パソコンの電源が全く入らない!原因は電源ユニットだったけど・・・

パソコンを前に困った女性

ヤバイ!電源が付かない!

少し古くなったDell Studio XPS 9100デスクトップパソコン。まだ現役なのですが、今朝、電源スイッチを入れても全く入りません。

「朝、仕事の資料をまとめようと早起きしたのに・・・」

そこでチェックしたら、電源のLEDも点灯していませんでした。念の為、USBや外付けのハードディスクなどのケーブルは、全て抜きました。

また電源コンセントの故障かもしれないので、別のコンセントに挿してみました。あるいはコンセントを抜いて20秒くらいしてから、挿してみましたが症状は変わらず。

もしどこかのLEDやファンでも回れば、マザーボードの故障の可能性もありましたが、どうやら電源ユニットが壊れた模様。

朝、何とかするのは無理でした(涙)

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

パソコンの電源が入らないので電源ユニットを交換した

デルのStudio XPS 9100デスクトップのパソコンは、以前から電源を入れても起動する途中でダウンしたり、使っていたらいきなりメモリエラーのような症状を起こしてダウン。

最近は、そんなトラブルもなく調子よく使っていたのですが、今朝になって全くダメになりました。

そこで移動中に、いろいろ調べて新しい電源ユニットの選定を急ぎました。今日中には注文したい。

電源ユニットの選定

電源ユニット

とにかく最近は懐具合がピンチの連続なので、高価な電源ユニットが良いのは分かっていますが、そこはそれ。買えないものは仕方がない。

そこで安くて良さそうなATX電源をさがしました。

純正の電源の仕様は、電源定格出力 525W。

つまりこれ以上の電源でないと、またトラブルになる可能性があります。細かなことを言い出すとキリがないので、今回はメーカーも不問にして電源定格出力 600Wで安くて入手しやすいものを探しました。

アマゾン、楽天などもチェックし、機種を絞りました。

予算は6000円以下がギリギリ。

スポンサーリンク

玄人志向 KRPW-L5-600W/80+

玄人思考 krpw-l5-600w

玄人志向 KRPW-L5-600W/80+が、楽天市場でみると送料込みで5000円ちょいで売られていました。

できれば早く入手したかったので、帰宅途中にパソコンのパーツを扱っているお店にいくと、税込6998円で販売されていました。

高すぎ!

迷いましたが、すぐに欲しかったのとお店のポイントが約4700円相当もたまっていたので、今回は店頭で購入することにしました。

ポイントがなかったら、絶対に買わない!

コネクタ(ケーブル)の形状が違う

玄人思考 krpw-l5-600wを開封

今までの電源ユニットと、玄人志向のものでは、形状が違いました。

マザーボードのコネクタは24ピン。

玄人志向のものは、20ピン 

「使えないじゃん!」。

わ~最悪。変換コネクタか何かを買わないとダメなのか?

20ピント4ピン

と思いましたが、その20ピンの横に4ピンがついていました。もしかして・・・

どうやら現在20ピンと24ピンがあり、両方に対応できるように、20ピン+4ピンになっていたのでした。

合体させると24ピンに!

24ピンになる

「良かった~」。

技術革新かどうか知りませんが、仕様をあれこれ変更し過ぎ。

もうちょっとユーザー目線で開発して欲しい。だからパソコン離れになって、スマホに流れるんですよ。そう思いませんか?

他にも6ピン+2ピンで合わせ技で8ピンとか。いろいろ、ややこしい。

Dell Studio XPS 9100デスクトップパソコンは、玄人思考の電源 KRPW-L5-600W/80で無事に動かせました。

だいたい交換作業自体は、15分もかからないでしょうけど、ピンの数を調べるのにスマホで検索していたので1時間はかかったかも。

壊れた電源ユニットを分解してみた

デルの純正の電源ユニット

分解というか、ちょっとケースを開けてみただけです。

大きな電解コンデンサーや放熱器が見えます。調べたのですが、コンデンサが膨らんでいたり、液漏れのような箇所は見つかりませんでした。

外観からは故障の箇所は分かりませんでした。ちょっと残念。

電源の内部

気になるパーツがいくつもありました。趣味の電子工作、乾電池数本のLEDくらいでで使うくらいなら、再利用できそう。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする