必見!【ワインド釣法】私が参考にしている動画リストまとめ

「ワインド釣法は釣れる!」

ワームを左右にぴょんぴょん動かす、独特の動きをさせて釣る方法が、いつの頃からか、徐々に認知度も上昇しています。

ワインド釣法

さらに近年、初心者の方もワインド釣法をやりたい方が、再び増えてきているように感じています。それはやはり、YouTubeの影響が絶大だからでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ワインド釣法 動画まとめ

この釣り方は、10年以上前には、すでにYouTubeでも掲載されていました。

YouTube tsuritohokuさんの動画『「雄物川河口でのシーバスワインド釣法」釣り東北動画セレクション』

2007/10/18 に公開。

2007年って、早い!

古い動画なので画質はかなり悪いですが、ワインド釣法の独特のシャクリが確認できます。

動画を見ると、他の方もやられていますね。


こちらは、youtannnさんの『ワインド釣法』2008/11/03 に公開。

ワインド釣法のシャクリの基本です。1秒で1シャクリ、リールを1回転させています。

画質は悪いものの、動作の確認や注意点が参考になります。

このあたりのやり方が基礎として、初心者の間でワインド釣法として、広まっているようです。

1秒1シャクリって、シンプルで分かりやすいですからね。


minnanofishingさんの、『ワインド釣法ロッドアクション』は、約1分13秒の短い動画ですが、分かりやすく解説されています。

2011/06/23 に公開

シャクルとき、右手でリールのハンドルを回しているのを見逃さないでくださいね。パソコンの大きな画面でみると、より分かりやすいですよ。

1分5秒くらいから、ワインド釣法と言われる、左右に動く様子が見やすい。小魚が逃げるときの動きを、上手く表現されているので、食い気のある魚がいれば、爆釣も期待できます。

あれくらい早いと、初心者の人は魚が追いかけて来られるのか心配になりませんか?

でも釣れます。

しかし追いかけるのが遅い魚や、水温が低い時はスピードを落とすと釣れることもあるので、たまに1秒1シャクリから、1.5秒1シャクリ、2秒1シャクリなど、変えてみましょう。


onoken908さんの『ボトムワインド解説』2011/06/04 に公開

ボトム、つまり海底付近にいる、マゴチやヒラメ狙いのワインド釣法の解説になっています。

1分38秒くらいからの解説、とくに重要なので繰り返し見て下さい。

シャクル動作が、小さくて速いですよね。人によって、釣り方が違うのが分かりますね。

2分26秒からも、超重要なことを解説されてます。あの解説をスルーしていると、釣果に大きな差になるかも。


LureNews.TVさんの『タチウオワインドのアクション動作-徹底解説』

マナティというワームの解説をされています。

この動画では、どれくらいルアーを竿から垂らして、投げれば良いのか分かりやすく解説されています。

私のこの方法で、トラブルがありません。

リールを巻くタイミングを、何度も繰り返し説明されていて、もっとも分かりやすい。しかも疲れにくいやり方なので、投げ疲れる方は、5分8秒からのシャクリ方の解説は必見です!

下げて、上げて1回巻く、このやり方は、合理的です。

私はマナティが扱いづらいので、スパークというワームを使っています。

ワインド釣法で爆釣された動画があります。>>ワインド釣法で爆釣 ← スパークのワームの紹介もしています!

まとめ

ワインド釣法、面白そうでしょう?

私も初めて、この釣り方を知ったとき、ワクワクして、すぐに専用のワームとジグヘッドを購入したのを、いまも忘れられません。

笑顔で指さし これ

左右で動かす、独特の釣り方でスレている魚にも、アピールできる力があるので、ぜひ投げてその威力を試して欲しい。

あと、基本的なやり方は、分かったと思いますが、人によって違いも見られます。

私は1秒、1シャクリ、1回転を基本にやっています。

狙える魚は、マゴチ、ヒラメ、シーバス、根魚などがありますが、シャクリ方を変えれば、さらにいろんな魚種で狙えそうです。

ぜひ、試してみてください。

【関連記事】

参考 初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする