人気ユーチューバーになるために大事な3つのポイントをまとめてみた

今日はこちらの動画

毎日、楽しみにしているYouTubeの動画があります。

今回は、その動画を作成している、人気ユーチューバーになるために必要なポイントについてまとめてみました。

ちなみに私は現時点では、ユーチューバーではありませんが、仕事で動画を作成して公開したことはあります。

この記事では機材については、詳しく述べていません。その理由についても、下記を読んでいただければ分かります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ユーチューバーと動画を作成するポイント

まずユーチューバーの定義が法律で決まっていないので、ここでは仮に決めます。

収益を得て、それで生活できているという意味もあるようですが、自分の趣味を公開する場にしたいだけという方もいますので、ここではもう少し広い意味で考えています。

  • 数日に1回以上、新しいオリジナルの動画をYouTubeで公開している人。

動画のアイデア次第で人気になれる

人気ユーチューバーの多くは、ある共通点があります。

これで決まり!

  • ほぼ毎日、動画を公開している。
  • 面白い。ためになる。勉強になる内容。
  • ネタを自分で考えている。

人気がでてきるのは、アイデアが面白いと人気になりやすい。ただ、そんな動画がたくさん作れるわけではないのですが。

でも名前が知られていないユーチューバーは、内容や面白さに力を入れないと、人気がでないと感じています。

投稿する本数も大事ですが、中身とのバランスが大事です。

毎日投稿は当然?

いまの人気のユーチューバに近づく、あるいは追いつきたければ、動画は毎日、作成して投稿するのは必須です。

「毎日です!?」

気が動転している母親

毎日、楽しみにしてくれるファンのために投稿する必要があります。もし1ヶ月に1回くらいしか投稿しなければ、あなたは忘れ去られてしまいます。

「あ、そんなユーチューバーっていたっけ?」のようになります。

また、そんなことをしていたら、別のユーチューバーがあなたの代わりに、視聴者をゲットします。

大変なのは、ネタ切れにならないようにすること。

でも中身も大事。

得るものがあるコンテンツ

人によっれ得るものがあるコンテンツは変わります。

これで決まり!

  • 面白い。
  • ためになる。
  • 勉強になる内容。

面白い動画って?

ユーチューバー

面白いと言っても様々。例えばお笑いのような面白い動画。ペットが面白い。ほのぼのとした面白さ。腹を抱える面白さなどが考えられます。

「じゃ、どういう面白い動画を作れば良いの?」なんて、人に聞いているようでは、面白い動画は作れないでしょうね。

他のユーチューバとは異なる面白さがないと、二番煎じ、パクリ、真似になってしまう。

オリジナルの動画コンテンツを作る人に負けてしまうので、人気ユーチューバーの道は遠いかも。

ためになる動画って?

「ためになる動画」って言われても難しい。

困った女性

私が考えた『ためになる動画』は、例えば料理の動画。

とはいえ、いまどき料理の動画もありきたり。だから地方のその土地でしか食べられていない食材を使ってみるとか。

沖縄の人なら、そこでしか取れない魚の料理とか。北海道なら、珍しい魚とか。昆布を使ったレシピなど。

「なるほど」「知らなかった」と言われる動画は、ためになりますよね。

勉強になる動画とは?

勉強する女性

ためになる動画も勉強にはなりますが、ここでいう勉強っていうのは、資格とか、語学。趣味でも特殊な知識や技能が必要なもの。大工さんの技術を紹介する動画など。

語学でも英語は多いけど、訛った英語を扱うとか。ロシア語など。

地方の遺跡とか、まだ世界遺産になっていないけれど、これは歴史的に価値があると思ったら、それを動画で紹介してみるとか。

子どもが「なんで海が青いの?」という、素朴な疑問だけど、すぐに答えられないような動画を作るとか。

学びに特化した動画です。

こういうのを、あなたが自分の頭で考えて、オリジナル性の高い動画を作ると、人気ユーチューバーになれる可能性が高まります。

ネタを自分で考える

近年、ネットの文書もパクリとか、真似とか言われていますが、ユーチューバーは多くの人に見てもらうために動画を作成します。

もしあなたが、誰かのユーチューバーの動画を真似して作っても、人気ユーチューバーになれません。

動画のイメージ

あ、なれるかもしれませんがが、悪い意味で有名になるでしょう。

「パクリユーチューバー」と言われて、炎上する可能性が高くなります。

みんなが期待しているのは、他の人気ユーチューバーとはひと味違う動画を見たいはず。

同じ様な内容のものを、いくら作っても例えば・・・・「ヒカキンさんの真似」と言われしまいます。

そこでネタは、自分で苦しんで見つけてくるのが、もっとも有効だと考えます。人気ユーチューバーは、影で相当に悩み苦労していると思います。そんなものは、見せないですけどね。

お笑い芸人さんも、ネタ作りに苦しんでいるはずです。

それでも「あいつのネタ、おもろないわ」と、けなされてしまうので、ユーチューバーもかなり大変です。

実はこの記事も、他のサイトの方が書いた記事を見て真似した訳ではなく、自分の頭で考えたオリジナルです。

正解探しは無意味

「あなたのやり方って、それ、正解なの?」と疑問に思われるかもしれません。

そもそも人気ユーチューバーのなり方に、正解なんてないと思います。論理的に考えて動画を作ったところで、面白くなるかは別ですからね。

例えば恋愛が成功する論文があったとして、その論文に忠実に実践しても、「好きな人が自分を好きになってくれるか?」なんて分からないですよね。

それと同じで計算して作っても、多くの人に動画が見られるとは限りません。

もちろん悩んで考えることは良いことですが、だからといって正解探しを続けても答えがないので意味はないです。

肩の力を抜いた方が良かった

むしろ、悩んで作った動画よりも、疲れて一息のつもりでリラックスして手を抜いたつもりの動画が人気になるかも。

「なぜ、ユーチューバーでもない私に、そんなことが言えるの?」

それはブログの記事で経験しているからです。

一生懸命に考えて、調べて、足で何時間も、何日も情報を集めた記事が、ぜ~んぜん読まれなかった。

一方で、それほど時間を使っていない(1時間くらい)のに、1記事に何万にもの人に読まれる記事があったりするからです。

だから苦労すれば、絶対に成功するわけでもないと実感しています。

「じゃあ、どうすればいいの?」

「悩んでいる暇があったら、1つでも多くの動画を作ってみたら?」と。

最初はダメダメかもしれないけれど、その間に動画の編集にもなれるから、それからが本番だと思って、練習のつもりで初めてみることをおすすめします。

いきなり100点満点の動画なんて、有名ユーチューバーだって無理ですからね。

まずは1本。2本と継続して作りましょう。最初は1本作るのに1週間かかるかもしれないけど、徐々に早くなります。

まとめ

人気ユーチューバーを見てきて、私が感じた共通点をまとめました。

みなさん、楽しそうに動画で自分を表現されていますね。でも裏側では、相当な苦労もされているはずです。

それでも毎日、投稿を続けられるのは、知って欲しいもの、表現したいものがたくさんあるからだと。

それが有名ユーチューバーを目指すには、重要なポイントだと思います。

「あなたは、何を、どうやっって表現して、視聴者に伝えようと考えていますか?」

それが決まれば、取りあえず、1本、動画を作ってみましょう。難しいことは、やりながら過改善すれば良いじゃないですか!

こちらも良かったらどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする