ウナギ釣りはダメ?資源量と生息地から考えてみた

ウナギは釣り禁止

「ウナギ釣りは禁止!」

「絶滅危惧種なのに、ダメ!」

そんなことをいう方もいるようです。たしかに一理あり。

だからこそウナギが、将来、絶滅する可能性があるということで、完全養殖の研究がされています。

すでに実験室的には、完全養殖は成功していますが、コストが高すぎて商業としてはもう少し時間がかかりそうです。

近い将来、クロマグロなどと同じ様に、ウナギの完全養殖は確立されるもとの私は期待しています。

あなたも意見や、アイデアがあれば、ぜひブログやSNSなどで発信してください~
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

釣りを禁止しても無意味?

ウナギを専門に釣りをされている方は、釣り人口のごくごくわずかだと思います。

これで決まり!

それよりも商業的に、稚魚であるシラスウナギを細かな網で根こそぎ獲っているのが、よほど問題のような気がしますが、なぜか叩かれています。

私は狙ったことはありませんが、河口付近で釣りをしていて、釣れたことは希。偶然に釣れるほど、簡単な釣りではありません。

やはり専門的に狙わないと、ウナギは釣れないでしょう。

では、釣り人が釣ると、ウナギは絶滅するのでしょうか?

釣る数なんて無視できる

YouTube 釣りいろはさんの動画『【衝撃】近所の用水路で大うなぎを釣り上げろ!』

仮にウナギを専門に狙う人がいて、1年で100匹を釣ったとします。← 根拠がないけど。

専門に狙う素人の釣り師が、日本に1000人と仮定。(そんなにいるかな・・・)

1年で10万匹、減ることになります。

漁獲量をトン(t)に換算してみましょう。

だいたい1匹150~200gと言われているので、ここでは200g、0.2kgとします。

10万(匹)×0.2(kg)÷1000(トンに換算)=20トン

ちなみに天然ウナギの漁獲量は100~200トン。1割も釣ると、獲りすぎのように思いますね。あくまで机上の計算。

ところが、プロの養殖をされる方は、稚魚(単に”しらす”という方も)のときに、ごっそり億単位の数の稚魚を獲っています。だから天然ウナギが減少する大きな原因と考えられるのですが。

もし、ウナギの数を増やそうと思えば、プロの捕獲を禁止するのが割きで、はるかに効果的だと思います。

所詮、アマチュア釣り師の影響なんて、プロに比べるのも申し訳ないレベルです。

天然ウナギの生息数(資源量)って、実は分かっていない?

1つ、大きな疑問があります。

こちらのグラフを見ると、

ニホンウナギ 内水面漁業・養殖業魚種別生産量累年統計(種苗採捕量)(1957年-2012年)

詳細グラフはこちら

1957年と2012年のシラスウナギの捕獲した量を比較すると、204トンと2トン。

1/102(102分の1)と分数で書くとイメージが湧きにくいですが、204-2=202トンもの差があります。

お小遣いが20400円だったのに、それが200円になったと考えれば、激減でしょう?

もし、これが本当だとすると、ウナギの希少性は相当なもの。1匹10万円くらいしてもおかしくないけど・・・・

だけど、そうはなっていない。何か、おかしい。

  • ホントに、激減したの?
  • それとも昔は、それくらい獲らないと、育てられないくらい技術が低かったの?

もう1つ分からないことが・・・

いろいろ調べたのですが、天然ウナギの生息数が、一体、どれだけいるのか?

騒いでいる割には、実は、ほとんどデータとしては、分かっていないようなのです。

「じゃ、適当に騒いでるの?」ってこと。それとも、何かの利権なのかな。知らないけど。

なんか稚魚の捕獲量だけで、結論づけている気がする。

あくまでもシラスウナギの漁獲数が減ってきたから、親も減っていると推定しているだけのような。

根拠が素人目にみても、おかしい。

それとシラスウナギは、決まった川で、決まった時期にしか捕獲してはいけないため、他の川では多くのウナギが生息している可能性もあります。

ここも、調査がされていません。

絶滅、絶滅って叫びながら、なんで調査しないんだろう。
疑問を感じた女性

あくまでも大型の河川などでの話しで、小さな川はたくさん日本にあります。そこで生息している鰻は、実はかなりいるのではないかと考えている方もいます。

ウナギを年間、数百匹、釣り上げる方もいますが、普通に1本の竿で釣りをしているだけで、そんなに釣れるのです。(釣れない日もあるでしょうけど)

漁師さんのように、何百本もの針を河川に沈めて、釣り上げているわけではないのですから。もしかしたら、隠れウナギがたくさんいたりして・・・

ということも、資源としてカウントされていないようです。

絶滅危惧種なのに・・・そんなに釣れるのが、何かおかしい、ひっかかる。

釣らなくてもウナギは減る原因

「釣り人が釣る鰻の数は、多くない」と、私は考えています。

それよりも、ウナギの生育環境が悪化している方が問題。

うちの家の近くの川も、河川工事でコンクリートで固められ、小さな稚魚などが上流に登れなくなっています。

物理的に遡上できない。

さきほど紹介した、釣りいろはさんの動画の用水路も、コンクリートで固められていますね。

まあ、いまはコンクリートの下に魚の隠れるところを設置しているハズなので、多少は住みやすく改善されていると思います。行政に期待!

何とか小さな魚が登ろうとしていますが・・・鳥のエサになっています。あの中に、シラスウナギなどは、いないのかな?

魚道みたいなものを設置している川もあるけど、全部の魚が魚道を発見できるわけではないと思う。

本気で、絶滅を防ごうと思うなら、河川の管理のあり方を早急に議論して、実行しないと間に合わないかも。

生息地、全域で調査すべき

生息域というのは、日本中の大小、全ての河川、小川までが調査対象です。

災害との兼ね合いもあるけど、ウナギを本気で増やそうと思うなら、早急に日本全国の小さな川、小川まで含めて、ウナギ(他の魚も)が遡上できるのか調査すべき。

河口堰など、超大型の建築物が設置され、シラスウナギに立ちはだかっています。あれも、魚が遡上しにくくしているはず。

釣り人が釣って減る数より、環境破壊で減る数の方が多いのは、想像できますよね。

  • 生息数
  • 生息環境

最低限、この2つを調査すると、生息数が多いところ、少ないところがあれば、そこからウナギを増やす、ヒントが見つかるかもしれません。

疑問

そもそも日本で成長した親のウナギの子供が、また日本に戻ってくるのかな?

実は隣国に遡上していたりして・・・

日本にやってくるシラスウナギは、他国の親が生んだウナギだったりして。遺伝子調査で分かると思うけど。

調査が簡単にできるようになった

「そんな、全国で調査って、莫大な費用がかかるでしょう?」

もちろん、人件費、調査費用は必要になります。

でも・・・ここ数年で、調査費用が劇的に下がる技術が確立されました。

実は、近年、科学の革新的な進歩で、いちいちウナギを捕獲しなくても、水を採取するだけ。

その水から、含まれている遺伝子情報を解析すると、生育数の概算が分かるようになりました。

採取した周辺、数百メートルにいるウナギの生育数が、ある程度、予測できるようになっています。

「すごくないですか!」イチイチ、ウナギを捕まえなくても、生育数が分かる技術って。

もし、本気で調査する気があるなら、この最新技術を使えば、ウナギの生育数を概算で出せるハズです。

早急にやって欲しい。

あ、すでにやり始めているかも。

天然ウナギの漁獲数が減った本当の理由?

ところで天然ウナギが減ったとされる根拠、もっと詳しく調査した方が良いかも。

  • 天然ウナギを専門に捕獲する人が、高齢化して漁獲数が減ったのも、原因の1つかもしれません。
  • 異常気象(高温)で減少している。
  • 病気説。
  • 海流が安定しないため、稚魚はたくさんいるのに日本に近寄れない。→ 海洋を調査。
  • シラスウナギの遡上する川がコンクリートで固められて、生育に適さない環境に変化した。→ 全国で調査の必要性。

釣り師が釣ったくらいで、ウナギが絶滅するのはあり得ないと思います。

モラルの問題で釣るな?

「絶滅危惧種なのに、けしからん!」

論理的な思考ではなく、モラルの問題、あるいは感情的にダメだと言っているのでしょう。

ここまで記事を書いていますが、私がこれまで釣ったウナギは、たぶん子供の頃に1匹、2匹くらい。

どちらかというと、アナゴが釣れてしまいます。

たぶん、これからもウナギを専門に釣ることもないでしょう。

もし、釣りがダメだというなら、「ウナギを食べるな!」と、訴えた方が自然だと思います。

釣って食べる数  釣り以外で食べる数

まあ、私は専門的にウナギは釣りませんけど。

釣りができない場所だらけ

もし私がウナギを釣ろうとすると・・・

  • 駐車場があるところ。
  • 足場が良い、安全な所。
  • ウナギが良そうなところ。

これらを最低限、満たしているのが条件です。

ところが実際の河川は、駐車できない場所が大半。崖や、草むらで怖いところもあるし。

釣りユーチューバーが釣っていますが、おそらくウナギがいる大半の場所は釣りができないので、相当量の数が生き残っているはずです。

たぶん、河川で釣りができるのって、0.0・・・1%。計測不能なくらい、多くの場所で生きているはず。

だから釣り禁止しても、大して変わらないでしょうね。それより、先にやるべきことがあるのでは?

ウナギを食べるの禁止

もしウナギが減っているのが、人間が捕獲するのが原因だったとしたら、

  • ウナギが増えるまで獲らない。(プロ、釣り)
  • ウナギを食べない。

ウナギの捕獲・販売を5年、あるいは10年以上?・・・禁止して、増加の効果を確認するしかないと思います。

釣り人だけに我慢を強いても、効果はない。

だけど、それを実行できるか、いまは疑問。

禁止した責任は、誰がとる?

「ウナギの捕獲、食事は禁止」という、単純な話で終わらない。

税金が投入されるから。

「なんで?」

当然、それで商売して生計を立てている方も多数いらっしゃいます。

ウナギ専門店は倒産し、その従業員は解雇。炭(すみ)業者も大打撃。

さらに問題なのは、ウナギを料理する技術伝承は、大半が破壊される。

それらを防ぐ政策に、莫大な補助金など税金が必要になるでしょう。

もし根拠がハッキリして、本当にウナギが絶滅してしまうことを考えると、これは仕方のないことです。

しかし、その前に、しっかり調査してからでないと、相当な経済的な損失が発生して、大きな責任問題に発展します。

だからはやく調査して、結論を出して欲しい!!

禁止する手順は間違えないで!

ウナギ関連の漁業関係者、ウナギ専門店などへの、業界団体への説明・資金的な援助などは当然、先に決定してから、禁止すべきです。

でも、本当に絶滅するのか?

それを、早急に調査すべき。

ちょっと、気になる記事を見つけました。

参考 ウナギは絶滅しない種[日淡会]

売れ残りのウナギの行方

絶滅危惧種なのに、スーパーで売れ残っている。

「なんで!?」

疑問を感じた女性

絶滅危惧種だから、本来は高いハズなのに、それほど高くない。

世の中、疑問だらけ。

漁獲高が昭和40年代と比較すると、激減しているハズなのに、それほど高くはなっていないのが疑問。

「もしかして、昭和の時代、獲りすぎて捨てていたんじゃないか?」

そんな、もったいない疑惑も。

「まさか、捨ててるんじゃないよね!?」

気が動転している母親

漁獲量が激減している割には、手軽に手に入るのが、その証拠。

なんか、世の中、不思議。

輸入しているらしいけど、スーパーで普通に国産が手軽に手に入るし・・・

高い、入手しにくいのは、『土用の丑の日』くらい。

なんか、おかしい。

まとめ

ウナギ釣りはダメ?

繰り返しになりますが、ウナギの絶対数を考えても、釣り人がウナギを釣らないくらいで、増加するとは思えない。

これで決まり!
やるならプロの方を辞めさせるべき。

食べないように、禁止すべきです。

それと合わせて、釣り禁止を訴えるのが、自然な流れだと思います。

なんか、順番が逆だと思う。

そもそもウナギを食べず、獲らないで、本当に増えるのか?

生育環境が悪化していたので、食べず、獲らなくてもウナギが増えませんでした。申し訳ございませんでした。ではすまない。

それらも綿密に、いますぐ調査・研究してください。(すでに、調査中かも)。

根拠、早めに示してください。

ウナギ1匹が産む卵が500万個とも言われるので、完全養殖、早く成功して欲しいな~

とか、いろいろ考えていたら朝の4時過ぎ(汗)

寝ます。

関連記事 ウナギの完全養殖の実用化まで、あと一歩のところ!?問題点まとめ

あなたも意見や、アイデアがあれば、ぜひブログやSNSなどで発信してください~

こちらもいかがですか?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする