知らない間に感染!隠れインフルエンザにご用心!

隠れインフルエンザ
「隠れインフルエンザの対策、大丈夫?」

友人から、そんな会話を投げかけられました。

隠れインフルエンザの症状は、それほどひどくないからやっかい。

  • 微熱(38度以下)
  • 鼻水

「それって、ただの風邪じゃん!」と思ってしまいますよね。

ところが検査をすると陽性反応、インフルエンザに感染していることが分かると言います。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

怖い隠れインフルエンザ

夏風邪の子供

症状が軽いので、つい見逃しがち。

ところが怖いのは、その周りにいる人達。

  • 小さいお子さん。
  • 受験生。
  • 免疫力の低い高齢者の方。
  • 介護されている方。
  • 体力が落ちている人。
  • 仕事などで疲れている。

もし、このような人が周りにいたら、インフルエンザが感染して重症化するリスクが高まるのは、誰でも予想できると思います。

発熱を感じたら検査

もし微熱で「風邪かな~」と思っても、インフルエンザが流行している時期なら、検査することを強くおすすめします。

医師による診察/診断

「風邪かな、それとも・・・」と、一人で不安になります。

そんな時は病気の専門家である医師の診察を受けて、インフルエンザか、風邪なのか診断を確定させるのが安心。

もし先送りにしていると、多くの方が迷惑を被る危険が増します。家族だけではなく、会社やお得意先、通勤途中でうつす可能性があるので、適切な対処が求められます。

病院にはあまり行きたくありませんが、不安を抱えているよりまし。

スポンサーリンク

検査にでないケースも

私の経験ですが、以前、39.4度まで上がって、すぐに病院に行ったのですが、インフルエンザと確定できませんでした。陰性反応

ただ医師によると、急に発熱した場合、陽性がでないケースもあるとか。

最近は迅速診断検査の普及で、速く分かるようになってきたようですが、感染初期の頃は分からないこともあるようです。

ちなみにその後、家族がインフルエンザで確定したので、私も隠れインフルエンザだったようです。薬は感染していると想定して、同じものを出されました。

予防接種を受けて、症状が軽くすんでいるだけの場合も、隠れインフルエンザの可能性が考えられます。

「予防接種したら、流行の型と一致していたら、かからないでしょう?」という人がいますが、感染します。

症状が軽くすむだけで、感染自体は防ぐのは難しいようです。つまりそういう人も、隠れインフルエンザの可能性があります。

こちらのQ&Aもチェックしておきましょう。

参考 インフルエンザQ&A|厚生労働省

まとめ

体調がおかしいと感じたら隠れインフルエンザかも。すぐ医療機関を受診しましょう。

これで決まり!

  • いつから体調がおかしいのか?
  • 熱がでたのは、いつくらいなのか?
  • 家族や友人、職場の同僚にインフルエンザに感染した人はいないか?

このような情報も大事なので、医師に確実に伝えるようにしましょう。

また注意したいのは、一度、インフルエンザに感染してもそれがA型であれば、B型など異なる型のウイルスには感染するので、体調管理は十分に気をつけましょう。

【関連記事】

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする