短時間睡眠のコツ!すっきり起きる方法で寿命が10年伸びた?

寝ている女性

睡眠を削るしかないじゃん。

「忙しい」「もっと時間が欲しい」。

時間があれば、ドラマを見たい。趣味もやりたい。英語を身につけたい。

と、誰もが思うハズ。でも日中は、仕事や家事で身動きできません。だけどない時間を、いつまでも悔やんでも仕方がありません。

だったら睡眠を削るしかない。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

短時間睡眠で起きる分割睡眠法

これは私がやった方法なので、人によっては合わないかもしれませんが、参考にはなると思います。

例えば、小さなお子さんがいるケースや、介護、受験、仕事が不規則なケースは、それぞれ寝る時間は違いますからね。

あくまで私の例として見てください。

睡眠を1時間削ったモデル

午後11時に寝て、朝の6時に起きる生活だとします。
起きる女性

  1. 寝る時間を1時間、早め午後10時に寝ます。
  2. 寝てから3時間後、午前1時に起きます。
  3. 2時間、つまり午前3時まで、自分のやりたいことをする。
  4. 午前3時から朝の6時まで、3時間寝ます。

これで睡眠を1時間、削ることができました。

まず1時間、早寝をした理由ですが、人の体は午後10時くらいに肌の再生が活発になるそうなので、それに合わせてみました。

睡眠時間を短くしても、肌が荒れたら意味がないですからね。

笑顔

結果は、良好。1時間短くなっても問題なし。

ただし、睡眠時間を変更するときは、基本的な知識は入れておく必要があります。

参考 目覚めが悪い・だるさを感じた時にやるべき3つの事のあれ!

最初、苦労したこと

困った女性

最初に4~5日は、1時間、早く寝ようとしても体が起きていました(汗)

ところが1週間もすると、体は慣れて夜の10時くらいでも、スッと寝られるようになります。人間の適応能力はすごいですね。

まあ、海外で時差1時間のところに旅行に行ったと思えば、これくらいはできますよね。

3時間で寝てから起きると、少し頭が寝てますが、これも慣れてきます。意外と3時間で疲れが取れています。

ここで更に頭をスッキリさせるために、シャワーを浴びても良いかもしれません。私の場合、冬だったので、起きたら寒くて目がすぐにさめました。

睡眠を1時間カットして良かったこと

家族が寝ているので、全く邪魔がはいらないので、効率がアップします。

これで決まり!

慣れてくると、頭がすっきりして、本を読んでもドラマを見ても頭にスッと入ってくるように感じました。

みんなが寝静まっているときに、自分だけ活動しているのは快感かも。

朝も、すっと起きられるので、3時間、3時間を分割するやり方は、けっこう良いですよ。

1日1時間、365日で365時間も余分に使えます。

寿命に換算してみた

私の場合、1日で自由に使える時間は3時間くらいかな。

疑問を感じた女性

それが4時間に増えるということは、「寿命が25%増えたのと同じじゃないか!」と思いました。

いくら長生きしても、会社に拘束されやりたくないことに時間を使っているなら、意味がないですからね。

いままで自由な時間が3時間だったのに、それが4時間に増えるというのは画期的なことです。

1年で365時間も確保できるので、これが何日分か計算してみました。

365時間÷3時間(1日分)=121.7日分。

つまり1年365日なのに、短時間睡眠にしたら、自由な時間が121日も増えました。これはすごい!

「1年486日!?」って、思わず叫びそうになりました。これだけあれば、色々、やりたいことができる!

健康への弊害は?

気になるのは、睡眠を短くして健康への弊害はないのか?

私のケースでは特にありません。私の分身がいて実験したわけじゃないので、正確なことは分かりませんが、特に違和感を感じたことはありません。

寝るパターンは変えている

いまは寝る時間や、起きる時間を少し変更しています。それは体調に合わせているからです。

例えば風邪気味のときは、睡眠を分割せずぐっすり寝ます。仕事で疲れたら、疲れをしっかり取るように、睡眠を多めにすることも必要です。

基本のパターンは決めつつ、体調に合わせて睡眠パターンを管理することが大切だと感じています。

5年後、10年後は、今より老化しているので、寝る時間や起きる時間も変わっているかもしれませんね。

失敗談

まず睡眠を単純に削ってみました。

夜11時頃に寝て、朝の6時に起きていたので、寝る時間を遅くしてみた。

午前0時に寝て、起きる時間はいままでと同じ。

結果は、夜12時を過ぎると眠くなり、趣味をやるにしても睡魔が襲ってきて、苦行にしかなりませんでした。

しかも朝、起きるのが辛い。

1日、2日は何とかなりましたが、週末になると日中、ずっと眠くて仕事にならない。

「これじゃ、クビになる」。

単純に睡眠時間をカットするだけだと、眠いだけで効率は下がりました。

大失敗。

まとめ

起床時間から、逆算して寝る時間を決めると、寝る時間を決められるので分かりやすいと思います。

人生最後に、時間がもっとあれば、自分はもっと違うことができたのに・・・なんて後悔したくありません。

時間がないなら、工夫して増やせば良い。そう思うことにしました。人によって環境は違うので、自分に合わせて工夫してください。

これで時間が創り出せます。

あとは、できた時間を、有効に使っていくことです。楽しいですね!

私はその空いた時間で、このブログも書いています(笑)

もちろん、趣味でこんな事にも取り組んでいます。>>園芸に釣りに電子工作にDIYに・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする