子供の身長が伸びる予測の身長の計算式と隔世遺伝子の影響

身長測定

子供さんの身長が低くて心配になったことがあります。
気になるのは、将来的に身長が伸びるのか?

そこで大人になったら、どれくらい伸びるのかを調べる計算式を調べて、下記に分かりやすくまとめてみました。また計算式の欠点を隔世遺伝子からまとめています。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

予測身長の計算式

お子さんの将来の身長を、両親の身長から予測する計算式です。

単純な式ですが、間接的に親の遺伝も考慮されていると考えます。±13しているのは、おそらく現実のデータから補正を入れている定数だと推測しています。

参考さらに子供の身長が伸びる予測の身長の計算式もあります。

  • 男性=(父親の身長+(母親の身長+13))/2
  • 女性=(父親の身長+(母親の身長-13))/2

これに当てはめると、例えば父親170cm 母親155cmで計算すると、
女の子の場合は158cmの予測身長ですが、実際には165cm。

この家族には姉妹がいて、

  • 姉は運動クラブで身長が165cm
  • 妹は文系クラブで162cm

どちらにしても予測身長よりも伸びています。遺伝だけではなく、運動など他の要因もあるのが分かります。

つまり運動不足だから身長になるわけでもありません。

計算式はあくまでも目安・一つの例

子どもの身長・体の成長に関しては、大学の先生が考えた計算式でも、世界中の子どもに全て当てはまるわけではありません。

計算式は、あくまでも目安、一例です。

成長盛りになっても、予想通りに伸びずに心配になります。またいずれ伸びるだろうと思っていても、そのまま大人になることもありえます。

計算式では伸びるはずなのに

両親ともに身長が高く、計算式では良い数字がでているのに子供の身長が伸びない。そんなケースもあります。

一般的には遺伝子の影響で、両親の背が高いなら子供も高くなる傾向にあります。遺伝子だけではないのですが、もしかすると隔世遺伝子かもしれません。

中学校の理科の生物で習うと思うのですが、親から子供へ遺伝されますが祖父母からの遺伝子が影響している可能性があります。

祖母、あるいは祖父の背が低く、その遺伝子が親の代には現れず孫の代に現れた可能性もあります。

このような例もあるので、単純に両親の身長を計算式に代入しても、予想通りならない現実も。

スポンサーリンク

まとめ

隔世遺伝子を無視できないケースがありますが、祖父母も背が高い場合、それはもう個人差

遺伝子、個人差を乗り越える方法も考えられています。例えば日本人は昭和初期と現代では身長が明らかに伸びています。

これは遺伝子だけでは説明できません。そんな短期間に日本人の遺伝子が変わるとは思えないからです。

それにはある影響があることが分かっています。

さらに詳しく知りたい方は、下記の子供の身長を伸ばす情報も多くの方に読まれています。

遺伝だけで身長が決まるわけではないのが分かります。

このブログが消えかかっています。・

ご縁に感謝
土下座
もし参考になると思った貴重な方がいらっしゃれば、お気に入り・ブックマークで、たまに訪問して頂ければとても嬉しいです。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

フォローする