入社早々に会社で叱られたときの対処法と心の持ち方とは?

怒る先輩

「何をやってるんだ!そんなこともできないのか!」

新入社員が最初にぶちあたるのが、叱られたり怒鳴られること。

「先生にも叱られたことないのに」

学校や塾では、腫れ物のように扱われている人も、会社に入ると厳しくされて戸惑います。

入社して1~2年で3割の人が辞めてしまうと言われるのは、そのような人間関係が大きく関係しているのは、おそらく経験として分かってくると思います。

では、そのとき心の持ち方をどうすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

叱られたときの対処法

まず大事になるのは、新入社員は叱られて当然ということ。

初めから出来る人はいません。

希に世渡り上手で、上手く交わす人や人並み外れた才能を発揮して、叱られることなく出世する人はいますが、そういう人はどこかでつまずくと案外、脆いものだと考えましょう。

問題は、そのときのあなたの対応です。

大きな声で素直に謝罪する

間違っても叱られて、反論などしてはダメ。

「お言葉を返すようですが・・・」なんて、ドラマの中だけです。

もし、議論で返そうとすると、必ず根に持たれてその何倍、何十倍もの仕返しが待っていると考えた方が無難。

家族ならまだしも、仕事の上司や先輩なのですから、まずはあなたが正しいと思っても、「申し訳ございません」「ご指摘、有り難うございます」と、素直にきいて謝罪がベスト。

しかも声は大きい方が、謝罪が相手にしっかり伝わります。口の中でもごもごしていると、「こいつ、ほんとうに分かっているのか?」と、疑われてしまいます。

もしもプライドが邪魔するとしても、ドラマの主人公になったつもりで『演技』をしてみましょう。

スポンサーリンク

あなたは悪くないという気持が大事

あなたが失敗して叱られたとき、謝罪をします。

しかし、落ち込み過ぎるのは良くありません。大事なのは、その失敗を次回はしないこと。

「どうすれば次は、上手くできるのか?」という点を考えて、改善すればOK。

何度も同じ失敗を繰り返さなければ、次第にレベルがアップしていきます。同じ失敗をしないようにすれば、上司や先輩も徐々に認めてくれます。

余裕がでてくれば、同じような失敗をあらかじめ防ぐ方法も身に付けられるでしょう。また関連した失敗も無くすことができるようになります。

そこまで到達すれば、かなりレベルアップしているでしょう。

これって、ゲームと同じなんですよ。失敗したところを、何度も復習してクリアする。そうすれば、自分のレベルがどんどん上がっていきます。

そうなるとラスボス的な存在の、大きな仕事も任せられるようになります。それまでは、自分のレベルをひたすらアップさせることに集中!

「でも、私って会社に必要のない人間に違いない・・・」なんて、思うことはないです!

上司の叱り方がイマイチだと、あなたの人格がダメだと言われているように思えても、それは違います。

仕事で失敗した原因は、あなたの経験が浅いからで、あなた自身がダメではありません。それさえ間違わなければ、落ち込むより前向きな改善に意識を集中できます。

あなたは深い意味では悪くない。悪いのはあなたのレベルがまだ低いから失敗が多いだけ。だったら、失敗する仕事を攻略するようにするだけのこと。

落ち込む暇があったら、対策案を考えましょう。必ず攻略できる道があるハズです。

そこで1つ大事なことがあります。こちらは新入社員についてですが、こちらも要注意。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする