迷ったらこれ!【チヌ】フカセ釣りの撒き餌レシピ

フカセ釣り コマセ 配合

チヌのフカセ釣りの撒き餌は、釣り人の数だけ種類があると言われるくらい、人によってまちまち。

使用するメーカーや種類、ブレンドの仕方、入れる分量まであわせると、無限の組み合わせがあると言われます。

そこで初めて(ウキ)フカセ釣りをされる方におすすめな、撒き餌のレシピをまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

撒き餌レシピ

撒き餌(マキエサ)の種類は、お金をかければ無限に作れますが、そこは限界がありますね。

家計・財布

そこで予算がある方と、安くコマセを作りたい方向けに、2種類を紹介するので、どちらか好きな方で試してください。

まずは、予算をある程度、かけられる方向けのレシピ。

集魚力を重視したマキエのレシピならこれ!

予算は2500円前後。

半日くらいは、これで釣れるはずです。

用意するのは、こちら。

  • オキアミ 1枚(3kg)半解凍が使いやすい。
    1000円(700~1300円 価格差は品質にも影響します)。
    冷凍からだと夏場でも数時間、冬なら半日は解凍に時間がかかる。
  • 爆寄せチヌ 1/2袋
     1袋で820~980円。
    残りは次回、使ってください。
  • 活さなぎミンチ 激荒 1袋
    460~600円。安すぎるものは、別の商品の可能性あり。
  • チヌパワーV10 白チヌ 1/2袋
     1袋で820~980円。
    残りは次回、使ってください。
  • 適量の海水。

ブレンドして使います。

硬さは、後ほど紹介する動画を見て少しずつ入れて調整してください。ちょっと硬めにしておくと、あとから調整できます。

各エサの袋に分量などの記載があるので、そちらを参考にしてください。ただし入れる分量が1/2袋の場合は、水も半分にしてくださいね。

エサの分量や補足

目安はオキアミ3kgに対して、配合エサ1袋が分量の目安。

オキアミは、付けエサとして使えます。

半解凍になったら、状態の良いオキアミをエサバコに分けておくと良いでしょ。

  • 爆寄せチヌ 1/2袋(1袋は3.5kg)

    ムギ・コーン・カキガラなどがブレンドされています。これ単独でも使用できます。
    集魚効果が非常に優れています。
    遠投性や拡散性も標準。

    エサ取りが多いときは、爆寄せチヌを1/4袋に減らします。

    爆寄せチヌとオキアミだけでも、十分に釣れます。

  • チヌパワーV10 白チヌ 1/2袋(1袋は3.5kg)

    煙幕で白い濁りで拡散してアピール。こちらも単独で使えます。

  • 集魚効果も標準以上。爆寄せには少し劣ります。

    拡散性や遠投性もあるので、これとオキアミだけを混ぜても十分に使えます。

    もちろん、ブレンドすることで、集魚力アップと、魚へのアピール力が増します。

配合をアレンジするなら

エサ取りが少ない場合は。

  • オキアミ + 爆寄せチヌ 1袋

エサ取りが多い時は、少し集魚力を落としてこちら。

  • オキアミ + チヌパワーV10 白チヌ 1袋

魚がスレて、アタリが減ったら活さなぎミンチ 激荒を入れるのもありです。

  • オキアミ + 爆寄せチヌ 1袋 + 活さなぎミンチ 激荒 1袋

付けエサに激荒の活さなぎを使えます。


  • オキアミ + チヌパワーV10 白チヌ 1袋 + 活さなぎミンチ 激荒 1袋

組み合わせを変えて、いろいろ試すのも面白いでしょう。

周りが釣れているのに、自分が釣れていないときは、コマセを多めにまきます。

1000円以下の安いコマセのおすすめレシピ

予算を抑えたコマセのレシピです。

  • オキアミ 1.5kg(細かく、つぶす!)
    付けエサにも使う。
    500円前後。
    あまり格安のものは品質が悪く、ぐちゃっとして、付けエサとして使えない。
  • アミエビ 800~1kg
    350円前後。小さいブロックでOK。
  • 海水:適量
  • 米ぬか:2~4kg お米屋さんで安く手に入りますが、大きな園芸店でも肥料用があります。

遠投性をアップさせる方法

薄力粉を適量入れると、まとまりが良くなり、遠投性がアップします。

ただしあまり入れすぎると、粘りが出すぎてコマセではなく、錬りエサになってしまいます。少しずつ入れて様子をみましょう。

配合する場合の注意点

オキアミを潰すとき、半分だけ細かくして、残りは、大きめににすると、バランスが良く集魚効果もアップ。

初めてコマセを作るときは、水を入れすぎて失敗することがあります。

それを防ぐために、配合するエサを1/3くらい入れずに、後から残りを投入すると失敗しません。

バッカンの四隅に粉が残りやすいので、丁寧にかき混ぜてください。

アジやエサ取りが多いとき

集魚効果が高いアミエビを入れると、アジ・サバ・ヒイラギの赤ちゃん、ボラ、小さいグレ、フグなどが集まり過ぎます。

困った女性

低予算のレシピで集魚効果アップのために入れたアミエビですが、エサ取りを避けるために入れずオキアミだけにします。

アミエビは、オキアミと違って数倍~10倍!?と、集魚効果がとても高いので、エサ取りが湧いて大変なことになります。

私が良くやるのは、少し遠くにコマセをまいて、足元でサビキ仕掛けでアミエビのコマセをすると、多少は魚が別れます。

それでも湾内や港で、夏場、水温が高いときはエサ取りが多すぎて難しくなります。

チヌの場合は、棚を深くして底を狙いましょう。

スイートコーン、さなぎを使うとエサ取り対策に効果的。

まとめ

チヌもグレも、撒き餌(コマセ)の配合は、難しいものです。

潮の流れも変化するので、今回は標準的なバランスのよい配合を紹介しました。

ただベテランの方は、季節やエサ取りの種類、潮流の早さなどによって、配合レシピを変えられているので、現地で参考にしてはいかがでしょうか?

初心者の方は、もったいないかもしれませんが、ベテランの方より多めに撒き餌をした方が釣果は期待できます。

最後に、フカセ釣りが始めての方は、車が近くに止められるところで釣りをして、エサを多めに量や種類を持っていくとエサ不足になりません。

ポイント

雨や水の分量を失敗したときのために、配合エサを1袋、予備に持っていくと助かりますよ。

【関連記事】

初心者の方に役立つ、釣りのコツや道具選びなどを下記にまとめています。

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする