釣りの荷物運びはコンパクトに!ワインド釣行で持ち歩く便利アイテム!

釣りポイントまで遠く、荷物が重い

私は何でもかんでも、魚に対応しようとして荷物が多くなっていました。

ところがマゴチ釣りのポイントは、駐車場から離れているため、荷物を極力減らすことになりました。

そこで最小限の荷物にするため、あるアイテムを使い、ワームもまとめ身軽に動けるようにしました。

すると、移動が楽になりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

身軽に持ち歩くアイテム

道具はできるだけ減らしたいので、私は両手をできるだけ空けるように、腰にベルトを着けてぶら下げるようにしています。

そこでヘチ釣りなどで愛用している方が多い、プロマリンの落とし込みベルトを使っています。

  • プロマリン (PRO MARINE) 落とし込みベルトDX WPT005

WPT005 落とし込みベルト DX

人気商品のため、店舗が軒並み品切れ状態の時は、商品が表示されません。

通販・最新価格 プロマリン 落とし込みベルトを楽天市場で検索する。

他の商品を調べる場合は、フィッシングベルトで検索すると見つかります。

参考 フィッシングベルトを楽天市場で検索する。

笑顔で指さし これ

これがあると、リールだけを持てば良いので、かなり楽に移動できます。

フィッシングベルトの使用例

フィッシュベルトの使用例

  • ドリンクホルダー(ダイソー製)
  • ラインカッター(PEラインなどをカットする、専用の小型のハサミ)
  • メジャー(取りあえず計る簡易的なもの。ダイソー製)
  • プライヤー:タカミヤ (TAKAMIYA) ステンレスアングラーズプライヤー ベントノーズタイプ ブルー
  • ペンチ:ダイソー製 サビ防止のスプレーをしています。
  • フィッシュグリップ:魚をつかむ道具。魚によっては、手を切る危険あり。素手は危険。
  • 別途、ポーチを1つ追加。ここにワインド釣法の道具類を、まとめています。
  • 元からあるポーチには、ジグやアシストフック、リーダーなどを入れています。

フィッシングベストを活用しても良いと思います。

余裕ができれば、フィッシュグリップも軽量なものを選ぶと良いかもしれません。

ワームの色違いを1つにまとめた

私は丈夫なのが良いので、好んでスパークのワームを使っています。

スパーク 85 赤

ただ、ワームは同じメーカーのものでも、十数種類あるので全部、持っていくと荷物になります。

スパークのワームなら、マゴチを5匹くらい釣っても実用上、全く問題ありませんでした。また根掛かりするような場所ではないので、基本、1色1本しか持っていきません。

スパーク 85 赤も緑も釣れた

赤も緑も釣れた!

そこで私の場合は、5本持って釣りにいきます。

例えば、こんな感じで。

スパーク85

このような小さな積み重ねで、荷物を軽量化できます。

私は4色持っていくので、同じ色のものが2本入りますが、5色にして1色ずつでも構わないと思います。

前回、実釣したときは、赤色、みどり色とも、釣果が得られました。

アタリが無かったり、釣れなくなったときに、色を変えるタイミングだと考えています。

ワームの型崩れ防止の管理

スパークのワームの場合、型崩れしやすい。

スパークとヘッド

そこで、必ず釣行後はジグヘッドからワームを外し、パッケージに戻しています。

また他のメーカーのワームと一緒にすると、溶けたりする可能性がありますので、必ず別々に管理します。

ワームは、基本、平らに置くのがおすすめ。立てるとそれだけ重力がかかり変形の原因になります。まあスパークのパッケージに入れておけば、それはかなり軽減されますが。

まあ、釣行時くらいなら短時間なので立ててもOK。

マゴチを釣るとき持参する道具類まとめ

竿:(シーバスロッド、8~9フィート)硬さはMくらいがちょうど良い。メーカーによってはMHでも良いかもしれません。

スピニングリール:2500番くらいがおすすめ。

リールの糸の巻き直し

PE0.8~1号。リーダーは、フロロまたはナイロン3号。

PEライン

ワーム、ジグヘッド、アシストフック。

私はこれを、マゴチセットとして携帯します。

ワインド ジグヘッド・ワーム・アシストフック

それと保険に、メジャークラフト ジグパラ ショート 20g #29(ピンクイワシ)を、カバンに忍ばせています。これも実績があり釣れました。メジャークラフト ジグパラ ショート 20g #29 ピンクイワシ

ジグパラでマゴチが釣れた!

その他、魚をつかむ道具(フイッシュグリップ)、針外しなどの機能を備えたフイッシュプライヤーなど。

これだけでマゴチを釣れるので、何キロも歩いても平気。

普段、これで歩いてるからね。>> ポケモンgoでダイエット?何キロも平気で歩けるようになった!

まとめ

駐車場から砂浜(サーフ)まで歩くのに、できるだけ身軽にしたい。そんな考えで、ヘチ釣りで使っていた落とし込みベルト(フィッシングベルト)を活用しました。

腰の周りに全てを配置できる様に、必要最小限に道具を厳選。

このおかげで、爆釣ポイントを探り歩くのも楽になりました。

問題は、釣れた魚。

これは必須アイテムです。>> 鮮度抜群!魚を帰るまで生かしておく入れ物や、あれは必須!

そう言えば、この前の釣行は帰り道も超軽量化できました。

釣果ゼロ。

「・・・・」

悲し過ぎる(涙)

参考 命を守る、7000円以下のフローティングベストのおすすめはこれ!


【マゴチ釣りの関連記事】

>> 釣りのトップページ

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする