低血圧で朝に起きられない時に私はこれをしました【体験】

朝 起きられない女性

朝が弱くて、頑張っても起きるのが大変でした。

寒い冬は特につらかったですね。目覚ましが鳴っているのですが、そこまで手を伸ばせない。意識はあるのですが体が動かない。

いまは低血圧も少し改善されたのと、ある工夫のおかげで早起きも苦痛ではなくなりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

低血圧で早起きできない

体調が悪い時、病院で受診したとき血圧は上90 下40で、看護師さんから「大丈夫ですか?」と言われたくらいです。

血圧計

朝に早く起きられないと、朝食も手抜きになっちゃうので申し訳ないです。

例えばレトルトの卵どんぶり。

カレーライスもレトルト。

朝からチャーハン。

これなら数分~5分くらいで作れるのですが、お弁当までは無理。給食なので、普通は大丈夫なので助かっていますが・・・

早起き出来た時もあったけど

「なんで朝、起きられないの?」と聞かれると、何かこっちがサボっているみたいですよね。

でも起きられないものは、起きられない。

おそらく子どもの頃から血圧は低かったと思うんですが、唯一、朝早く起きられたときがあります。それが遠足や休日のお出かけの日。

「やった!遠足!遠足!」

少年の笑顔

バスでいくと、お菓子を食べられるのが嬉しくて、前日からわくわく。

そういう楽しい日だけは、早く目がさめるんです。おそらく興奮して夜から眠れないという感じのあれです。

だから出掛けてからバスで酔いやすく、体調が悪くなることも。無理していたんでしょうね。たぶん夜も熟睡できずに半分起きている状態だから、朝に起きられるのでしょう。

でもそれは例外。毎日やっていたら倒れてしまいます。

血圧が低いと栄養が体中に送られない

血圧が低いと、どうして早起きできないのか、いろいろ調べると、どうやら血液が体中にしっかりと送られない、あるいは送るのが遅いからじゃないかと。

例えば指の先までしっかり血液が循環しないと、手の細胞の栄養がいつも不足している状態になりますよね。

血液で栄養が運ばれる

足の指先とか、体全体にしっかりと血液が循環しないと、栄養が隅々まで行き届かないので、細胞も元気にならない。そりゃ体も不調になりますよ。

また朝は体の活動が低下している状態なので、普通の人よりもさらに低下してしまうので、起きるのが辛いんじゃないかと。

だけど最近は、血圧も少し上がり朝はぜんぜん平気になりました。

体を温めたら起きられた

朝が弱かったのですが、体を温めるようになったら起きられるようになりました。冷えってやっぱりダメですね。

温め方はいろいろありますが、私がやったことは、こちらにまとめました。

体を温めるのは、私は効果があったんじゃないかと思っています。低血圧って、よほど低くないと病気と診断されないので、治療もしてもらえないんですよね。

でも低血圧で治療しなければいけないレベルって、ベッドから起き上がれないし、救命措置をしてもらっている状態じゃないかと。

※注 自己判断は危険。この記事はあくまで私の体験を元に考えをまとめたものなので、低血圧で体の不調が続く場合は、他の病気の可能性もあるので精密検査をしてもらうなど、必ず病院を受診して、医師の診断を受けましょう。

【参考記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする