ホワイトバランスの色味の違いをアクションカメラLEVINで撮影した比較画像

カメラのホワイトバランスを意識されていますか?

通常はオートでOKだと思いますが、希に色味が異なるケースがあるので、万が一に備えてホワイトバランスを使うと、どんな色調に変わるのか覚えておくと役立つと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ホワイトバランスを変えて屋外で撮影した比較画像

LEVIN 防水 スポーツカメラ 12MPで、ホワイトバランスを変えて屋外で撮影した比較画像です。

撮影場所の光りで、画像の色味が変わります。画像は圧縮しているので色味だけを参考にしてください。

whitebaransu-levin-1104

晴れはオートでOK・・私はオートで十分ですが・・・。

デイライト(晴れ)がくすんだ感じになっています。もっと鮮やかな青になると予想していたのですが・・・

曇りは赤みがかった感じで、ちょっと暗いイメージ。晴れの日ですからね。蛍光灯がなぜかオートに近い。

タングステンは全体に青い色調になります。空の青はキレイ。

で、どれが一番、肉眼でみたイメージに近いのかというと、私の主観ですが、オートと蛍光灯が一番、色が近い気がします。

というか、この撮影条件では、カメラが、オート=蛍光灯を選択したのかも。

ホワイトバランスで補正されたタンポポと葉の色味に注目

オートで撮影するのを忘れました(汗)。

whitebaransu-tanpopo-1104-01

ただこちらも蛍光灯が目視と似た感じがします。

デイライト(晴れ)と曇りは、緑や黄色はちょっと赤みががかっていますね。ただ曇りの方がより赤みが強く見えます。

タンポポの色って、どれが正しいのですか。記憶やあやふやで、だんだん分からなくなってきました。

それで撮影したタンポポを家に持ち帰りました。

で、いまパソコンの液晶画面のタンポポと、撮影したタンポポ(花と葉)を獲ってきて見比べているのですが、曇りと蛍光灯の間くらいです。これくらいなら許容範囲。

画像処理ソフトでも変更出来るレベルですね。

指を差す女性のイラスト

注意

おそらくディスプレイメーカーや設定でも色味が異なると思います。色は難しい。

ちなみにいま室内で見ているので、窓からの太陽の反射光と蛍光灯の光りで見ています。

通常はオートで良さそうですが、空が青く強調されたり、森などの緑の色味が好みがあるので、変更して画像をチェックしてみてください。

曇りの日は、また印象が変わるでしょうね。

【関連記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする