ダンボールを防水加工する防水スプレーと新しいアイデア!

引っ越し中

水に強ければ、屋外でも使えるのに!

ダンボールは加工が楽で、子供の工作にも使われています。

ところが耐水性がないので、水や湿気に弱く長持ちしない欠点があります。

そこで水につよいダンボールにするための、いくつかのアイデアを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

水を弾く防水スプレー

定番の防水スプレー アメダス

ランキング1位

いくつかのタイプがありますが、ダンボールに適した人気の商品があります。

その中でもレビューが高評価のこちらのアメダス 防水スプレーが良い感じです。

初めて防水スプレーを使う方は、まずはアメダスが撥水効果を試すのに最適です。

ダンボール用とは書いていません。そもそもダンボールを防水する用途がまだ少ないからでしょうね。最先端の使い方をしているのかも。

ダンボールを防水する方法

防水スプレーは、ダンボールを防水するには、手軽な価格だとは言い難いです。

そこでオススメな方法としては、次のような方法があります。

  • ペンキで塗る。
  • アクリル絵の具で塗る。
  • アクリルのスプレーを吹き付ける。
  • ラッカースプレーを使う。

アクリル絵の具もアクリルスプレーも乾くと耐水性があります。

いずれもホームセンターで手軽に入手できます。

特にお手軽なのはアクリルスプレーで、シュッと吹きかけるやり方です。ただし100均のものは、避けてください。

ダンボールは面積が広いのですが、100円ショップのスプレーは少量しか入っていないので、すぐに無くなります。

困った女性

そうなると何本も、十数本も買わないと足りなくなると、結局は高くついてしまいます。それなら防水スプレーのアメダスでも良いかな~ってなっちゃいます。

あくまでもごく少量の場合のみ、100円ショップのスプレーを使いましょう。色は素材が活かせる透明なものから、各種揃っているので、一度のぞいてみてください。

ダンボールの弱点

笑顔

防水スプレーや、ラッカー、アクリルのスプレーを使えばなんとかなりそうです。

ただ問題点があります。それはダンボールの端の部分。切り口は防水しても水が入り込みます。

一旦、内部に水が侵入すると内側から壊れていきます。残念ですが自宅で私達が内部を防水にはできないので、あきらめるしかありません。

端の部分をテープで貼って、その上から塗装すれば防ぐことはできる

大量の使うなら防水処理したダンボールもある

魚や農産物の運搬用の特別なダンボール。

プロ使用になりますが、実はダンボールを防水処理したものが存在しています。

ただし一般の人向けには、あまり販売されていないので、特注になります。価格も通常のものよりも、かなりお高いので予算に上限がない方向きです(笑)

撥水ダンボール、耐水ダンボール(はっ水ダンボールの強化版)などの種類があります。

参考 撥水ダンボールと耐水ダンボール

【番外編】アンビリバボーで紹介されたネバーウエット

要注意

アンビリーバボーで紹介された、こちらのうたい文句の商品がありますが、

驚きの防水スプレー!ネバーウエット Never wet 9oz

あまり評判が良くないので、避けた方が無難かもしれません。スプレーする素材を選ぶので、取り扱いが難しくレビューやコメント、評価はかなり低くなっています。

素人が使うのは難しいかも。プロ用かな!?

まとめ

ダンボールも耐水性を持つと、使う用途が広がります。

もし紙にこだわりがなければ、プラダンボール(ダンプラ)を使う方法もあります。

ダンブラ

ホームセンターで簡単に入手できるので、販売コーナーを訪れて強度などを確かめてみてください。

工夫次第でDIYなどで、様々な用途で活躍できます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする