ワンピースの横井庄一さんへの批判について疑問!歴史上の人物はどうなのよ?

○ ×

人気コミック(アニメ)ワンピースで、横井庄一さんの記載で謝罪があったという記事を読み、ある疑問が湧いてきました。

批判する人擁護する人、両方の気持は理解できます。

しかし・・・だったらもっと批判したり擁護することが山ほどあるよ。

横井庄一さんと歴史上の人物はどうなの?

私は歴史上の人物を取り上がるときは、ほぼ、必ずこのように記載します。

  • 織田信長 公
    織田信長 氏

しかし、なぜか世間では呼び捨てになっています。

なぜ横井さんは、さん付けなのに、歴史上の人物は多くの人が呼び捨てなのか?

そこが、ずっと疑問に感じていました。

歴史上の人物は良いのか?

ワンピースの件でいろいろと考えさせられました。

コミック、アニメなどで歴史上の人物そのまま、あるいはもじった名前で物語りが作られています。

疑問

例えば、漂流物、放浪者という意味の『ドリフターズ』。そんなコミックがあります。少年画報社の月刊漫画雑誌『ヤングキングアワーズ』で連載されていて、私はアニメを見たことがあります。

このような歴史上の人物をコミックで、しかも歴史とは全く関係のない内容で登場させて良いのだろうか?

架空の人ならともかく、歴史は継続していて現在もその子孫の方々がいて生活をされています。

内容が良い悪いはともかく、勝手に使って良いものなの?

この辺りの定義付けを聞いたことがありません。不勉強と言われればそれまでですが。

スポンサーリンク

歴史の出来事は茶化して良いの?

日本の国を良くしよう、変えていこう、変革していこう。そんな想いでこの国の行く末を考えて、歴史が動いてきました。

あるいは、生き残るために命をかけて戦い、実際に命を落とした人、奪った方もいます。

しかし、その時代、日本国憲法や法律はなく、いまのような三権分立も裁判所もありません。だから私たちが、過去の歴史をとやかく非難するのはどうかとも考えます。

その当時は、それが正義。

考える女性

しかし、いまの現代人が例えば『本能寺の変』と、歌を作ったりしていいものなのでしょうか?

という理論になります。

お互いに歴史を動かした人たちであり、大きな意味でいえばご先祖様たちです。

何をバカにしたり、非難できるでしょうか?

もちろん歴史を学び、反省すべき点や、こうすればどうなっただろうか?

そのような机上の学問的な検証は否定しませんが、それを扱っていいものなのでしょうか?

ワンピースの横井庄一さんの件で非難するのであれば、そのような歴史上の人物の件でも同様な対応が筋だと思います。

日本や世界のトップへの非難

最近は人権についても問題が複雑化していますが、例えば日本の首相への非難も、私はどうかと思います。

仮にも日本国民が選んだ政治家のトップ。つまり日本を命かけで守って良くしようとしている責任者です。

「え~」という方がいると思いますが、裏側まで知らないですよね。私たちは。論理的に冷静になって、情報の裏側まで読み解いて考えなければ正しい判断ができません。

主義主張はどうあれ、国のトップの責任者への言葉遣いがイマイチ納得がいきません。

これは日本だけではありません。

  • アメリカのトランプ大統領への言葉。
  • 中華人民共和国、最高指導者の地位の国家主席である習近平氏への言葉。
  • 元首であるウラジーミル・プーチンロシア連邦大統領への言葉。
  • 朝鮮民主主義人民共和国 第3代最高指導者 金正恩朝鮮労働党委員長への言葉。

その国のトップの方々です。民主主義とか社会主義体制とか関係なく、それ相応の呼び方をしなければ失礼にあたると思います。

仮に会社で嫌いな上司がいたとしても、まさか呼び捨てにされていませんよね?

最低限、敬称はつけるべきだと考えますが、いかがでしょう?

名前を呼び捨てにされるのは、イマイチ疑問に思います。

ちなみにここに掲載したそれぞれの国のトップの方々は、まだまだ安定しない地球の政治環境の中で、かなり慎重かつ戦略的に行動されていると推測します。

正しいかどうかは、数百年後、あるいは数千年後に歴史としてどう判断されるかですが。

メディアに取りあげられているニュースは、ごくごくわずかの内容で実際に裏ではかなり様々な対応をされていることと思います。

そういった意味で、私は尊敬の念も抱いています。もちろん主義主張が異なるのは、その国の歴史の成り立ちが異なるためです。

もしあなたが他国で生まれていたら、今とは全く異なる思考をされるでしょうから。

20代で一国の国家元首になって、世界で対等に振る舞われるのって、すごいと思われませんか?

私には想像もできないことです。

故人の方は敬う、触れない

歴史上の人物、一般の人にかかわらず、故人は敬う、あるいは今の時代はあえて触れないのが良いのかもしれません。

不謹慎なことを発表しても故人の方は、反論できません。

現在私たちが知っている歴史や事実は、真実ではない可能性があるから、故人をおとしめたりけなしたり、そういうことはせず、あるいは触れないのがよいと考えます。

もしかしたら、歴史が書き換えられる可能性もあります。

同様にまわりの先輩方、高齢者の方々がいてこその私たちの日本。敬う心は常に持ちたいと、反省も込めてまとめています。

スポンサーリンク

まとめ

コミック、アニメ、書籍、映画、メディアなどで取りあげる場合を想定して、何かルールを決める時にきているのではないでしょうか?

まあ、ルールは時代によって変わるのですが・・・コミック ワンピースの世界政府の正義も、立場が変われば正義か悪か変わります。

歴史上の人物、有名な人、国のトップの方への記事や言葉は、慎重にしたいものです。

もし異論があれば、資料を提示して、誰もが論理的に検証できるようにすれば、素晴らしい議論ができるかもしれません。

ただ、いまのメディアは都合の悪い情報は、伏せたり放送しない正義なので、私たちは相当に裏まで考えて考えをまとめたり行動しないと大変なことになるでしょう。

ちなみにここで書いた内容も、あくまでも私の一個人の見解であり正解ではありません。それぞれの人が、それぞれの考え方を発表できるネットという場があるので、ぜひ活用してください。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする