今からWindows 10 アップグレード!動かないソフトもあるが・・・

win10-wait

残念ですが、無料アップグレードのサービスは終了しました。

今後、入手するなら有料になります。現在は新規でしか購入できないようで、アップグレードの商品は提供されていないので、ハードディスクを初期化して再インストールすることになります。

Windows 10 Home 1万9008円(税込)
Windows 10     Pro 2万7864円(税込)

(使用した感想も記載しています。)Windows 10の予約画面が出現して迷っている人も多いですね。

アップグレードするのは待った方が良いかも。すでにトラブル(エラー)がでています。以前、Photoshopの機能限定版「Photoshop LE」が動かなくなったときはショックでした。

急ぐと、いま使っているソフトが動かなくなるリスクもあります。そこでどうすれば良いのか、ケース別に考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

過去のトラブルに学ぶ

pasokon-traburu

日本にWindowsが上陸して話題になったのがWindows3.1とWindows95ではないでしょうか。

あの当時はNECを初めとする各社の国産OSを捨てて、DOSV機にするかでもめていた時代でした。しかしいま現在、国産OSはとっくに淘汰されているのはご存知の通り。

その後、マイクロソフトさんの戦略で幾度となく、バージョンアップを繰り返してそのたびにシステムを入れ替えたり、パソコンを買い換える羽目になりました。

便利なのかめんどくさいのか、分からないまま使って現在に至ります。

win10

さて、その都度、アップグレードするたび、筆者が使っているソフトが使えなくなりました。

最初の頃は、ハードとソフトがセットになったキャプチャソフトが動かなくなりました。Windows2000のβバージョンでは動いていたのに、正式になると動作しないものも。

気が動転している母親

またプリンターも新しいOSに対応されなくてタダのゴミになりました。

現在のOSは互換性が高くはなっていますが、特に筆者が問題に感じているのはIE(ブラウザ)周りの変更で、動かないソフトがでてくる予感。

古いプリンターは対応してもらえない可能性があります。いま現在(2016年無料アップグレード締め切り直前)もWindows 10用のプリンタドライバーがでていないと、使えなくなるか性能が制限される恐れがあります。

あおそら銀行は、インターネットバンキングが使えなくなる恐れがあるとして、しばらくバージョンアップを控えるように広報されています。

動作確認が終了するのが9月というから、当面は利用者はWindows 10を控えた方が無難。

プリンターが動かない

困った女性

すでにネットワークプリンターを認識しないケースも。

まずは利用率の高いプリンターなどを、公式サイトのダウンロードサイトで確認した方が良いです。確認中となっているものは、状況が明らかになるまではバージョンアップは待った方が良いでしょう。

Windows® 10対応状況の主要メーカーは下記を閲覧ください。

プリンターメーカー名 サイト・閲覧ページ
エプソン 詳細
キャノン  詳細
ブラザー  詳細

一太郎(ジャストシステム)詳細

動作が保証されないケース

マイクロソフトがサポートを打ち切った時点で、大抵、各社からも打ち切られている場合が多い。

OS名 サポート終了日
Windows Vista 2017 年 4 月 11 日
Windows 7 2020 年 1 月 14 日
Windows 8.1 2023 年 1 月 10 日に終了 

Windows XP はすでに2014 年4月8日に終了しているので、セキュリティはないのと同じです。万一の場合も完全に自己責任となります。

Vistaはすでに大手のセキュリティソフトも対応していません。つまり家の鍵を掛けずに外出するようなもので、完全に無防備でウイルス感染し放題です。

日本のメーカーもプリンターなど売れ筋に関しては、頑張って対応しているケースもあります。

あれは大手だからギリギリ出来ているだけで、中小のソフトなどは余り期待できませんん。フリーソフトについても同様です。

フリーソフト各対応状況を確認してください。

  • 窓の杜  Windows 10対応について     詳細
  •  Vector Windows 10対応ソフトリスト 詳細

その他、購入されたソフトの販売サイトなどで、対応状況を全て把握してから、アップグレートを各自が自己責任で判断してください。

動かなくなるソフトの確認

すでにマイクロソフトからアップデートを打ち切られたOSしか対応していないソフト(ツール)類は動かない可能性があります。

amazonや楽天市場などで、早々とレビューなどで対応状況を書き込んでくれている場合は、一応の目安になります。ただしメーカー製や自作などハードの違いで動かないケースもあります。

ドライバーの相性問題もでてくるので、動いたと思ってもどこか動きがおかしい場合や、途中でフリーズ(パソコンが固まる症状)になる場合があります。

レビューでは動作確認を詳細に描き込んで頂けると、大変参考になるので宜しくお願いします。

ライセンスキーなどが必要なソフトで、古いバージョンのものは、動かない可能性が高い。(新しいバージョンを買ってもらいたいので、わざとそのままにしていると思います)。

商売だから仕方ないですね。それに新機能も搭載されているから。

パソコンに詳しくない方へ

Windows 10は以前に使い慣れた設定から、初期設定をどんどん変更させていきます。何も知らずにすすめると、使いづらくなるかも。

2~3ヶ月は様子を見てから、周りの人があまりトラブルになっていないか、メーカーが確認するまで待った方が安心。

すでに無料バージョンアップ、直前ですので決断の時です!

余力があれば、いまのパソコンはそのままに新規に追加するのが良いかも。性能もアップしているので、サクサク動いて快適になります。OSは64bitなら最低でも8GB以上は欲しい。

アップグレードの前にデータを保存

大切なデータをアップグレードする前に、念の為、外付けハードディスクに保存しておくことをオススメします。だいたい1TBで数千円ですから、かなりお求め安くなっています。

メーカーバッファローのDriveStation HD-LC3.0U3/N 3TBで11000円前後。

もしパソコンに、何らかのトラブルがあってもデータを別に保存しておけば、別のパソコンで活用することも可能になります。

それと本体のハードディスクは、いつ故障して動かなくなるかわからないので、まだバックアップをとっていないパソコンは、早急に別途購入して保存しましょう。

写真画像や動画、大切なメールなどは大切にコピーしておきましょう。なおソフトなど別のパソコンでは使えないものについては、取扱に従って対処してください。

情報漏洩の危険があります。
スマホやタブレット、パソコンのセキュリティ対策は必須です。

実際にインストールした

迷っている時間はありませんでした。

Windows 10 アップグレードを「するか、しないか」決断。

駆け込みが増えると、ダウンロードに相当な時間がかかるので、時間切れの恐れもあるので、ギリギリで決断しました。

当日は、全世界でアクセスしているので、間に合わないといねないので数日前にしました。

我が家は、すべてWin10に移行することに。そして、ついにインストールへ。

  • うちの環境では、デスクトップはwin7→win10へは、3時間以上はかかりました。
  • win8 → win10はもうちょい、スムーズだったような。
  • ノートパソコンの方は、win7 → win10へは、なぜか先に進まず、またやり直ししました。

パソコンの環境やバージョンによっても、時間が変わるので余裕を持ってアップグレードはした方が良いですよ。

Windows 10は使いやすい

Windows 10は、Windows 7とwin8の良いとこ取りされているので、パッと見た目も安心。

起動すると色は若干代わりますが、インストールしたソフトのアイコンがデスクトップに並んでいるので、Windows 8の時よりも親しみが湧いてきます。

わずか数十分、いじっていただけでおおよその操作は慣れたので、使い勝手で心配するほどのことはないと思います。

問題はソフトの互換性のチェックだけです。早めに確かめましょう。

動かないので元に戻した

いろいろソフトをチェックしたのですが、良く使うツール類は動いたように見えていました。

動かないソフトがあった

困った女性

この記事を書いているパソコンで、インストールしたのですが残念ですが1つ、良く使うソフトが動作しませんでした。

動作しなかったソフト:カムタジアスタジオ Camtasia Studio 7.11

起動の途中で止まります。win7に戻しても動かなくなったので、一度、アンインストールして、再度、7.11をインストールしたら、動作するようになりました。

互換モードも試したのですが、起動しません。再インストールも試みたのですが、このOSは対応していませんという旨のメッセージが英語で表示されました。

「なんで、英語やねん!」と言いたかったのですが、元は外国のソフトを日本語対応で販売されていて、エラーまでは日本語にしていなかったようです。

結局、元のWindows 7に戻したのですが、意外と簡単に戻せました。インストールに3時間かかりましたが、元に戻すのは15分とか気がついたら戻っていました。

これだったら、もしダメでも安心ですね。

インストールから1ヶ月間は元に戻せるので、その間にプリンターや機器類を調べて、互換性を確認できます。

我が家は、すべてWin10に移行することに決断しましたが、1つはwin7のままにしておきます。これでソフトもハードも使えます(笑)

どうしても決断できなかった方へ

windows7は、2020年1月14日までなので、これを書いているのは2016年7月だから、3年以上も先の話。windows8は2013年。まだ随分と先ですね。

おそらくその頃には、新しいパソコンの買い換え時期なので、別にいまのままでも良いと思っています。

ちょっとだけ負け惜しみも入っていますが、まあ別に困っていないので良いかな。 

今回、やらないという決断が悪いとは思っていません。3年後、買い換えのときにwin10にしましょうよ。どうせ、win11とかになってるでしょう?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする