日本はずるい!子供に勉強をやる気にさせるなら○○を経験させればいい

勉強の好き嫌い

「勉強って楽しいですか?」と聞くと、大抵は面白くないという答えが返ってきます。

それなのに、子供にイヤイヤ勉強させるのって、苦行ですよね。

でも、いきいきと勉強している子供達をテレビで見て、何か違和感を感じました。

なぜ?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

学ぶ理由と好きなこと

仕事をする子供たち

発展途上の国の子供たちが、夜になってからテントのような簡易的な家で勉強をしていました。

  • 昼間は農作業や水くみをしなくちゃいけない。
  • 学校はお金がないので、行かせてあげられない。

だから仕事が終わってから、勉強をする。

幸いその子供たちは、様々な支援でLEDランタンを格安で買うことができたので、その明かりを頼りに勉強していました。(それすら買えない人々も多い)。

といっても、日本のような立派な教科書やノートもないのですが、それでも真剣に学んでいました。

目は輝き、未来の希望を信じているように見えました。

そんな子供、日本にいたかな。

生きるために勉強に勉強する

『将来の夢のため』というと、日本人は「なに、かっこつけてるんだよ」と言われてしまいます。

でもその子供たちは、生きる為に勉強しています。

  • いまの生活を向上させたい。
  • お父さん、お母さんを幸せにしてあげたい。
  • 妹、弟に、美味しいご飯を食べさせてあげたい。

その子供たちの夢の一例です。

将来の夢

  • お医者さん
  • パイロット
  • 看護師さん

この夢、彼ら、彼女たちが叶えるのは、不可能に近いとさえ思えます。

日本でさえ、医師やパイロットは、かなり難しいでしょう。おそらくですが、終戦直後や昭和の20~30年くらいの生活です。

スタートラインが違い過ぎる生活環境

電気もないので、それ以下かもしれません。

食事も1日3度食べるのが大変な生活をされています。もちろん日本のような、栄養・カロリーたっぷりの食事ではありません。

そういう環境で高校や大学に行くのは、並大抵では実現できません。

日本人だったら、高校はほとんどの人がいけます。大学へ行くために、少なくとも勉強する環境は誰でも簡単にそろえられます。

  • 24時間、明るい電灯があります。
  • 食事は、コンビニで24時間、いつでも買えます。
  • ノートだってある。
  • ペンだって、色とりどり。
  • 勉強する教材だって、数え切れないくらい、選ぶのが難しいくらい、山ほどあります。

私の知人で仕事に成功して、世界を旅して思うところがあり、発展途上国に学校を作った人がいます。

先進国と発展途上国の子供たちは、勉強する環境が全く違うので、スタートにもたてていない子供たちが多くいます。

でもそれを乗り越える未来を信じて、いまも楽しく勉強をされています。

日本人はずるい

日本はずるい?

あの子供たちからしたら、日本人全員が『ずるい』くらい、良い環境にいます。

「私の家は、お金がないので大学に進学できません」なんて人がいるかもしれません。

それを友達に話していたら、こんなことを言われました。

友人の話

お金がないから大学をあきらめる?

困った女性

そんなの就職してお金貯めてから、大学に行けば良いじゃん。プライドとか近所の目を気にしているから、行けないと思っているだけでしょう?

「お前、偉そうにいうなよ!」って言われてしまいそうですが、私だって大学の資金は自分で稼いで払いましたよ。

まあ昼の大学はお金がさすがに無かったので、夜にしか行けませんでしたが。

でもそれでも良かった。家にお金が無かったけど、大学に行って勉強がしたかったんですよ。まあ、頭が悪くて苦労しましたけど(汗)

だけど自分でお金出してるから、親もなにも言いませんでしたが。

友人の話はここまで。

まとめ

子供が「勉強のやる気がおこらない」というのは、現状に特に不満もなく楽しい未来も描けないからかもしれません。

世界の現状、真実を見せるとショックに感じるかもしれません。無理させる必要はないと思います。

しかし多少の苦労を経験させたり、挫折を味わうことも将来を考えると必要だと思っています。

とはいえ、いきなり無理をさせる必要はありません。

まずは好きなことを、徹底的にさせてみてはいかがですか?>>子供が勉強しない、あたりまえの理由と、私がやった『ある対策』

そういう取り組みの中で、壁にあたり苦労して成長を重ねていくでしょう。

【人をやる気にさせるヒントの記事】

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする