それダメ!ハーバリウムの自作に適したオイルはこれだよ~

ハーバリウム

「オイルって、どれが良い?」

ハーバリウムの体験をしましたが、お花を浸す謎のオイルについては、安全性は高いというだけで、詳しい説明はありませんでした。

そこで調べてみて、ハーバリウムのオイルの必要な特徴が分かりました。

そこでこれから始める方に、分かりやすく下記にまとめました。

スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)

ハーバリウムに適したオイルとは?

ハーバリウムを自作するなら、このような条件のものを選びます。

  • キレイに見えること。
  • お花を長く楽しめるオイル。
  • 浮き上がりにくいもの。
  • 安全なオイル。

そこで、それらに該当するオイルを紹介します。

ハーバリウムオイルはズバリ、シリコンオイル!

もしも自作したものを長く楽しみたいなら、シリコンオイル。

なぜシリコンオイルなのか?

特徴を見るとよく分かります。

キレイに見える

透明度が高いので、お花がキレイに見えます。これ、とても重要なことです!

他の代用オイルがありますが、それらに比べて最も光を良く通過させるので、お花がより鮮やかに見えます。

せっかく作るのですから、オイルのお値段よりも見栄えを重要視したいですよね。

お花を長く楽しめる

お花が脱色したり変色しにくいオイルです。

安い代用オイルを使うと、わずか数時間で色が抜けたりオイルが濁ってくるものも。

やはり長く楽しみたいので、色が変わりにくいオイルが良いですよね。

注意したいのは、顔料系で染められらブリザード フラワーを使う場合。代用品を使うと、色が抜けてしまうのでダメ。水で溶いて染める染料系のものを使ってください。

YouTube あぶら屋ヤマケイさんの『ハーバリウムの色落ちについて~シリコンと流動パラフィン(ミネラルオイル)の差』の動画を見ると、色落ちするのが良く分かります。

もし、どんな染め方をされているのか分からない場合は、シリコンオイルを選択すると失敗が少なくなります。

浮き上がりにくいもの

ハーバリウム専用のオイルでも、お花は浮き上がります。しかし代用品は、さらに浮き上がりやすいので、キレイに作るのが難しい。

せっかく見やすくレイアウトを考えたのに、オイルを入れたらお花が浮き上がって台無しに。

でも専用のものは、それが発生しにくいように、比重が重くオイルの粘度が高くなっています。

それによって、お花も動きにくくなるので、お花の配置が分かりにくくイメージ通りに自作しやすい。

安全なオイル

代用品の方が、手には優しいものもあります。でも手はビニール手袋をすれば大丈夫。

オイルを入れるときだけ、手袋をすれば安全。

でも大切なのは、燃えにくい点。オイルなので発火性があるので注意が必要です。その点、専用のオイルは引火点が高いので燃えにくい。つまり安全性が高い。

ちなみにシリコンオイルは引火点が300度以上なので、消防法では非危険物なので比較的、安心と言えるでしょう。

代用品の多くは引火点は200度以上なので、よほどのことが無い限り大丈夫なハズですので、心配の必要はないでしょう。

しれに灯油は42度。こっちの方がよほど危険。だから、取り扱いに注意さえすればまず燃えることはありません。

スポンサーリンク

粘度について

良心的なショップさんなら、オイルの粘度も表示されています。

350#や100#と表記されているのは、オイルの粘度です。

数字が大きいほど粘度が高く、粘りがある液体。

350#はメープルシロップくらいだと言われていますが、70#~100#はサラダ油、オリーブ油程度の粘りがあります。

どれが良いのかは好みの問題もありますが、粘度が高いほどお花は動きづらくなるので、宅配便で送ったりする場合は、粘度が高い方が良いでしょう。

まとめ

せっかく作るなら、プロ仕様のシリコンオイルをオススメ。

参考 ハーバリウム オイルの具体的な商品名はこちら

価格:1Lで1800円~。200ccの一般的な容器だったら5本は作れる!

シリコンオイルは、プロの方がネット通販や展示即売会など、信用を重視されるので使われています。

もしクオリティを下げても良いので、お値段を抑えたい方は、最低でも流動パラフィンを選んでください。

ハーバリウムの関連記事もあるよ~

関連コンテンツ ユニット

スポンサーリンクと関連記事


スポンサーリンク
336 x 280 レクタングル(大)
336 x 280 レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする