USB chargerとLEDライトの相性ばっちり!使ったら便利だったよ

USB chargerとは、乾電池をUSB(5v)の電源として使えるアイテムです。

USBライト

以前、セリアでUSBのLEDライトを2種類、買ってきたのですが、使い勝手がイマイチで放置していました。

ところがUSB chargerというものを買ってきたら、「これだ!」とひらめきました。

組みあわせると、超便利に!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

USB chargerとLEDライトのレビュー

乾電池2本を5Vに変換して、USB接続にしてくれるUSB chargerというアイテムを、100均で買える時代になりました。

usb charger

携帯電話、MP3プレイヤー、ゲーム機などの充電に使うものですが、私は買ったまま放置していた、2種類のLEDと接続しました。

※マンガン電池は使用不可。アルカリ乾電池または満充電されたニッケル水素充電池で使う。

USB 2LEDライトと合体

まずは、このように接続します。

usb-2ledタイトとUSB電源

LEDにはスイッチがついているので、USB chargerとつないだままでOK。

ただ私が買った商品は、スイッチの接触がたまに悪くて、LEDがチカチカすることがあります。問題があれば、改造か修理をするのも簡単そう。

このLEDライトの良い所は、フレキシブルにライトを動かせるところ。

問題は次のライト。

USB LEDライト

問題はこのUSB LEDライト。小さなLEDが6個。

usb ledライト

角度を変えられますが、少し硬いのが難点。できれば角度は変えずに、そのままで使う方が良いかも。

パソコンのUSBに接続すると移動ができない。スマホの充電器につなぐ方法もありますけど、なんかイマイチ。

これは不便。それてお蔵入りになっていました。

ところがUSB chargerがあるので、それにつなげば移動は自由。このLEDはスイッチがないのですが、抜き差ししても手間がかからないので、一軍に昇格です。

点灯させると、十分に明るい。手元を照らして、ちょっとした作業なら十分にこなせそう。

usb ledライト

ぶっちゃけ、これ1個でも十分なのですが・・・

LEDスタンドの箱

詳細 ダイソーの5LEDスタンドを使った感想|個体差で光の色が違うけど使える!

ただ私は5LEDライトが、暖色系だったのがイマイチ好きじゃなかったので。

それが2LEDライトは、私の好きな少し青白い色なので使いたかったのです。

それをUSB chargerを買うことによって、使い勝手も良くなり良く活用するようになりました。

まとめ

欠点もあります。

USB chargerは、乾電池2本なので容量が少ない

さらに3Vを5Vに昇圧しているので、電流のムダが発生します。iPhoneを充電するのは難しい。

そこで自作して、もっと電流を多く長く流すのに自作すると面白い。

例えば単一乾電池4本で5Vを作り、USB電源を作ればiPhoneなどのスマホにも十分に充電することができます。

単一の乾電池を多く在庫してほけば、非常用として懐中電灯とスマホの充電にも困らないので、作る価値はありそう。

参考 乾電池1本でパワーLEDが明るく点灯!HT7750Aの『ある回路』がおすすめ!

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする