のこぎりで木をまっすぐに切るアイテムを使ってみた

diy-dougu-moji

のこぎりで、まっすぐ木を切れました。

不器用なので、ノコギリで木を切っても必ず曲がります。線を引いて、慎重にゆっくり切ってもどんどん曲がるので、嫌になってきました。

いろんな方法が書かれているので、そのやり方でやってもダメでした。頭では理解したつもりですが、手がいうことをきいてくれません。

そこで木をまっすぐに切れるアイテムを探したら見つかりました♪

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

ソーガイドがすごい!

のこぎりをソーガイドというアイテムを使うと、不器用な私でもまっぐ切れて感動しました。

ソーガイド

あんまりまっすぐに切れて嬉しかったので、手元にあった2×4の木材をムダに細かく切りそうになりました。それくらい木を切るのが楽しくなったのは、ソーガイドのおかげ。

それからDIYが楽しくなって、机をいくつも作るようになりました。

ソーガイドの使い方

ソーガイドに、のこぎりをセットして後は切るだけ!

上から見たところ。のこぎりをセットしていますが、ちょっと画像では分かりにくいですね。

so-gaido2

別の角度から撮影したところ。安全靴を履いて使っています。

so-gaido3

言葉で説明すると分かりにくいので、ソーガイドの動画を見て下さい。

ゼットソー(のこぎり)を丸い金属の板の間に入れると、横にぶれないので真っ直ぐに切れる原理です。

使い方のポイント

材料とソーガイドはクランプで固定すると切りやすい。

これで決まり!

私はソーガイトをクランプなどで材料に固定しているので、力の弱い私でもズレることがなく、切ることだけに集中できます。

小さな木材を切断する場合は、材料を固定して切らないと力が入らないので、切るのに時間がかかります。

ただ、時間がかかるだけで真っ直ぐ切れるので、ピッタリ木同士を合わせたときは「気持ちが良い~」。

大きな板材を切る

ソーガイドの取り扱い説明書に手順が書かれています。

  • 広い板の直線切断
  • 90°直角切断を行う場合。
  • 左右45°を行う場合。
  • 傾斜45°切断を行う場合。
  • 角材の直角切断。左右45°切断、傾斜45°切断

イラストで描かれているので、迷うことはありません。その通りにセットすれば、後はのこぎりで切るだけ。

初めてDIYで木を切る方は、このマニュアルがとても参考になります。

このマニュアルの広い板を切断する方法応用すれば、丸のこも使えるようになります。

ソーガイドの、のこぎりが良く切れる

ソーガイドにセットされている、のこぎりが良く切れます。

笑顔

しかも刃が切れなくなったら、柄はそのままで刃だけを交換できるので、その分だけ安く購入できます。シャンプーの容器だけそのまま使えて、中身だけを買ってくるようなイメージです。

私はゼットソーというのこぎりを使っています。

いずれも株式会社岡田金属工業所が製造して、ゼット販売株式会社が販売されています。

45度で切れるソーガイドもあります。

最新価格・通販 ゼット ソーガイドを楽天市場で詳細を見る。

南瓜(かぼちゃ)を切ったら、とても切れ味が良くて感動しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする