栄養ドリンクのビンで水耕栽培!【育てやすいチンゲン編】

「栄養ドリンクの瓶で水耕栽培? そんなの無理でしょう?」

「育ちましたよ!」

水耕栽培と言えば、難しそうな装置が必要な市販品もありますが、我が家では栄養ドリンクのビンを使って育てています。

可愛い水耕栽培で育てた野菜を見て下さい。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ドリンク剤のビンで水耕栽培

チンゲン菜を栄養ドリンク剤のビンで育てました。

チンゲンサイのビン栽培
(2015年12月6日 筆者撮影)

上から撮影して、葉の広がりを見てください。ドリンク剤のビンでも、お試しで水耕栽培をやってみたいという方にはぴったり。

下の写真は横から撮影したところ。

tingensai-bin-2015-12-06

上からの写真の方が、葉の広がりは分かりやすいですね。ビンで育っていますね!

チンゲン菜は育てやすい

家の窓辺で育てるなら、チンゲン菜がぴったり。

笑顔で指さし これ

その理由は・・・ビンが小さいとチンゲン菜も小さく育ってくれるので、周りに『わさわさ』葉が広がりスペースを取らないこと。

ミニ野菜

大きく広がらない、ミニチンゲン菜が収穫できます。小さいので栄養分をゆっくり吸ってくれます。

栄養ドリンクのビンの大きさは、100ml(100cc)と小さいので、大きく育つと1日も経たない間に、水を吸って枯れてしまうことも。

ゆっくり水を吸ってくれるおかげで、撮影時の12月初旬、窓際の水耕栽培なら、水やりは2~3日に1回で十分でした。

水耕栽培で、長く続かるためには、毎日、水やりをしないでも栽培できるミニチンゲンサイはぴったり。

小さく育てる方法

野菜を小さく育てるには、栽培用の容器を小さいものにすれば、たいていの葉物野菜なら小さく育てられます。(トマトなどは100mlでは難しい。)

『葉っぱもの』野菜全般で言えることですが、根っこが張らなければ葉の部分も大きく育ちにくいです。

例外はあります。例えば青じそ。あれをビンで育てたらびっくり、予想よりも大きくなってしまって驚きました。

ミニ野菜を育てる場合は、植える種類を考えないと立派すぎて100mlのドリンクのビンでは小さすぎます。

大きく育てる方法

容器を大きくすれば、その野菜の本来の大きさに育てることができます。他の記事で紹介予定。

とは言っても、お風呂のサイズの容器は、普通のお宅では用意できないですよね。もしできれば、トマト栽培はすごいのができそうです。

当サイトでは、手軽に育てられるサイズで、長くのんびりできる水耕栽培をこれからもお届けしていきます。

栽培に必要な物

  • ドリンク剤などのビン
  • 水耕栽培用の肥料
  • スポンジ

参考 水耕栽培の種まき|コピー用紙やテッシュペーパーを使った方法!

水耕栽培って、面白いですね~

室内でミニトマトで、グリーンカーテンを作れました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする