プロモーション

本サイトはプロモーションが含まれています。

【2024年版】レモンの木を鉢植えほったらかしで1年育てたら、とんでもないことに!

レモンの鉢植え

巨大レモンの実! ソフトボールサイズに。

鉢植えでレモン栽培をほったらかしに。

6年程まえ、レモンが7個成っている鉢植えを購入し室内で栽培を始めました。

鉢植えで大きな実がなるのは衝撃的でした。国産レモン、家で栽培できたら素敵です。

1年目、2年目も、大きなレモンをついに収穫することできました。しかも、水やりと年3回の施肥以外はほぼ、ほったらかし。それほど難しい管理はしていません。いくつかトラブルは発生しましたが。

でもその先に、巨大なレモンの実りがありました♪

この記事のポイント

笑顔で指さし これ

この記事は、レモンのほったらかし栽培と、巨大な実がなった理由についてまとめた内容になっています。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)レスポンシブ

レモンの木を鉢植えでほったらかし栽培

最初の2年は、レモンの鉢植えは剪定も植え替えもせず、ほったらかしで栽培したら、ソフトボールほどの実になり順調でした。

「なんじゃ、これ!」

実が大きいレモン

で、でかすぎる!

摘果したら実が大きくなる

果樹全般に言えるのですが、実を摘果すると大きくなる傾向にあります。

鉢植えでも摘果しすぎると、ソフトボールくらいのサイズのものが成りました。品種にもよると思いますが、ある程度の個数はならせてもよさそうです。目安は葉数25枚に1個の実をつければOKですが・・・このサイズだと・・・。

摘果もほどほど(笑)

最終的には地植えにしたら100個近く収穫できるまでになりました。正直、そこまで実ると使いきれません。

ポイント

実をたくさんつけたら、市販のレモンみたいな小ぶり?のサイズで、実の形も同じような楕円形、フットボールみたいな形状になりました。これくらいの方が使いやすい。

レモンのほったらかし栽培は2年を目安に植え替え

1年目は、ほったらかしで順調でした。

レモンの実り

「レモンの鉢植え栽培、楽勝じゃん」と。

2年目は実が少し調整して実を減らしました。鉢植えで実を付けすぎると、木への負担が大きくなり弱ってしまうからです。

そこで摘果するのですが、実が大きくなりそうなら、グリーンレモンとして何個かは早めに収穫するのが良さそうです。

花が咲いてレモンがなった

実は12月の下旬に収穫したのですが、それからしばらくしたら、なぜか、こんな真冬にレモンがつぼみをつけ始めました。

レモンが冬に蕾をつけた

レモンの木を鉢植えで1年育てたら、真冬、お正月でも温かい日がつづけば蕾をつけることが分かりました。

レモンの適応能力の凄さに関心させられました。

まだこれから真冬に向かうというのに、外が温かい日がつづいたので春と勘違いしたようです。※2年連続で同様に花が咲きました・・・・が、実はつきませんでした。さすがに寒かったようです。

6月頃に、レモンの木が今年、2回目の花をつけました(真冬に花が咲いたのは落花しました)。これは問題なしです。また春に花が咲きます。

で、春になると花が咲き実を付けました。

まだまだ小さいですね。7~8個も実っていますが、大きくなるので少しずつ摘果して、最後は良さそうな1個にします。

たくさんのレモンの実5月28日撮影:たくさんの実のレモン

どうなるかな。しばらくすると、レモンは大きくなりつつあります。

レモンの実

雌花が10個くらい花を咲かせましたが、あまりならせると全部、落ちる危険があるので、5個くらいにしてある程度で摘花(花が多すぎるので、一部を取り除くこと)することにしました。あまりにもほったらかしだと暇なので、ちょっとだけ作業も。

最終的には3個にして、残りを摘果実を落としました。その後、安定して実が大きくなり続け、3個、レモンを収穫することができました。

レモンの実り

筆者撮影:12月17日

相変わらずソフトボール大なんですよね。品種が不明ですが、いつも感動します。ちょっと摘花しすぎたかな。

※後日談・・・鉢植えから地植えにして、実がたくさん成るようになったら、普通サイズのレモンになりました。実をあまりにも少なくすると、実が巨大化するようです。目安は葉25枚に1個。もしかしたら50枚とか100枚に1個くらい実を成らせると、栄養があり過ぎて巨大化するのかも。

この後、ずっしり重いレモンを収穫しました。ほったらかしなんですけどね。初めての栽培はやっぱり分からないことだからで緊張もします。

こんな感じで手抜きの鉢植え栽培ですが、初めてにしては良くできたと思います。

まとめ:レモンの木を鉢植えでほったらかし栽培

実はレモン栽培は簡単なのでは?難しく考えすぎると余計なことを、知らず知らずやってしまっている可能性も。

そういうときは、初心に戻りちょっと手抜きして、ほったらかし気味にするくらいがちょうど良いのかも。真夏は毎日の水やりを欠かさず、真冬は寒さ対策さえやれば、実り自体は難しくはなさそうです。

実は鉢植えのほったらかし栽培。水やりがネックで自動潅水も考えましたが・・・水やりもめんどくさいので、地植えでさらにほったらかし栽培

地植え2年目で30〜40個のレモンが実りました。数をたくさんならせると、市販のレモンの大きいくらいのサイズにはなりました。

あ、あと1つ。もっとたくさん収穫したくなり地植えしたら・・・

地植え3年目は、またえらいことに。採れすぎて・・・レモンジャムにしたり、お裾分けもしましたが、地植えはちょっとやりすぎたかも。とても使いきれません^^;

詳しくは下記の記事に写真入りでまとめました。下記の写真は、収穫した一部です。

地植えレモンの収穫

参考 レモンの木は地植えほったらかしで!とんでもない収穫量に!← 地植えは獲れ過ぎ注意!

【室内でレモンの鉢植え栽培記事】

  1. レモンの木を鉢植えでほったらかしで1年育てたら、とんでもないことに!← この記事
  2. 【保存版】鉢植えレモンの育て方!室内で鉢植え栽培する手引き!
  3. レモンの葉の裏の大量の虫(ハダニ)を水スプレーで虫除け
  4. 鉢植えレモンの葉が黄色になり枯れてきた(対処法)
  5. 【レモンの木】挿し木の簡単な方法
The following two tabs change content below.
釣りやほったらかしのレモン栽培などをきっかけにブログで発信。40坪ほどの畑を借りて100種類ほどの野菜を栽培していた経験も。
このブログが消えかかっています。・

ご縁に感謝
土下座
お気に入り・ブックマークで、たまに訪問して頂ければとても嬉しいです。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)レスポンシブ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)レスポンシブ