アジやメバルのワームの色の使い分け方&釣れない時のスレ対策!

ワームの色違い

最近、ダイソーワームにはまっていますが、アジやメバルを釣ると時、ワームの色はどのようにして使い分けされていますか?

まさか、1色だけじゃないですよね?

これを読むと、釣果が良くないときに対策になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ワームの色の使い分け方

ワームは透明なものと、色つき、光るタイプなどがありますが、それぞれ特長があるので、そこれを押さえておくと釣果アップにつながります。

クリア(透明)のワーム

透明(クリア)・・・モエビに似ているで、メバルなどに威力を発揮します。もちろんアジも釣れます。


パールホワイトのワーム

ナチュラル系・・・白、紫(パープル)、薄いレモン色。黒は障害物など(ストラクチャー)の多いところで使う。日中、透明なワームで釣れないときは、ナチュラル系で試してみてください。


グロー(夜光)は、イワシなど小魚(ベイトフィッシュ)が多いときに使うと良いです。

オレンジ色のワーム

白、オレンジはピール力があるので、夕方~夜、朝まずめに使うと釣れやすい。前日に雨が降ったりして、水が濁っているときも効果的。


アジやメバルは、同じ色や形ばかりを使っていると、だんだんスレ(警戒されて釣れにくくなる)ます。

ワームの色違い

こんな時は、色や形にとらわれず、いろんなものを使っていくと、また警戒心が薄らぎ釣れることが多いと感じています。

【参考動画】

ダイソーワームでアジやメバルは釣れる、それとも釣れない?

「ダイソーワームは、釣れるのか、釣れないのか?」

私の経験からいうと、間違いなく釣れます。

ダイソー ワーム

アジやメバルだけではなく、例えばシーバスも食い気があるときは、何度もアタックして食いついてきます。ただし小型の魚が多い感じで、大型はルアーの10cm以上の大きめがお気に入り。

しかし、何をやっても釣れないときもあります。それがさきほどのスレ。例えばあなたが釣る前に、さっきまでその場所で、同じダイソーワームで釣っていたら、あなたは釣れないかもしれません。

ワームに警戒するメバル

完全に魚にワームはエサじゃないと、見切られたり警戒されているかもしれません。こういうとき、手持ちにダイソーワームの透明しかなければ、手の打ちようがありません。

別場所(ポイント)に移動するか、30分~1時間くらい、休憩するというのもありです。あるいは遠投して、まだ探っていないところを攻めるかです。

軽い1~2グラムのジグヘットとワームでも、数十メートル、遠投する方法もあります。この仕掛けを1つ準備していると、思わぬ釣果を得られる確率がアップします。

釣れない時の対策

魚も警戒するので、同じワームで釣れなくなったときや、最初から釣れないときは、色や形、大きさを変えます。

関連記事 メバルはワームで釣る?エサを組みあわせると釣果アップするよ!

大きいものにしたり、小さいものにしたり、半分にカットしてみたり。ダウンショットを試したり。

参考 ダウンショット仕掛けの作り方|覚えると飛距離アップ!

手を変え品を変え、魚にアピールします。もしそれでも反応がないときは、生きエサ、イソメ(ゴカイ)やモエビ、カニなども使うようにします。

どうしてもワームで通したいときは、ポイントを移動して足でかせぎます。潮や水温、地合いもあるので難しいところですが。

その点、何度も通っているとその場所のことが分かるようになるので、適切な対応が取れるようになります。地元の人を見ていると、とても勉強になります。

ワームで釣れないときの救世主もあるよ。>>メバルはワームで釣る?エサを組みあわせると釣果アップするよ!

TOP>>初心者の釣りガイド入門【釣り具選び方・エサ・コツなど】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする