これは便利!乾電池を昇圧して5VのUSB(出力)に変換する方法

USBで5V

パソコンにスマホを接続するとき、USBでつなぎます。

データーのバックアップにも使われますが、充電にも活用されてますね。

最近は、100均でUSBで使えるライトも入手できて、お手軽で気に入っています。

でもイチイチ、パソコンにつないだり、スマホのバッテリーにつなぐほどではない時もあり、そんなときは、バッテリーチャージャーを使っています。

そこで、余り物のケーブルや昇圧回路を使えば、手軽に自作できるので必要な情報をまとめました。

USBコネクタ(ソケット)を使って自作

そもそもUSBの規格は、使う物によって使い分けられています。

バッテリーは、小さくて薄いタイプが使われていますよね。今回のテーマとは外れるので、これらの解説はしません。

USBケーブル

パソコン側は、タイプA(またはAタイプ・usb type-a)と呼ばれるタイプ。大抵のUSBケーブルの片方は、このタイプになっています。

USB規格の±usb-type Aオス型(左)とメス型(右)

このタイプAのコネクタ(ソケット)を使えば、何かと便利そうですよね。そこで入手できないか調べたら見つかりました。

こちらはメス型。ボックス(箱)に取り付けるなら、このタイプが良い。

ケーブルに取り付けて使うなら、このタイプ。

こちらはオス型。

用途に合わせて使います。

ケーブルでやり取りする場合は、オス型はこちらの方が使いやすいと思います。

USBケーブルの『はんだ付けの向き』

電源としてケーブル(電線)をハンダづけする場合は、配線は2本でOK。データ通信するわけではないので。

USB規格の±

向きは写真と現物を見比べれば、間違うことはないハズ。

USBの規格オス・メス

もしプラスとマイナスを間違うと、最悪、電子機器が破壊されてしまうので、接続したら必ずテスターでチェックしましょう。

自作するメリット

100均のバッテリーチャージャーは単三を2本使うので電流の容量に限りがあります。

その点、自作だったら単一を3本使って、容量を増やすこともできます。またその方が、5Vにする場合、効率も良いのでおすすめ。

単一はサイズは大きくなりますが、重くなるのでLEDライトを使う場合には、安定するので使いやすいメリットも。

またこの工作を覚えておけば、例えば100均の乾電池で点灯するLEDライトを、USB接続することもできます。

USB接続で改造

USBは5Vなので、定電流回路で接続すれば、電池容量を気にせず自宅で使えます。

LEDも交換すれば、世界に1つだけのオリジナルライトスタンドを作ることも可能です!

まとめ

今回はUSBを5Vのコンセントのような活用を考えました。

ACアダプターと組みあわせても、自作のテーマとして面白いですね。構造が簡単なので、一度チャレンジしてはいかがですか?

注意点は、プラスとマイナスの接続。乾電池で使う場合は、昇圧できているかチェックを忘れずに。

下記は、昇圧の事例などをまとめたものです。合わせて読むと詳しくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする