【室内】水耕栽培でミニトマトの花が落ちるそんな時はこれ!

ミニトマトの花が全部落ちた!

あまりのショックで、落ち込みました。せっかく順調に葉が大きく広がり、背丈も大きくなったのに残念です。

「やっぱり水耕栽培で室内では難しいのかな・・・」とあきらめる前に、ひらめきました。

それでやっと、実がなり始めました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

花が落ちる理由が分かった

全ての花に実がつくと立派ですね。これだけ実れば文句なしです。

ミニトマト

以前はベランダで栽培していたのですが、雨に当たると実が青いのに割れてしまいました。

でも雨除けをするのは、風が強いと危険なので辞めました。しかも真夏にはベランダが40℃近くまで気温が上昇して、枯れはじめました。

もう1つ大きな理由は虫と病気です。そこで今年は室内栽培にしたのです。

太陽の光が室内に入らない

観葉植物

問題は日照不足。夏になると、太陽が高くなり室内に入らなくなってしまいます。ベランダには光が当たっているので、花が落ちるのは光合成するのに日の光が足りないから。

そこでベランダにアルミシートを置いて、外から室内に向けて光を取り入れるようにしました。鏡が一番良いのですが、さすがに大きな物は用意できなかったので。

その甲斐あって、ついにミニトマトが結実しました。

ところが・・・3段目、4段目が花がつかずに全滅。また振り出しに戻りました。

室内で育てるなら夏以降の方が、光が入って良さそうです。

栄養が足りない

困った女性

水耕栽培なので、栄養は足りているハズなのですが、どうも品種の問題で根っこの張りが悪いようです。

糖度の高いミニトマトなのですが、それは根の張りが悪いことと関係あるかもしれません。もともと水耕栽培を想定していないでしょうね。

そこで考えました。

笑顔

容器をもっと大きなものにしよう!

2Lのペットボトルの容器で育てていたので、溶液が少ないのも理由の1つだと思います。ただこの品種は葉っぱも細いので、それほど水を必要としないようで、2日くらいは水が持つような感じです。

でもこれではダメだと思い、百均の10Lのバケツを買ってきました。最初からこれにすれば良かったと後悔。

それからはグングン生育しました。やっぱりミニトマトでも10Lにすると最初の1週間くらいは根が伸びています。室内なので余り上にのばせないので、わき芽をそのままにしてのばし放題にしました。

10日目くらいから生育が加速します。わき芽が伸びて4カ所で花が咲き始めました。やはり水耕栽培は、容器が大きいほど有利ですね。

水の交換

栄養のバランスが崩れると花が落ちます。

ほとんどの教科書では、水耕栽培の水は1ヶ月に1回、交換と書かれています。

その理由は、継ぎ足しで使っていると、次第に濃度や栄養のバランスが崩れていくからです。

野菜の種類によって、肥料の吸収の仕方が異なるので、ある成分だけが残っていると、それが生育障害を起こすからです。

少し寿命を延ばすなら、たまには水だけを補給してあげると交換頻度を下げられます。ただし生育が落ち着く欠点があります。

もし、液肥を交換されていないなら、入れ替えてみましょう。水は塩素が入っているので、一晩、くみ置きした水を使ってくださいね。

まとめ

これで決まり!

トマトの花が落ちるときは、室内でトマト栽培をされるなら、容器は10Lくらいは確保しましょう。

光合成ができないと実を大きくできないので、トマト自身が花を落として負担を減らそうとするからです。

日の光は5時間以上は必要なので、採光を考えてください。

こちらで紹介した方法と組みあわせると、さらに成功率が高い方法があります。

成功率が高い ミニトマトの花が落ちる!実がならないときの受粉の特効薬!

こちらも読まれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする