蒸れない靴!通気性シューズが話題!デメリットは?

今年もクールビスで、室温が28度と少し高めでも快適に過ごせるようになりました。

ところが問題が発生。通勤、通学で気になるのが足元。特に蒸し暑い日は、気持が悪くてモチベーションも下がり気味。

そんな中、いま通気性が良いシューズを履く人が増加しています。やはり室内温度が関係しているのでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

なぜいま、通気性のいい靴なのか?

シューズ

「サンダルならわかるけど、靴に通気性を求めても難しいのでは?」

いえいえ、そんなことはありません。いま主流のタイプはメッシュ素材の靴なら、空気の循環が良いので期待できます。これなら水虫の人も履きやすいですね。

笑顔

どれくらい人気なのかは、売れ筋のものは再入荷待ちになるくらいというから、売れていますね!これからどんどん販売が増えると、市民権を得て主流になるかもしれません。

さすがにメッシュではビジネスには使えない・・・と思っていたら、そんな常識を打ち破る靴が発売されていました。

見た目は普通のシューズと同じですが、シューズの土踏まずなど、見えない部分を活用して通気性を工夫されていました。確かに足裏は、デザインの融通は利きますね。

  • 歩くほど効果が感じられる。

メッシュではないタイプは、少し制限があります。上面は通気性が悪いので、若干、蒸れ感を取り除けないものもあります。たしかにある程度は、仕方がないですね。

それでも靴の下内部に、湿気(蒸れ)を排出する通気口を設けているので、意外と快適に過ごすことができます。

このようなタイプは、じっとデスクワークなどあまり動かない場合は、空気の入れ替わりが悪い。逆にいえば歩くほど快適になるといえます。

とはいえ、これまでよりもずいぶん快適。

履き心地

空気の通りが良いので、足のフィット感が悪いと思ったら、形状は普通のシューズと同じで、蒸れないので履き心地はバッチリ。

空気の通り道があるだけで、これだけ足元が涼しく感じるので、もっと早くから使えば良かったと後悔されるかも。

問題もあります。

空気穴があるということは、雨の日はそこから水が侵入しやすいという欠点もあるということ。ちょっと心配ですね。その辺りを次に見ていきましょう。

雨の日は最悪?デメリットが明か!

雨の日

調べるまでもなくメッシュは雨に弱いです^^ 

編み込みされた皮などの素材のものは、水が染みこみにくく、上からの雨には比較的強いのが特徴です。購入される場合は、その辺のところは把握しないと、後で泣くことになるかも。

ARUKOKA ビットローファー ビジネスシューズなどは、比較的、雨に強いです。(メッシュが細かなものは、防水スプレーで対処できそうですが、蒸れやすくなりそう。)

困った女性

ただし完全な防水ではないので、風雨が強いと染みこみます。また深い水たまりに足を踏み入れると、確実に編み目から水が侵入してしまいます。できるだけ、水だまりは避けてください。

各社、様々な通気性の良い靴が販売されはじめていますが、大抵、どこかに靴内の空気を逃がす小さな穴が開いているので、それが雨の日のデメリットになりますが。。。

雨が強そうなお天気なら、いつものシューズにした方が無難だと思います。

臭いが抑えられるメリット!

これで決まり!

通気性が良いと嫌な臭いは抑えられるのがメリットです!

雨の日は、洗濯ものが雑菌の出す臭いが気になりますが、靴や靴下もかなり臭いって嫌ですね~。

これまでは通気が悪いと、たまに靴を脱いで空気の入れ換えをしていたのですが、そんな面倒なこともしなくてよくなりました。もう無くてはならないアイテムです。

天気の良い日は、陰干ししておくと風が通過しやすいので、乾燥しやすく臭いも抑えられます。人間だけではなく靴も休ませるという意味で、お昼休みはスリッパという人もいますね。

靴下の影響で蒸れ感が残る

靴下

どれだけシューズが高性能で、どんなに編み目を大きくメッシュサイズを広げても、靴下の中で蒸れていたら効果は半減ですね。さすがに芸能人のあの人ではないので、素足というわけにもいきません。

そこで靴下は目立ちにくいので、より通気性が良いものを選定すべき。ただし、ビジネスでシューズを脱ぐ場合は、色などには注意してください。

まとめ

蒸れなにくい通気性のあるシューズ、デメリットと上手に付き合えば、かなり役立ちます。

雨の覆い梅雨時期は避けたいのですが、水たまりを歩かないのであれば、傘をさしてできるだけ濡れないようしてください。濡れても乾きは早いのも良い所ですね。

それと、通気性の良いシューズと靴下はセットで履くべきです!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする