賛否両論に疑問!つまりどういうことか、詳しく説明してよ

考える女性

政治ニュースにしても、地方の問題についても、記事を読むと必ずと言っていいほど、

『賛否両論も』との文字が添えてある。

でもそれ、気軽に使い過ぎてやいませんか?

どんなものにも賛否なんてあって当たり前、それを取りあげるならもう少し情報をください。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

賛否両論の伝え方に異論

「賛否両論を批判するのか?」と、つい先日友人に叱られてしまいました。

まあ、なんと言いますか、批判的な意見もあって良いのですよね?

賛否両論を支持されるのなら?

問題はそこじゃない。

サッカーワールドカップでも、ポーランドとの戦いで、西野朗監督の采配に賛否がありましたが。

賛否の割合が知りたい

自由と民主主義の国家ですから、いろいろな意見があって良いし、発言しても発信してもとがめられることはありません。

例えば地方の鉄道路線が廃止されるというニュースがあると、賛否両論が記載されます。

鉄道の利用者が、ピーク時の1/50以下にまで落ち込み、さすがに赤字路線をこのまま存続させるのは困難というのが、鉄道廃止の肯定派の意見。

一方、反対派は長年利用してきたので、このまま運用して欲しい。鉄道が無くなると困るという。

夕日を眺める女性

さて、このような賛否はどこにでも、どんなことでも発生します。

問題は、賛成派と反対派の割合がどれだけなのか?

民主主義国家は、多数決で物事を決めるルールです。

鉄道廃止を賛成する人が9割で、反対派が1割だったら、納得して受け入れるしかないのでは?

反対しても覆ることはあり得ない。だったら、鉄道が無くて困るなら、早急に代替手段を考えないと、さらに困りませんか?

これが仮に鉄道廃止を反対する人が9割いたら、話しは変わります。

だからこそ、賛否の割合を明らかにしないで、ただ賛否両論が巻き起こっている!なんて書いても意味がない。

もしもニュースで『賛否』なんていう書き方をされていたら、実は反対派はごくごく少数の可能性が高い可能性があります。

スポンサーリンク

『賛否も』の書き出しに注意!データの取得も開示すべき

ビジネスの未来

『賛否』に疑問を持ったのは、否についてのデータをどのように集めて、どれだけの数字なのか伏せられていること。

問題はデータの取り方。

仮に鉄道利用者だけにアンケートをとれば、廃止路線に反対する人の割合を高くすることができます。

だから賛否の割合だけではなく、そのデータをどのように集めたのかも開示する必要があるわけです。

それをしないと、好き勝手に結論を変えられる。

そこまでして、多くの人が納得して得たデータに対して、賛否を問うなら分かります。

強者の都合の良いようにデータを集められないように、注意しないといけませんね。

少数派の意見はどう取り扱う?

問題は、鉄道を廃止すると困るから反対している人達の意見。

生活に密着している人々が一定数いらっしゃるので、鉄道関係者の方には配慮して欲しいですね。

大抵の場合、すでに代替にバスが運行されているので、実際に問題になることはほとんどないようです。

利用者が少ないなら、バスの方が利用しやすいでしょうね。この場合、もしバス亭まで遠いから反対しているだけかもしれません。

だったら現在の鉄道の駅に付近に、新たにバス亭を新設すれば問題は解決します。

ただ・・・もし、利用者の大半が納得しているのに、利用もしていないのに反対している人が一定数いたら、それはそれで問題になります。

良くは分かりませんが、何らかの利権に絡む人もいる可能性がありますからね。ここをどうするか・・・です。

  • 完全に議論を終わる。
  • 議論を継続して納得するまで、意見を聞いて対処を検討する。

どうするのが良いのか?

この決定も多数決で決めるしかなさそうですね。

100%少数派の方の意見を聞き続けていると、何も決まらないですから。期限も予算もあることですし。

まとめ

私の場合、どちらかというと少数派になることが多く、やるせない気持になることがあります。

しかしもし本当に自分の意見が正しいなら、仲間を増やしていくしかありません。

日本は民主主義で自由主義で法治国家ですから。もしも少数派の意見を通そうとするなら、それしか方法はありません。

てなことで、少数派な私は、これから水耕栽培でもやります。楽しいのに。ホント、少数派です。

秋に実ったミニトマト

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする