光触媒スプレーを造花にシュッ【作り方】吹きかけるだけ!

光触媒の造花

ただの造花だったら100円で買える時代ですが、光触媒の造花は数百円~。

光触媒が注目されたのは、愛知万博のときに採用されたのがきっかけで、広く知られるようになりました。(愛地球博 愛知万博内レストランなどにコーティングされていました。)また、光触媒の「モリゾー&キッコロ」の貯金箱なども販売されています。

そんないま話題の光触媒の機能で自宅で簡単に造花が作れる、光触媒スプレーについてご紹介します。これさえあれば、お手頃価格で光触媒の花(造花)や光触媒観葉植物を手軽に作れます。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

光触媒スプレー『東芝 ルネキャット』

用意するのは造花、作り物の観葉植物。そして何と言っても今回の主役、光触媒スプレー。材料はこの2つだけ。

しかも造花に使える光触媒スプレーは、東芝さんのルネキャットが主流。特許や品質などの面からも大手さんの商品は安心感があるので、通販などでもたくさん扱われています。入手もしやすい。

お値段

東芝 ルネキャット 光触媒スプレー 布・繊維用 180g 送料込み約2100円

イチオシ

参考 東芝 ルネキャット 光触媒スプレー 布・繊維用 180gを楽天市場で詳細を見る。

従来の商品は、太陽光や間接的な光がないとだめだったのですが、このルネキャットは、『室内光』やLEDなどの弱い光でも効果を発揮する技術の高さも人気の1つ。

光触媒 造花の作り方

光触媒スプレー『ルネキャット』で紹介します。

ここがすごい!

使い方は簡単で、造花にルネキャットをスプレーすると完成。重要なのはスプレーを噴射する時間。

お花から15~30cmくらい離れたところから、スプレーします。目安は7cm×7cmの面積に4秒かければ、光触媒の造花が完成します。スプレー時間は長いほど効果は大きくなりますが、その分、スプレー缶が早く減ってしまうのでほどほどで^^;

下記のお花は自宅にある、光触媒の造花と観葉植物です。すべて作り物のお花ですが、かなり完成度が高いのでお気に入りです。

hikarisyokubai-zouka02hikarisyokubai-zouka03

胡蝶蘭など自宅にあるお花の写真です。

hikarisyokubai-zouka05hikarisyokubai-zouka06

hikarisyokubai-zouka07

光触媒の観葉植物
(光触媒の観葉植物)

光触媒スプレー『東芝 ルネキャット』が、1本あればかなり使えます。

60gと180gのスプレーがありますが、180gのスプレーなら畳でいえば、9畳(約15のサイズを光触媒にすることができます。スプレー時間は約3分45秒程は使えます。造花を相当な数、光触媒仕様にできますね。

買ったきた造花や、手作りのフラワーにスプレーすれば光触媒のお花になるのがすごいです♪ 花の日にプレゼントしたら、かなり喜ばれそう。

参考 公式サイト

光触媒の造花のお値段の例

消臭の効果

部屋の中で空気が循環するほど、効果が期待できます。

室内や車内の布製品が対象です。(車用があります。)布シートにスプレーすると効果的。新車の独特の臭いがなくなったという方も。

運動靴の臭い。ペットなどの嫌な臭いに使用されています。業務用の光触媒業務用液(ルネキャット®使用)は、冷蔵庫の臭いにも効果があったという。

※効果を保証するものではありません。取り扱い説明書はよく読んでから使用しましょう。

注意

スプレーしたらすぐに臭いが消えるというものではなく、徐々に光が当たると臭いが分解されていく感じです。ただし、生ゴミが真横に置いてあれば、とてもじゃないですが臭いを分解しきれません。

もしそんな場合は生ゴミに直接、光触媒スプレーをする方が効果が高そうですが、お値段を考えるともったいないので、生ゴミの方を片付けた方が良さそう。

光触媒の花や観葉植物の手入れ

水を与える必要はありませんが、光で分解してくれるので、葉っぱや花にホコリが付いてしまうと効果が期待できません。

柔らかいタオルを少し絞って、優しく拭くと良いでしょう。

光触媒の花をもらったけれど本物なの?【コラム】

見た目では分からないですが、有名なショップさんで購入すれば大丈夫だと思いますが。

心配な方は、自分でスプレーすれば本物の光触媒のお花になります♪
光触媒のお花に、さらにスプレーしても効果が高くなるだけです。

これからは観葉植物や造花だけではなく、消臭や抗菌でも使おうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする