低血圧で立ちくらみ!立ち上がると倒れそうになった【実体験】

病気で介護

低血圧の私は、座っている姿勢から急に立ち上がると、立ちくらみ、倒れそうになることもあります。

病院で看護師さんに血圧を測定してもらったとき、

「大丈夫ですか?」と心配な顔で声をかけられました。

「いえ、大丈夫じゃないです」と。そもそも具合が悪くて病院に来ているので。

そのの血圧が下が40、上が90でした。そのことを高血圧の友達に話したら、

「そんな冗談は良いから。それならもう生きてないでしょう?」って信じてもらえませんでした。でも看護師さんが二度測定して確認してくれましたから。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

低血圧はどんな症状なの?

私の場合、立ち上がるときに、くらっとして一瞬、辺りが真っ白になる時があります。

もともと体も弱く虚弱体質で、小学校の頃は、朝礼のときにバタッと倒れそうになるタイプ。実際に倒れたことはなく、その場にしゃがみ込む余裕は若干あります。

朝も弱く、なかなか起きられませんでした。

血圧が上がった

少し動脈硬化を起こしたのか、塩分の取りすぎか若干血圧が上がり、上が120、下が60くらいだったと思います。

最近は朝起きは、ぜんぜん平気で家族の中でも一番早いくらい。この前なんて午前3時半に目覚めたくらい。

普段は4時半~5時くらいには起きて、お風呂を洗ったり洗濯ものをたたんだりしています。(夜の間に洗濯して乾燥まで終わらせています)。

とはいえ、それでも一般の人より、血圧はまだ低めだと思います。

血圧は遺伝でしょう。母も低血圧

うちの母も血圧が低く、私のように立ちくらみをするタイプなので、おそらく遺伝でしょう。

朝起きも苦手でしたが、年をとったらどんどん早起きになって、いまでは4時半くらいには目をさますようになりました。

ただ私も母も今は早寝になったので、早く起きられるようになったのかも。夜は9時半くらいから眠くなりますから。夜22時を過ぎると、電池が切れたみたいにバタッと寝てしまうときも。

さすがに家族といると22時半~11時くらいに就寝になりますが、週末、疲れがたまると早寝に移行します。

適度な運動してから楽になった

体を動かして、適度な運動を心掛けるようになってから、朝に強くなり始めた気がします。あくまで私の体験ですが。

それと食生活に注意して、ちょっとだけ軽めのダイエットもするようになったので、体質改善に役だっているのかも。

また寝るときに足の先が冷たくなる冷え症なのですが、それを改善したのも朝に強くなった理由のひとつかもしれませんが、実はもう1つ取り組んだことがあります。

それが体の冷えを改善したこと。

低血圧でなくても、体の疲れが取れないと、朝って起きられないですからね。

もしかしたら体が冷えて起きにくいのでは?

⇒ 【温活宣言】体を温めたら体調が良くなりました!

こちらも読むと、低血圧の悩みが楽になるかも。

【参考記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする