酒で息が臭い!リンゴジュースで原因を解消!【二十歳以上】

お酒のつきあいも仕事。だけど翌日の朝、酒で息や体が臭くて後悔してしまう。そんな経験ってありませんか?

わかってはいるけど止められないですよね。そりゃ断ると、その後の関係が壊れて仕事にも影響が出ちゃうおそれがあります。それなら酒の臭いを早く消して上手に付き合っていくのが得策ですね。

そこで調べていたら、なんとあのリンゴジュースが酒の臭いを早く消すのに効果的だというのです。できるだけ分かりやすくお伝えしますね!

※二十歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

リンゴジュースが口臭に効果的

リンゴジュース

リンゴ果汁を飲むと、二日酔い防止になるってご存知でしたか。この果汁にはリンゴポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールって、口臭を消す働きがあるので食事から発生する臭い成分を分解してくれる優れものなんです。

だからお酒だけじゃなく、おつまみに入っているニンニクの悪臭にも効果あり。なんて凄いんでしょう!お酒で息が臭い時は、1杯飲んではいかがですか。

りんごでも効果あり

別にリンゴジュースでなくても、りんごでも良いのです。ビタミンCやポリフェノールは同じですから。特に皮に栄養が多いので、ぜひ皮付きで!

ではなぜジュースがおすすめかというと、ジュースは入手性が良いから。りんごは季節の果実。季節外れだと販売されていないところもあるから。

りんごジュース

季節に左右されないジュースなら、手に入りやすいメリットがあります。どこでも手軽に飲めるという点から言えば、ジュースに軍配が上がると思います。

冷蔵庫にリンゴジュースがなければ、早速近くのスーパーかコンビニで買って飲んでください! 

注意点

リンゴジュースは果汁50%以上のものでないと、あまり効果が得られません。よくある果汁10%というのはダメみたい。ストレートタイプの果汁100%ならバッチリ。

体臭を消すには

疑問を感じた女性

お酒は口臭だけではなく体臭も強烈です。やっかいなことに、お酒を飲むとアルコールが血液中に取り込まれて体中に拡散してしまい、お酒の臭いが体中からすることになります。

リンゴジュースに含まれるある成分で、さらなる効果があったのです!

ビタミンC

ビタミンCにはアルコールの分解を助ける働きがあります。リンゴジュースはまるごとりんごの75%程度含まれています。ジュースで飲みやすいので十分に効果を期待できます。

ただしミカンなの柑橘系は、酸性なので避けた方が良いそうです。迷わずリンゴを選択しましょう!

ドリンク剤も効果が期待できる!

栄養ドリンク剤の中に、タウリンを配合しているリポビタンDなどが、コンビニでも手軽に入手できるのでおすすめ。しじみ汁なども二日酔いに良いのはタウリンが豊富に含まれているから。

これで決まり!

タウリンは肝臓の酵素の働きを補助して、アルコールの分解を促進してくれるので、二日酔いにベストな選択です。アセトアルデヒドの分解も助ける働きもあります。

できれば飲み会の前に飲んでおくと、より効果的かもしれませんね。前日の疲れも緩和を期待して飲むと気分も楽になるかも。

ところで、臭い消しと言えば、あれ、どうなんでしょう。

牛乳で二日酔い予防は可能なの?

牛乳

リンゴ以外にも牛乳が良いと聞いたことありますよね。

たしかこんな理論だったと思います。

牛乳は飲むと、胃の粘膜を保護してアルコールを飲んでも悪酔いしない。

と言われていますが、果たして効果はあるのでしょうか?

結論からいうと効果なし。

困った女性

なぜかというと、

牛乳は分子が大きく、アルコールの分子は小さいので牛乳の膜を簡単に通過できる。しかも胃に牛乳の膜を作れたとしても、食事してお酒を飲めば簡単にそんな膜は流されてしまう。

確かに良く考えてみれば分かりますね。飲みたいので、なんとかすがる思いで誰かがアイデアを出したのかもしれません。いまでは都市伝説となっているようです。

 いろいろ酒を消す方法がありますが、できれば翌日まで臭いが残る程、飲まないのが体にも一番良いのですが、つい飲んでしまいます^^ 

酒臭いのが翌日の朝までする理由

いままで臭いの消し方について紹介してきましたが、そもそもなぜ、臭いが翌日の朝、出勤する時間までするのでしょうか?

二次会を早めに切り上げたので、10時間は空けてあるので十分にアルコールは体から抜けているはずなのですが…。 

アルコールが分解されるまでの時間が鍵

一般的にアルコールを飲んでから分解するまでの時間は次の様なイメージです。 

体重 アルコール度数 飲んだ量 分解までの時間
60kg 5% 500cc 3時間20分前後
50kg 5% 500cc 4時間
60kg 5% 500cc×5本 16時間40分前後

体重60kgの人が、夕方7時頃から500ml缶を5本空けたら、翌日の夕方頃までアルコールの分解にかかることになります。翌朝に車の運転をすると確実にアウトです。

この他にワインやウイスキーなどアルコール度数の高いものを飲めば、さらに時間が伸びることになります。

酒の臭いが消える時間に差がでる個人差

 さきほどの表では、体重60kgの人がアルコール度数5%のビール500ccを1本飲めば4時間あれば分解が終わっていることになります。しかしあの表はあくまで一般的なもの。

酒を分解する能力は、人によって相当な開きがあります。

飲める人はビール1~2本なら、まるでジュースやお茶のように楽々飲んでも、全く酔わずに平気な顔をしています。しかし全く飲めない人は、梅酒の梅を食べただけで顔がまっ赤になる弱い人もいます。

しかも遺伝によって決まるので、努力しても飲めない人は飲めません。その辺りについては次に解説しています。

アセトアルデヒド を無害化する酵素

お酒を飲んで頭痛がするのは、アルコールが肝臓で分解されると有毒なアセトアルデヒドに変化するからです。

check お酒が体内で分解される流れ

アルコール

アセトアルデヒド

酢酸

二酸化炭素と水

上記の表でアルコールを分解するのに、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)という成分がその役割をしています。

この酵素がお酒を分解する時間に影響を与えています。これは人によって異なりますが遺伝によって決まるので、個人の訓練や努力で増やせるものではありません。 

 豆知識

つまり遺伝的にアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の分泌が少ない人は、アルコールを分解する能力が低く酒臭い時間が長くなります。

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)は3つに分類されます。

  • お酒に強いGGタイプ
  • お酒に弱いAGタイプ (多少は飲めるようになる。)
  • 酒が飲めないAAタイプ訓練しても飲めるようにならない。

数%程度の人が飲めないAAタイプと言われていますが、このタイプの比率は国や地方によってかなり異なります。近年、この条件以外にも影響を与える可能性も指摘されています。

いずれのタイプも飲み過ぎると、アルコール中毒や、急性アルコール中毒で命を落とす危険があります。お酒の臭いが気にならない程度に押さえて、上手に付き合いたいものですね。

とはいっても、つきあいもあるので、ゼロにすることもできそうにありません。

でも翌日、疲れが取れないのは、肝臓の疲れが原因なんですよね。
そんなとき、飲み過ぎてつらい朝は、肝パワーに助けられています。

サプリメントもあるので、活用してみては?

疲れた肝臓に
肝臓、血圧が高い方にお勧めのサプリメント

参考肝パワーEプラス【高血圧サプリメント】

  ↑ 
 とりあえず5日分のセットなので気軽に試せます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする