デートに使える!『伝え方が9割』で伝授されたクライマックス法が絶品

恋愛も伝え方が9割

「この人、私と気があうかも」

クライマックス法はデートにも使える、ビジネストーク術。

クライマックス法とは、最初に雑談をしながら、最後に一番重要な話に持っていくという方法です。

その反対の方法もあります。アンチクライマックス法とは、最初に一番重要な話をして後から、補足の話や雑談に持っていくやり方で、相手によって使い分ける必要があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

断りづらくするクライマックス法

顔見知りの女性をデートに誘いたいと思ったとき。

アンチクライマックス法だと、結論を先に伝えるやり方ですが、これでは断られる確率が大きい。

相手と面識があっても、いきなり「今度の土曜日、デートしてくれませんか?」とストレートに言うと拒否反応をされてしまいます。

そもそも、そんなやり方でデートできるなら、苦労しませんよね。そこで使うのが結論を後に話すクライマックス法。

書籍『伝え方が9割』で伝授されたクライマックス法

こういうケースでは、書籍『伝え方が9割』で伝授されたクライマックス法が絶品です。

女性の好みを把握できるくらいの関係という前提とすると・・・

スイーツが好きなことが分かっているなら、新しく開店した有名店をチェックしておき、

「○○さん。ケーキ好き?」

「ケーキ、好きですよ」。

モンブラン

「実はさ、俺、モンブランが好きなんだけど、男一人じゃ行きづらいので、一緒に○○店に、一緒に行ってくれない?」

と言えば、「あ、そこ開店したんだ!」と笑顔(好感触)。

いきなり「デートしてくれない?」より、クライマックス法で結論を後に持っていく方が、女性もちょっと言ってみようかなと、考えてくれる確率はアップします。

一度、デートできれば、あなたの魅力や気が合うかなどを、彼女が査定するので、上手くいけばつきあいがスタートできるかも。

しかもデートという言葉を使わずに、実質デートする方法が、書籍『伝え方が9割』で解説されていたのを読んで「これ絶品!」と、思わず口にしました。

会ってもくれなければ、そもそも何も始まらないですからね。

ここでのポイントは、相手のメリットを入れることで、断りづらくすること。

聞き手側の人が、話の内容に興味を持って肯定的に聞いてくれている場合は、結論は後にする「クライマックス法」が有利。

いくら結論を後ろにしても結局、ストレートに「デートしてくれない?」と言えば、断られるリスクが高まります。だから相手が得をするようにします。

書籍『伝え方が9割』では、パスタを例に紹介されていますが、いろんなものに応用できるので、ビジネスや友達に大事なことを伝えるときに使えます。

対面でも会話するときに限らず、文章でも伝え方が大事なので、これらの手法を身に付けると、それを知らない人よりも有利になります。

私の参考書 伝え方が9割を楽天市場で詳細を見る。

相手を良く観察しないと失敗する

先ほどのスイーツの例は、相手の事をあなたがある程度、把握できている場合に有効でが、相手のことを知らずに思い込みで話をすると、ズレた会話になっていると失敗します。

たとえばデートで食事に誘う場合、彼女がいまダイエット中なのに「スイーツを食べに行きませんか?」と誘っても、甘い物を避けているので、

「あ、私いま、ダイエット中なの」とピシャリと言われてしまいます。

前提として相手を良く観察しないと、結論を前や後にしても失敗します。そのためにも、できるだけ情報収集は欠かせません。

アンチクライマックス法は難しい

初対面に近い状態の場合、あなたに興味がないとき最初に気持ちを引き寄せるために、アンチクライマックス法を使います。

しかし、アンチクライマックス法は難しい。特に相手の好みが分からない段階では、手探りでの会話になるからです。

  • お笑いネタが好きなのか?
  • いま気になる映画があるのか?
  • 好きな食べものはなんだろう?
  • 趣味は何か?
  • 好きなタイプは?

しかし最初に結論を伝えないと、相手が話しを聞いてくれません。そこで大事なのが、興味を惹く方法をいくつも、あらかじめ用意しておくことです。

ルパン三世のカリオストロの城で、クラリス(お姫様)が捕らわれてルパン三世が助けにいくのですが、いますぐには救出できない。

そこでクラリスにマジックで一輪の花を、クラリスの前にパッと出して渡します。意外性に心を奪われた人も多いのではないでしょうか。

このように知らない人にも、自分に興味を持ってもらえる様に、準備しておく必要があります。

アンチクライマックス法は、アイデアを考えるのが難しい。私はクライマックス法かな。

まとめ

恋愛、ビジネスシーンでも役に立ちますが、普段友達との会話の中でも試してみると、いざというときの練習になります。

興味がある話なら、耳を傾けて最後の結論まで楽しんで聞いてもらえます。

反対に興味がないと、本題以外の話を最初から順序良く説明してくれているのに、頭に入らないので、伝え方にも工夫が必要になりますが、知識だけでは上手くいきません

ある程度は訓練しないと、身につかないのを実感しています。どちらの方法にしても、いきなり出来るものではないので、前準備が大切です。

ちなみにケーキで1回くらいダメでも、相手のメリットを盛り込み、次の手を考えましょう。その時に伝え方として、書籍『伝え方が9割』を読んでおくと、より効果が高まりますよ。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする