。怪我をしたら傷害事件。殴る蹴るの暴行をしても傷がなければ暴行事件)の後、女性をナンパしていたという。

業界関係者(相撲)は、ナンパの時点でアウト。横綱の品格なしとキッパリ。

当初は、私も貴乃花親方もおかしいと考えていたのが恥ずかしい。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

貴乃花親方を責めるのは筋違い

私も当初は、偏狭報道にダマされていました。

困った女性

  • 巡業部長が相撲協会に報告せず、鳥取県警に被害届を出したのが悪い。

理事の立場でもあるので、先か同時に日本相撲協会に、今回の事件を報告する義務がある。

またスポーツ報知によれば、

池坊保子議長、日馬富士引退に「貴乃花さんが率直に真実を話していれば、ここまでのことにはならなかった」

と言うが、これもおかしい。話していたら、マスコミに圧力をかけて隠蔽(いんぺい)しようとしたんでしょう?

と思われても仕方がない。

  • 事件の報告を怠っているので、貴乃花親方が悪い。怒るおじさん

このような流れで組み立てられた報道が、主なものでした。

ところが、そもそも、これがおかしい。

報告義務にダマされるな!

まず相撲協会は、これまで隠蔽体質があるので、警察に傷害事件の被害届けを出すのは筋が通っている。

傷害事件を起こした日は、10月25日夜~26日未明。

貴乃花親方が鳥取県警に被害届けを出したのは、貴ノ岩さんが隠していたので事件があった日から数日後のこと。

加害者側が、謝罪に出向いたのが、11月14日。

疑問を感じた女性

これ、謝罪が相当に遅くないですか?

危機管理ができていないのでは?


今回の傷害事件が発覚してから謝罪にいくなんて、事件を軽視したいたとしか思えない。それどころか、隠蔽(いんぺい)、隠す気まんまんだったのではないか?

まあ言い訳は、いろいろあるでしょうけど、事実は加害者のことを軽く見ていたということ。

スッキリ!

そもそも報告義務は、被害者側ではなく加害者側にある

傷害事件を起こした当初、その日にすぐ相撲協会に報告し、警察に自首していれば、貴乃花親方も責められることはなかった。

しかも事件の当事者と関係者で、3人の横綱がいらっしゃったのだから、すぐに横綱が日本相撲協会に、報告する義務と責任があったのではないのですか?

それもせず、女性をナンパしていたとあっては、もう貴乃花親方を責める論理的な根拠が、そもそも無かったことになります。

繰り返しますが、数日間、貴乃花親方は事件を知らずにいましたが、3人の横綱が報告していれば、ここまで大きな問題になることはなかったと考えます。

すぐ謝罪していれば

もったいない!

傷害事件を起こした当日、横綱 日馬富士関が、すぐに巡業部長の貴乃花親方へ謝罪と、日本相撲協会に事件のすべてを話してファンにも謝罪していれば、ここまで大きくならなかった。

さすが横綱。人は失敗するけど、すぐに自分の非を認め即、謝罪したのはすごい!

もしそういう行動をしていれば、貴乃花親方も穏便にしたのかもしれません。

筋を通さず、事件が発覚するまで隠していた方が悪いと思うのですが。違うのかな?

まとめ

横綱 日馬富士関、軽量で頑張っていたので好きだったのに。もったいない。

なんで、報告しなかったんだろう・・・涙。

すぐに報告して本人と親方に謝罪していれば、女性にナンパしていた話しも出てこなかったでしょうし、引退はもしかしたら、避けられたかもしれません。

たぶん、いままでなら日本相撲協会に報告していたら、もみ消されていたんでしょうね。

もみ消した事実が発覚したら、日本相撲協会も貴乃花親方も、今よりもっと非難されることになったと思う。

それにしても報道って、ハッキリした事実以外は、必要無いのにお偉いさんの忖度が入った意見をのせてニュースにするから、訳が分からなくなります。

幸い、今はネットで様々な情報を得ることができるので、自分で判断が出来やすくなったので助かります。

いろんな意見があると思うので、ぜひネットで発信してください。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする