足が痛くならない靴になるグッズ厳選3選!テーマパークで歩くのが楽しくなりました。

靴を履いている女性

「痛い!」

テーマパークに出かけると、いつも困るのが靴の傷み。

行列に並ぶのも、園内をある国しても靴が痛いと、せっかくの楽しみが台無しになります。

そこで足が痛くならない靴とグッズを厳選して紹介します!

痛みの場所と対処法

新しい靴でも履き慣れていても傷む場所は同じ。

足の裏の痛む場所

指先からカカトまで体重がかかる部分に痛みが集中します。

ただしつま先は靴の形状と合っていないもの、靴が小さいときに傷みを感じやすくなります。

カカト部分では、下記のイラストの部分に痛みを感じることがあります。この部分が痛くなるのは、靴のかかと部分を踏んでしまうと、

靴のかかと

靴のかかとを踏むことで、下記の赤い補強材が曲がってしまい、それが足のカカトに接触することで痛みを感じます。

カカトの痛みを示すイラスト

これを自分で直すのは難しいでしょう。逆方向に曲げる方法もありますが、靴を傷付けたり形が歪む可能性もあります。

靴の形を修正するグッズ

靴が型崩れしてしまった場合に、それを修正するアイテムが販売されています。

美脚革命シリーズ シューズ ストレッチャーという、きつい靴や痛い靴を調整するものです。

デザインを崩さずに修正・調整できる便利グッズで、靴のサイズも幅広く対応しています。

男性用は24~28cm
女性用は22~26cm

大抵の靴は、これで調節できるでしょう。

つま先クッション

歩くときに足にかかる衝撃を、つま先クッションというアイテムが和らげてくれます。

その他にも使用者はこのようなところに満足されています。

  • 滑り防止。
  • 大きめのサイズでパカパカしている調整用にもなる。
  • 接着剤は使わない。

かかとインソール

「もう歩けない」。
長い間、立っているとしこりができたように感じるくらい、足が痛くなります。

また長時間歩くと、かかとに負担がかかり疲れてきますね。

そんなときに衝撃を吸収してくれるアイテムが、靴の中に入っていればかなり楽。

立ち仕事をされている方や足底腱膜炎の人にも、このアイテムが支持されているのが分かる気がします。

まとめ

足が痛くならない靴になるグッズ厳選3選は、いかがでしたか?

この3つがあれば、大抵の来るの痛みは解消できます。

  • シューズ ストレッチャー
  • つま先クッション
  • かかとインソール

ただし、足のサイズや形に合っているのが基本です。

ぜひアイテムを活用して、楽しくテーマパークなどで楽しみましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする