爪に縦線が発生!でこぼこしているのは大丈夫?

爪に縦線が入っていませんか?

指先をよく見ると、爪が波打つようなでこぼこしているように見えます。

以前はそれほど気にならなかったのに、目立っていたら早めにケアをしないと、劣化が激しくなります。

そこでいくつかのケアのポイントを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

爪を見れば健康状態が分かる

爪の縦線は後述したように、あまり過度の心配はいりませが、ツメは健康のバロメーターと言われるくらい、体の異常を敏感に表わします。

健康状態が良好なときは、ツメはピンク色をしてコーティングしていなくてもツヤがあります。

健康なツメ

しかしツメに縦線や横線が目立つと、体に異常があるのを知らせるサイン。さらに詳しくみていくことにしましょう。

ツメに縦線が目立つ場合

ツメの縦線
(写真は縦線を分かりやすいように強調しています。)

線の深さや数、波打つ様子は個人差がありますが、原因は主に乾燥と老化。

一般的には、あまり心配する必要はなさそうです。(※注 変形していると、別の要因があります。気になる場合は、医療機関で診察を受けてください。)

乾燥するとツメも割れやすい

乾燥についてはこちらで予防法を紹介しているので参考にしてください。

参考 爪が縦に割れる対処|すぐ出来る方法!

爪も皮膚と同じなので、割れる場合のケアで紹介した方法を参考にすれば乾燥は防げます。適切に対処すれば、失われたツヤも徐々に戻ってきます。

ツメを保護

子供の頃~若い頃は、写真のようにつやつやしてピンク色をしていたのを思い出します。老化も主原因の1つですので、エイジングケアが必要です。

提案

健康食品のキヌア高野豆腐野菜パウダーなどを活用すれば、健康的なダイエットも期待できるので、試して見る価値有りです。

この機会に若返りに取り組んでみてはいかがですか?

病気の可能性

栄養素の不足が原因の可能性もあります。たとえばビタミンAカルシウム、ビタミンやタンパク質が足り無い可能性も。

カロリーは足りていても、必須栄養素が不足しているのが現代人なので、先ほど少し触れましたキアヌなどの健康食品を、食事に取り入れると健康にもプラスになります。

爪は皮膚、つまりお肌の延長線に生えているので肌が不健康だと爪も悪化します。無理なダイエット法などを数ヶ月前から取り組んでいると、徐々に爪にも悪影響が現れ始めるからです。

ぜひ爪の縦線も何かの縁。健康生活を取り入れてみると体調も良くなります。

時間差

爪は3ヶ月~半年程度で産まれ変わるのですが、裏を返せば過去に食事が不規則だったり、栄養が偏った食事をしていれば、今頃になって影響が目立ち始めるからです。

そんな食生活をしてれば、体へも異常が出てもおかしくはありませんん。病気の可能性もあります。もちろん、数ヶ月の時間差があるので、食事を改善してもすぐに効果が現れるものではありません。

それまで様子が心配で症状をネット上で検索されているのだと思います。自分は大丈夫だと思いたい気持ちはわかりますが、何らかの症状があり気になるようでしたら、一度、皮膚科などを受診された方が安心です。

まとめ

大抵の場合は、乾燥と加齢(老化)による原因で爪に縦線が目立ちますが、希に病気のケースもあるので、不安な方は病院へ行かれた方が無難です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする