家の運気が上がる家?風水の合理的な理由を考えてみたら分かった!

風の流れ

家の中の物の位置(場所)で、運気が低下すると言われています。

  • 玄関の扉を開けて家に帰ってくる。
  • キッチンで食事の準備をしてご飯を食べる。
  • リビングでテレビを見て、部屋で寝るまでの時間を過ごす。

普段何気なくやっていることですが、運気が下がるのでやってはいけないことがあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

運気が下がる位置に物を置いてはダメ

玄関は気の入ってくる入口にあたる所なので、何か置いてあると邪魔になって気の流れが悪くなります。

特に翌日ゴミを出す日だからと、朝までゴミを置いておくのも運気が下がります。

こんなことをいうと「風水なんて」という方もいますが、私はこの考え方は合理的だと思います。

朝、さあこれから頑張って出掛けるぞ!というときに、その玄関が生ゴミの匂いで臭いと、それだけでテンションが下がってしまいます。

良いことは、すぐにゴミ出しできることぐらいですが、マイナスの方が大きい。

害虫を引き寄せる。

ゴキブリ

それに玄関先にゴミを置くことで、扉のすぐに臭いに引き寄せられたゴキブリなどが潜んでいて、ドアが空いた瞬間に侵入してくる危険があります。

ゴミ袋が破れていたりすれば、腐敗した細菌たっぷりな液が流れ出て、アリやさらに小さな害虫も寄せてしまうので、おすすめできません。

玄関に入る気

玄関は、広く明るくキレイにしてあると、良い気がいっぱい入ってきます。

部屋の出入口に、大きめの洋服タンスや本棚を置くのも、同じく気の流れをせき止めてしまいます。

気は、部屋の入口から入ってきて、入口から対角線上にある財気位に集まるそうです!

換気扇

この考え方も合理的だと思います。今の新築の家は、換気が考えられていますが、昔の家屋は換気という点ではイマイチ。どちらかというと、すきま風はありますが・・・

できるだけ家の換気を良くするためには、玄関や窓から外気を取り込み流れを作るためには、入り口に大きな物を置くと、空気の流れが悪くなります。

空気の循環

すると湿気で結露しやすく、カビも生えやすくなります。カビが生えると胞子で肺に入り咳など、病気のリスクも高まるので、風水の考え方は合理的だと考えます。

またこれらの逆のことをすれば、悪いことを防げるので結果的に良いことが起こりそう。

風水は空気の流れを考えている

風水は室内の空気の流れを意識した、注意点を教えてくれています。

クローゼットの中が洋服でいっぱいになっていませんか?

押し入れ

隙間がないくらいパンパンになっていると運がたまるスペースがありません。

着ない服を処分してスペースをつくると、そのスペースに良い運が入ってきて、お金も貯まるようになるとも。

でもこれって、クローゼット(押し入れ)に物をごちゃごちゃ入れると、そもそも整理整頓ができていない証拠。

捜し物をするのに、ムダな時間を使ってしまうので、運気が下がるというのは分かる気がします。また換気が悪くなると、クローゼットもカビが繁殖しやすくなるので、健康被害も考えられます。

このようなところを気遣えば、良い運気が舞い降りてきそうですね!

このように1つ1つを見ていくと、風水は私たちの生活に密接に関係している問題点を、分かりやすく教えてくれているように感じます。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする