釣り道具の名称について

釣り道具の名称について、イラストや写真で紹介していきます。※作成中

スイベル、タル型サルカン、ヨリモドシ

釣りをすると、糸がよれてしまいます。それを防ぐ目的で使われるのがこちら。

スイベル ヨリモドシ

形状が違うと機能(強度など)も違うので、呼び方が様々。メーカーによっては、独自の言い方をしているものもありますが、基本的に糸ヨレ防止のアイテム。

スナップサルカン、サルカン、スイベル付サルカン

道糸と仕掛けをつなぐ目的や、仕掛けとオモリをつなぐのに使われています。

サビキ仕掛け、ワカサギ仕掛け、稚アユ仕掛け、投げ釣り仕掛けなど。

サルカン

スーパー回転ビーズ

スーパー回転ビーズ

枝針などを作るとき、針を交換しやすいので活用されています。

ライン(糸)を通すのに、穴が小さい欠点がありますが、慣れれば早くなります。

回転ビーズの拡大

楕円形になっているので、縦方向の長い方にラインを入れます。固定するのは、通した糸で両端にコブを作る様に結びます。

kaiten-bizu-line
楕円の短い横方向にハリスを入れます。ハリスを通したら、先ほどと同様に結び目を作ります。これでハリスが抜けなくなります。

kaiten-bizu-harisu

望みの長さにしてください。最初は長さが揃わなかったりしますが、徐々に慣れてきます。

通販・最新価格 回転ビーズを楽天市場で詳細を見る。

今後も追加していきます。

参考 初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする