【対応策】Disable Gutenbergに不具合が発生しているようです

Disable Gutenberg 1.50および1.51に不具合が発生しているようです。

※1.52でトラブルが解消されました。作者の方、素早い対応、いつも有り難うございます!1.52に更新すれば、従来通りの投稿画面になりました。感謝。

ここでは、私がやった2つの方法についてまとめています。

1つ目

エディタがおかしくなってしまいますが、ダウングレード(バージョンダウン)したら動作しました。

現在、Disable Gutenberg 1.4が、こちらの一番下の方からダウンロードできます。

参考 https://ja.wordpress.org/plugins/disable-gutenberg/advanced/

※注 あくまでも自己責任でお願いします。何か問題が発生しても責任を負えません。

disable gutenberg バージョンダウン

注意書きにもありますように、プラグインが古いため安定しない可能性がありますが、いまの所は問題なく使えています。

サポートフォーラムで、すでに指摘されています。

修正版がでたら、また試してみたいと思いますが、それまでは過去のバージョンのDisable Gutenbergを使用します。

作者様のJeff Starrのプラグインには、いつも助けて頂いているので、修正版がでるまでは、それで対応したいと思っています。

対策の手順は、Disable Gutenbergを一旦、プラグインから削除後。

disable-gutenberg 削除

ダウンロードしたファイルを使ってインストールしてください。

disable-gutenberg コピーする

disable-gutenberg 新規

あとはいつも通り、有効にすればOKです。

2つ目

クラッシック(元の投稿画面に近い状態)に戻せます。

ワードプレスの投稿画面

文字のスタイルが変更されて、見づらいのは私だけ?

この方法のデメリットは、子テーマでカスタマイスして投稿画面でもスタイルシートが適用されるようにしていたのに、それが無効になってしまうこと。

使いにくいな~。たぶん対処法があるのでしょうが、私はその辺りに詳しくないため、バージョンダウンの方法を適用中。

以上、2つの方法でした。

詳しい手順は、すでにお分かりだと思うので省かせて頂きました。

それにしても何で、慣れた投稿画面をカスタマイズしたのでしょう。海外はスマホでも、がらっと使い勝手を変更してきますよね。

iPhoneでも、WORD(ワード)でも、ホント、使いづらくて覚えなおすのにムダな時間がかかりました。

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする